居住

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

居住(きょじゅう)とは、一定の住まいを定め、そこに住んで自分たちの生活を営むこと。その場所を居住地(きょじゅうち)といい、通常そこが自宅(じたく)とされ、そこへ帰ることを「帰宅(きたく)する」と称される。

そこに家族の生活の拠点を定めて、寝食をそこで共にし、その住宅空間(居住空間)を自分たちのものとしてデザインしていくこと。

また、その意味から派生して、必ずしも住宅、住居に限らず、乗り物の室内のように、一定の空間を持ち、快適で満足感が得られる状態も居住性として語られることがある。

居住の条件[編集]

居住地を決める決め手になる条件にはいくつかの種類がある。例えば、交通の便が良いとか、学校、職場に近接しているとか、消費生活に都合が良いこと(商店街スーパーマーケットなどが近くにあること)などは、人文地理学的な配置が問題になっているのであり、居住の外的条件といえる。同様に、賃貸料や購入資金の額も外的条件といえる。

他方で、面積が広い、空気がよいなどの理由で居住地を決めることもある。これらは居住の内的条件といえる。

どちらに重点を置くかは人それぞれといえる。

関連項目[編集]