千代田区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本 > 関東地方 > 東京都 > 東京都区部 > 千代田区
ちよだく
千代田区
KokyoL0059.jpg
皇居の正門石橋
Flag of Chiyoda, Tokyo.svg
東京都千代田区区章.svg
千代田区旗
1950年昭和25年)3月26日制定
千代田区章
1950年(昭和25年)3月26日制定
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 東京都
団体コード 13101-6
面積 11.64km²
(境界未定部分あり)
総人口 53,372
推計人口、2014年11月1日)
人口密度 4,590人/km²
隣接自治体 中央区港区新宿区文京区台東区
区の木 まつ
区の花 さくら
区の鳥 はくちょう
千代田区役所
区長 石川雅己
所在地 102-8688
東京都千代田区九段南一丁目2番1号
北緯35度41分38.2秒東経139度45分13秒座標: 北緯35度41分38.2秒 東経139度45分13秒
千代田区役所
外部リンク 千代田区

千代田区位置図

― 区 / ― 市 / ― 町・村

 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

千代田区(ちよだく)は、東京都特別区のひとつ。 1947年昭和22年)3月15日に麹町区神田区が合併して誕生した[1]。その際、江戸城の別名である「千代田城」にちなんで「千代田区」となった。

東京都心を構成する区のひとつで、東京23区のほぼ中央に位置する[1]。区の中央に皇居があり、区全体の約15%を皇居の緑地が占める。区域は、「江戸城」の外濠の内側部分とほぼ一致しており、外郭を含めた城址に当たる場所である[2]

西部は武蔵野台地の東端に当たる麹町台や駿河台といった台地で、東部は沖積平野である。北部に神田川が東に向かって流れ、日本橋川が三崎橋付近から別れて流れている[2]

千代田区は、徳川幕府の本拠地として政治の中心となり[2]明治維新後も新政府が大名屋敷跡に官庁街を開設して首都機能を置いて「東京」の中心地としており[3]、日本の政治の中心が引き続きおかれることになった[2]

歴史・概要[編集]

丸の内の超高層ビル群

古来より荒川利根川(現在の古利根川がかつての水路)、多摩川の河口部に近く、日比谷入江があったことから、海と川を利用した水運の根拠地となり、関東地方における流通の中心地としての機能を果たしていたといわれている「江戸湊」も当地区にあった[2]

江戸時代には、掘割沿いに河岸と呼ばれる流通基地が整備され、現在の中央通りに当たる「通り町筋」には「伊勢屋」の屋号を名乗る伊勢商人などの上方の商業資本が多く進出しており、問屋機能の集積が進んだ[2]

神田地区は、江戸時代から幕府御用の儒学者が集まった昌平校があり、民間の学者も多く住んで私塾が多数あった学問の盛んな地であったが、近代以降も私立大学が多数立地して学問の盛んな文教地区となっている[2]。 こうした学問の盛んな伝統の影響もあり、神田の一角にある神保町には書店街が形成され、出版社も多く立地している[2]

江戸時代の神田川の付け替えで分離されて、江戸城の川を挟む形となった神田の北部は外神田と呼ばれるようになった[2]。 江戸時代に火災の延焼を防ぐため、約9,000坪の広場が作られて遠江秋葉神社が勧請されたことから、この地区は秋葉原と呼ばれるようになり、第二次世界大戦に露店商が集積し、そこから電気部品を扱う店舗が集まる「秋葉原電気街」が発達した[2]

明治以降 国会首相官邸中央省庁最高裁判所などの三権をはじめとする日本首都機能、主要政党など国家権力の中枢が千代田区に集中し、日本の立法行政司法の中心である。 区内の永田町霞が関といった地名は国会議員官僚の代名詞である。

1891年(明治23年)に丸の内三菱に払下げられて政府機関などに隣接するオフィス街が建設され、政府との間での人脈構築や情報の収集しやすさから当地区に大手企業の本社が多数立地するようになり、経済面でも中心的な機能を果たすようになった[2]。 その結果、丸の内大手町日比谷都市銀行メガバンク)の本店や全国紙新聞社をはじめ、大手製造業や大手総合商社などの巨大企業の本社機能が集結している。

年表[編集]

以前は東京都庁が丸の内三丁目(現在の東京国際フォーラムの場所)にあったが、1991年(平成3年)に新宿区西新宿二丁目に移転している(都庁所在地としての表記は現地移転後も東京)。

歴史上の出来事[編集]

住宅街と人口の変遷[編集]

Demography13101.svg
千代田区と全国の年齢別人口分布(2005年) 千代田区の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 千代田区
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
千代田区(に相当する地域)の人口の推移
1970年 74,185人
1975年 61,656人
1980年 54,801人
1985年 50,493人
1990年 39,472人
1995年 34,780人
2000年 36,035人
2005年 41,778人
2010年 47,174人
総務省統計局 国勢調査より

明治維新後に徳川将軍家が駿府(現在の静岡市)に転封になった際には当区の北西部に居住していた旗本・御家人が大量に失業状態になって屋敷を引き払ったことなどが影響して人口が激減し、区北西部の旗本屋敷街は一気に無人状態に陥ることになった[2]。 旗本屋敷跡のうち、神田地区には一般市民などが移り住んだり学校が開設されるなどの形で民間の市街地となり[2]、番町地区や麹町地区には明治政府の官僚などが移り住んだことから高級住宅街となっていった[3]。 こうした新たな住民の流入により人口が一旦回復し、1919年(大正9年)の第1回国勢調査では約22万人となっていた[2]

しかし、関東大震災で大きな被害を受け、復興の過程で郊外の鉄道沿線に住宅街が発達したことから住民が流出し、再び人口が減少することになった[2]

第二次世界大戦時には統制で通常の書籍の出版がほとんど行われなくなり、丸の内などのオフィス街も統制機関や軍需機関などによって接収されるなどしたため、民間の活動はほぼ壊滅状態となった上、空襲で区内の民家の大半が焼失したことから、旧神田区が21,506人、旧麹町区が10,435人の合わせて31,941人まで人口が減少した[2]

一番町から六番町を総称して「番町」と呼ばれる千鳥ヶ淵に隣接する地区は、日本テレビの元本社や大使館などが立地しているオフィス街であると同時に、高級住宅街にもなっている[4]

昼夜間人口差[編集]

当地は先述の通り明治以降に官庁街とオフィス街、文教地区が形成されたことから、大正時代に既に夜間人口昼間人口の差が大きくなっていた[2]。 この傾向は第二次世界大戦後に一段と加速し、昼間人口が約15倍から約20倍に上るといわれるようになった[2]

1980年代以降は住民の比較的多かった神田地区は、不動産業者が用地買収を盛んに行って再開発を行って高層ビルなどを建設したことから、一部で構想の住宅も併設されたものの人口が急速に減少し、この傾向がより強まっていった[5]

しかし先述の様な再開発や地価高騰伴う大都市の中心市街地における人口減少が典型的に進んでおり[5]、夜間人口は約4万4,000人で23区で最も少ないが、昼間人口は約19倍の約85万人にまで膨れ上がる。 こうした夜間人口の少なさから、夜間人口を面積で割って算出される人口密度は、2010年(平成22年)3月1日現在で他の22区がすべて10,000人/km2を超える中、当区のみ4,000人/km2未満と低くなっている。 (昼間人口で計算すれば、70,000人/km2を超える過密状態となる。)

2005年に夜間人口(居住者)は41,683人であるが、区外からの通勤者と通学生および居住者のうちの区内に昼間残留する人口の合計である昼間人口は853,382人での約20.5倍の人口になる(東京都編集『東京都の昼間人口2005』平成20年発行120,121頁 国勢調査では年齢不詳のものが東京都だけで16万人いる。上のグラフには年齢不詳のものを含めているが、昼夜間人口に関しては年齢不詳の人物は数字に入っていないので数字の間に齟齬が生じている。)

地域[編集]

主な祭事・行事[編集]

  • 皇居一般参賀(正月、天皇誕生日)- 通常開放されていない正門が開放される。
  • 神田祭
  • 将門塚例祭
  • 神田古本まつり
  • 日比谷公園ガーデニングショー 10月に都立日比谷公園で開催される。

住居表示実施について[編集]

千代田区は住居表示実施率が23区で最も低い。面積ベースの比率では新宿区よりも僅差で下回り、皇居部分の面積を除いて考えると23区で突出して実施率が低い。

  • 住居表示未実施の町丁目:
神田○○町、○番町、麹町全丁目

※ 千代田区では「○○町」の「町」は、一部の例外を除き、すべて「ちょう」と読む。(例外:大手町、麹町、神田小川町、神田司町)

麹町地域(旧麹町区)[編集]

麹町地域は、江戸開府以来から東京山手の町として賑わいを見せている。皇居を中心に、高級住宅地としての色とオフィス街及び官公庁街としての色が濃い地域である。

麹町の正式表記について[編集]

「麹」の旧字体が本来の表記であるものの[6]、電子データ上では環境依存文字にあたる。そのため電子データ上では「麹」の略字を使用しつつも、プレート・紙媒体等の印刷物・画像データ等の印字には正式な表記を使用しているケースが多く見受けられる。

各町の特徴[編集]

神田地域(旧神田区)[編集]

神田地域は、中央区日本橋京橋と共に東京下町の一部として、江戸開府以来の中心的商業地として賑わいを見せている。

神田冠称について[編集]

現在の千代田区の町名で旧神田区の区域にある街は「神田○○町、○神田」と称している(住居表示実施地区を除く)。これは戦後、旧麹町区と旧神田区が合併する際に「神田」の町名が消えることを避けるために、旧神田の町名に神田を冠したことによる。名称の経緯が似ている例として日本橋地域が挙げられる。

各町の特徴[編集]

官公庁[編集]

千代田区は日本の中枢であり、ほとんどの中央権力機関が密集している。

国会議事堂

在外公館[編集]

大使館[編集]

領事館[編集]

外国を代理する私的団体[編集]

※ 本部機能を文京区台東区などに移転しつつある。

国際機関[編集]

メディア[編集]

テレビ[編集]

過去には日本テレビ放送網(日テレ)の本社が二番町にあったが、2003年(平成15年)に港区東新橋(汐留シオサイト)に移転した。現在旧社屋は麹町スタジオとして使用されている。

ラジオ[編集]

新聞社、出版社[編集]

出版社は、東京に集中して存在しており、大手から専門出版社まで、当区北部および文京区に数多く存在する。

ナンバープレート[編集]

千代田区は、品川ナンバー(東京運輸支局本庁舎)を割り当てられている。

品川ナンバー割り当て地域
  • 中央区・千代田区・港区・品川区・目黒区・大田区・世田谷区・渋谷区と島嶼部も含む[1]

ケーブルテレビエリア[編集]

区政[編集]

区長[編集]

  • 区長 : 石川雅己(4期目)
  • 任期 : 2013年(平成25年)2月8日 - 2017年(平成29年)2月7日[7]

日本初の路上喫煙禁止条例[編集]

  • 2002年(平成14年)11月より、日本初・公道上での喫煙に対して過料を徴収する条例(千代田区生活環境条例)が施行された。
  • 東京駅秋葉原など、千代田区の殆どの地域は、この条例により路上での喫煙が禁止されている。違反者には2万円(当分の間2000円)の過料を課せられる。

指定地区外も公共の場所での歩きタバコをしないように努める義務がある。また、ゴミのポイ捨てに対しても禁止する規定がある。

今まで永田町霞が関内幸町はこの条例の適用除外地域であったが、2010年(平成22年)4月1日から皇居・皇居外苑・日比谷公園や中小の公園を除く千代田区全域の公道上で路上喫煙が禁止されている[8]

また、このほか政令指定都市大阪市などの自治体でも、いわゆる“路上喫煙禁止条例”を制定・施行しているところもある。

災害準備施策[編集]

  • 東京都災害拠点病院病床数…904床
  • 避難所…23ヶ所
  • 避難所収容人員…25,812人
  • 給水拠点確保水量…3,100立方m
  • 屋外拡声器…71か所

立法[編集]

区議会[編集]

  • 定数 : 25名
  • 任期 : 2011年(平成23年)5月1日 - 2015年(平成27年)4月30日[7]

都議会[編集]

  • 定数 : 1名
  • 選挙区 : 千代田区選挙区
  • 任期 : 2013年(平成25年)7月23日 - 2017年(平成29年)7月22日[7](「2013年東京都議会議員選挙」参照)
議員名 会派名 当選回数
内田茂 東京都議会自由民主党 7

衆議院[編集]

議員名 党派名 当選回数 備考
山田美樹 自由民主党 1 選挙区
海江田万里 民主党 6 比例復活

警察[編集]

消防[編集]

  • 本庁警防本部(大手町1-3-5)※ 丸の内消防署併設
    • 第一方面本部(麹町1-12)
      • 丸の内消防署(大手町1-3-5)特別消火中隊救急隊1
        • 有楽町出張所(有楽町1-9-2)救急隊無
      • 麹町消防署(麹町1-12)特別消火中隊・救急隊無
        • 永田町出張所(永田町1-8-3)特別救助隊・救急隊1
        • 九段出張所(九段南2-2-17)救急隊1
      • 神田消防署(外神田4-14-3)特別消火中隊・救急隊1
        • 駿河台出張所(神田小川町3-8)救急隊無
        • 鍛冶町出張所(鍛冶町2-3-2)救急隊無

主な病院[編集]

東京都災害拠点病院[編集]

現在、千代田区内で東京都災害拠点病院に指定されている病院駿河台日本大学病院の1ヵ所である。

救急指定病院[編集]

現在、千代田区内の救急告示医療機関は3ヵ所ある。

交通[編集]

道路[編集]

区内と周辺の主な道路

放射道路(時計回りに表記)

環状道路(皇居側からの表記)

鉄道[編集]

東京駅
区内と周辺の鉄道路線図
1967年(都電撤去計画が実施される直前)の鉄道路線と路面電車系統

以下は、当区内を通過する路線と所在する駅を各路線別に記述している。

東海旅客鉄道(JR東海)

東日本旅客鉄道(JR東日本)

東京地下鉄(東京メトロ)

東京都交通局(都営地下鉄)

首都圏新都市鉄道

バス[編集]

乗合タクシー[編集]

商業施設[編集]

新丸の内ビルディング
有楽町イトシア

複合商業施設[編集]

デパート[編集]

ホテル[編集]

文化施設[編集]

イベントホール[編集]

日本武道館
東京国際フォーラム

美術館・博物館[編集]

※ かつては神田須田町に交通博物館があったが2006年(平成18年)5月14日をもって閉館となった。
  • 3331 Arts Chiyoda - 旧千代田区立練成中学校の校舎を再利用したアートギャラリー。

図書館[編集]

国立国会図書館

区民一人当たりの区民図書館蔵書数は区民一人あたり5.6冊で23区のトップである。23区の平均は区民一人あたり3.4冊である(2012年現在)。

歴史的建造物・名所・旧跡[編集]

重要文化財(国指定)
曲亭馬琴硯の井戸跡
(九段坂下) 
日本野球発祥の地
一ツ橋) 
佐野善左衛門宅跡
(三番町) 
酒井家上屋敷跡
大手町) 
滝廉太郎居住地跡
四番町) 
九段下灯台 

主な由緒ある神社・仏閣[編集]

靖国神社

主な歴史的公園[編集]

教育[編集]

大学[編集]

短期大学[編集]

大学と同じ敷地にあるものは大学の項に記す。

専門学校[編集]

高等学校など[編集]

中学校[編集]

小学校[編集]

その他[編集]

  • 東京中華学校 - 台湾系の中華学校。小・中・高に相当する。

住宅団地[編集]

  • 神田五軒町団地(外神田 市街地住宅 賃貸42 1959年(昭和34年) 現存譲渡)
  • 万世橋団地(外神田 市街地住宅 賃貸58 1960年(昭和35年))
  • 西神田団地(西神田 市街地住宅 賃貸27 1962年(昭和37年) 現存 譲渡返還)
  • 神田鍛冶町団地(鍛冶町 市街地住宅 賃貸17 1959年(昭和34年) 現存譲渡)
  • 神田司町団地(内神田 市街地住宅 賃貸15 1959年(昭和34年) 現存内神田一丁目に改称後、譲渡)
  • 四番町アパート(四番町)
  • 四番町第2アパート(四番町、1998年(平成10年))
  • 四番町第3アパート(四番町、1995年(平成7年))
  • 飯田橋二丁目アパート(飯田橋、1987年(昭和62年))

千代田区を舞台とする作品[編集]

※秋葉原が舞台の作品は『秋葉原を題材・舞台とした作品』を参照のこと。

著名な出身者[編集]

旧麹町区、旧神田区の著名な出身者については麹町区神田区を参照

  • ※ 俳優の役所広司は千代田区出身ではないが、千代田区役所に勤務していた。芸名の由来もこれによる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 山口恵一郎 『日本地名辞典 市町村編』 東京堂出版、1980年10月。ISBN 978-4490101355
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 鈴木理生 東京にふる里をつくる会編 『千代田区の歴史 東京ふるさと文庫 5』 名著出版、1978年3月。
  3. ^ a b 『千代田區史』 千代田区、1960年。
  4. ^ 槇野修 『地名で読む江戸の町』 PHP研究所、2011年9月15日。ISBN 978-4-569-76123-7
  5. ^ a b 奥田道大 『都市と地域の文脈を求めて 21世紀システムとしての都市社会学』 有信堂、1993年1月。ISBN 978-4842065359
  6. ^ 千代田区総合ホームページ 住居表示と町名の情報 神田と麹町
  7. ^ a b c 東京都選挙管理委員会 | 都内選挙スケジュール | 任期満了日(定数)一覧
  8. ^ "路上喫煙の罰則地域拡大へ 千代田区"-東京新聞 2010年2月15日付
  9. ^ 千代田区内で墓地があるのはこの寺のみである。寺院の一角が近代的なビルになった(浄土宗)。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

行政
観光