公立大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

公立大学(こうりつだいがく、: public university)は、公立学校である大学のことである。

日本における公立大学[編集]

概要[編集]

日本において公立大学とは、地方公共団体公立大学法人を含む)の設置する大学である。2012年4月1日現在で82の大学がある(大正期に大学令が公布されてから第二次世界大戦後の学制改革まで存在した大学令による公立大学については、旧制大学を参照のこと。戦後設立の医科大学と後に官立・国立に移管された大学を除き、後身校が現在公立大学として存在するのは京都府立医科大学大阪商科大学の後身大阪市立大学の2大学のみである)。

公立大学に関する管理および執行については、地方公共団体の都道府県知事市町村長地方公共団体の組合管理者など)が行い(地方教育行政の組織及び運営に関する法律第24条第1項第1号)、教育委員会は、直接関与しない。

授業料は概ね国立大学と同一である。但し、入学金は設置自治体在住者向けには安めに、それ以外の地域出身者については高めに設定されていることが多い(国立大学は地域に関わらず入学金も同一)。

また、特徴として、国立大学や私立大学に比べて規模が小さい大学が多く見られることや、私立大学に比べて数が非常に少ないこと(日本の大学の内、私立大学が3/4程度であるのに対し、公立大学は1/8程度)が挙げられる。

種類[編集]

公立大学法人が設置する大学
公立大学法人とは、大学の設置及び管理を行う一般地方独立行政法人である(詳しくは、公立大学法人を参照のこと)。
都道府県立の大学(公立大学法人によるものを除く)
市立の大学(公立大学法人によるものを除く)
市立大学を参照のこと。
組合立の大学(公立大学法人によるものを除く)

釧路公立大学(釧路公立大学事務組合)

公立大学の入学試験[編集]

公立大学の一般入試は、国立大学と同様に、大学入試センター試験(マーク式)の受験が必須となっており(岩手県立大学のソフトウェア情報学部のようにセンター試験を課さない大学もある)更に大学別個別試験(2次試験、主に記述式)を課している。

ただし、センター試験で課す教科を4教科以下とするなど、5教科7科目(理系は英語・数学①②・国語・理科×2・地歴公民×1、文系は英語・数学①②・国語・理科×1・地歴×1公民×1)を課すことが基本の国立大学前期日程に比べると、課す教科数を減少させて広範囲の学力負担を軽減させている大学が比較的多く見られる。

なお、一般入試の試験日程は前期・中期・後期のみであることが基本であるため(但し、中期日程を行う公立大学は一部であり、2010年度入試では全部で14校である)、日程さえ異なれば幾つでも併願可能な私立大学に比べ、受験可能数が最大3回と非常に限られている。

また、一部の公立大学では推薦入試制度を設けており、地元高校に通う生徒を将来の地元企業就職に期待して優遇する場合がある。

日本国外における主な公立大学[編集]

連邦制をとっている国の州立大学については州立大学の項目を参照のこと。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]