桜田門事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
桜田門事件
Sakuradamon Incident.JPG
事件現場(×の地点に爆弾が投擲された)
場所 日本の旗 日本 東京市麹町区皇居桜田門
標的 昭和天皇
日付 1932年昭和7年)1月8日
概要 暗殺未遂事件
武器 手榴弾
負傷者 近衛兵1名
犯人 李奉昌
対処 大逆罪 死刑
即座に取り押さえられた李奉昌

桜田門事件(さくらだもんじけん、正字体:櫻田門事件)とは、1932年昭和7年)1月8日に起きた、昭和天皇暗殺を狙った襲撃事件(大逆事件)である。犯人の朝鮮人天皇に対する暗殺未遂の罪である大逆未遂罪に問われ、死刑となった。

事件の経緯[編集]

桜田門皇居にある門の一つであり、1860年安政7年)には江戸幕府大老井伊直弼が暗殺された「桜田門外の変」の現場でもある。

1932年(昭和7年)1月8日、昭和天皇が乗車した馬車が桜田門外を進行中に、沿道から手榴弾が投げつけられた。しかし手榴弾は威力が小さかった上に的を大きく外れ、宮内大臣一木喜徳郎乗車の馬車左後輪付近で炸裂した。これにより近衛兵1人が負傷、馬車は破壊され馬2頭が負傷した。

犯人は、大韓民国臨時政府が組織した抗日武装組織韓人愛国団によって派遣された刺客・李奉昌であった。李は昭和天皇が観兵式に臨席することを新聞で知り、犯行の前々日に偶然入手した憲兵の名刺を使って観兵式の警戒網を突破したが、精神的動揺のために襲撃に失敗したものであった。逮捕後、李は大逆罪に問われ、同年9月30日大審院裁判長和仁貞吉)において死刑判決が下り、10月10日に処刑された。

事件発生を受けて犬養内閣は責任を取るために内閣総辞職を決定するが、翌9日に昭和天皇からの慰留によって、犬養毅首相以下全閣僚が残留することになった。ちなみに上海では中国国民党機関紙「民国日報」が事件について好意的な報道をしたことから、現地の日本人社会による糾弾運動に発展して日中関係が緊迫化し、これが第1次上海事変の原因の1つになる。

その他[編集]

  • 事件直後、現場に居合わせた鈴木貫太郎侍従長が天皇に拝謁し、「爆弾を投じたものは朝鮮人と判りました」と伝えたところ、天皇は笑みを浮かべながら「そうか、それはたぶん独立党の者だろう」と語ったという。
  • 現在、韓国では李奉昌を独立運動の義士として独立記念館で顕彰しており、1992年には逝去60周年を記念する郵便切手が発行された。

関連項目[編集]