恩賜上野動物園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
恩賜上野動物園
Ueno zoo
恩賜上野動物園
施設情報
愛称 上野動物園
専門分野 総合
事業主体 東京都
管理運営 公益財団法人東京動物園協会
園長 土居利光
頭数 3264頭(2008年3月時点)[1]
種数 508種(2008年3月時点)[2]
開園 1882年3月20日
所在地 110-8711
東京都台東区上野公園9-83
位置
アクセス

正門
上野駅東日本旅客鉄道(JR東日本)・東京地下鉄(東京メトロ))
京成上野駅京成電鉄

池之端門
根津駅(東京メトロ)
公式サイト 東京ズーネット
テンプレートを表示

東京都恩賜上野動物園(とうきょうとおんしうえのどうぶつえん)は、東京都台東区上野公園の上野恩賜公園内にある東京都立の動物園である。通称上野動物園指定管理者制度により公益財団法人東京動物園協会に管理委託している。

概要[編集]

開園は、1882年3月20日で、日本で最も古い。開園時には農商務省が所管、その後宮内省東京市[3]東京都建設局が管理していたが、2006年4月1日より指定管理者制度の導入に伴って、多摩動物公園葛西臨海水族園井の頭自然文化園とともに「公益財団法人東京動物園協会」が管理する。

上野恩賜公園内にあり、上野駅(公園口)から徒歩5分の場所にゲートがある。敷地は西園と東園に分かれており、両園を結ぶ都営モノレール(上野懸垂線)は日本初のモノレールである。

スマトラトラニシローランドゴリラ等の希少動物をはじめ、500種あまりの動物を飼育している。この飼育動物の種類は、日本で東山動植物園(550種)に次いで多い。

日本一の入園者数を記録する動物園である。旭川市旭山動物園が月間入園者数で上回る月もあるものの、年間入園者でみると当園が日本1位である。ただし、2006年度では上野動物園が350万人であったのに対し、旭山動物園は304万人(前年比98万人増)、また、2008年度は後述のパンダの死亡の影響等もあり、約290万人にまで急減。旭山動物園が約277万人となり、差が急激に縮まっている[4]

1990年代以降は、多摩動物公園で行われたような、飼育環境をできるだけ自然な状態に近づける取り組みが行われている。スマトラトラのコーナーでは密林の雰囲気が演出されている。また、同コーナーにはトラが泳げる水槽がある。

多摩動物公園、井の頭自然文化園等の都立動物園とともに「ズーストック計画」(動物保管計画)を実施。この計画により、恩賜上野動物園で飼育していたライオン1991年に多摩動物公園に移され、ライオンがしばらく不在となった。しかし来場者の要望に応え、2002年3月27日からは横浜市よこはま動物園ズーラシアから貸与を受けて、インドライオン(メス)を公開している。

1950年代に、コウテイペンギンなどの飼育が行われた。以来1970年代頃まで、南極産ペンギンを飼育する数少ない動物園の1つであった。

1936年、園内からクロヒョウが逃げ出し、警視庁の特別警備隊が出動する騒ぎとなった(上野動物園黒ヒョウ脱走事件)。この事件は阿部定事件二・二六事件とあわせて「昭和11年の三大事件」[5]と呼ばれている。このヒョウは排水溝に隠れていたところを捕獲されたが、後の戦時中における園飼育動物の殺害決定にはこの事件が影響したといわれている[6]

ジャイアントパンダオカピコビトカバ世界三大珍獣が飼育されている。

施設・動物一覧[編集]

東園
ニシローランドゴリラ
西園

歴史[編集]

昭和3年(1928年)のオットセイ池
1938年(昭和13年)以前のゾウ
都営上野懸垂線

関連人物[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 東京都恩賜上野動物園 TOKYOおでかけガイド
  2. ^ 東京都恩賜上野動物園 TOKYOおでかけガイド
  3. ^ a b c d e f g h i j 週刊ポスト2012年5月25日号 21-25頁
  4. ^ “パンダいない上野動物園、入園300万人割れ 08年度”. 朝日新聞. (2009年4月2日) 
  5. ^ <文化環境研究所 News> 第41号(2011年9月17日時点のアーカイブ
  6. ^ 上野動物園(1982年)、本編。
  7. ^ 繁殖のためシンガポール動物園に貸し出し中
  8. ^ 日本初「河馬初めて来る」明治44年5月18日東京日日新聞『日本全国諸会社役員録. 第回』(国立国会図書館近代デジタルライブラリー)
  9. ^ Starving the elephants; Asia-Pacific Journal, 38-3-09, 2009
  10. ^ 上野動物園、地震による被害無し-福島からカワウソの受け入れも予定”. 上野経済新聞. 2012年1月5日閲覧。
  11. ^ 上野動物園のカバの「サツキ」“被災死””. スポーツニッポン. 2011年4月23日閲覧。
  12. ^ ジャイアントパンダの赤ちゃん誕生! - UENO-PANDA.JP
  13. ^ シンシンの子が死亡しました - UENO-PANDA.JP
  14. ^ a b 川口幸男, 2010.鯉淵研報(26): 44-48
  15. ^ 人生のセイムスケール”. 2012年6月5日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 東京ズーネット(公益財団法人東京動物園協会が運営する都立動物園の情報サイト)
  • UENO-PANDA.JP(公益財団法人東京動物園協会が運営する上野動物園のジャイアントパンダ情報提供サイト)