東京都立日比谷高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
東京都立日比谷高等学校
東京都立日比谷高等学校通用門
過去の名称 東京府第一中學
東京府中學
東京府尋常中學校
東京府中學校
東京府第一中學校
東京府立第一中學校
東京都立第一中學校
東京都立第一新制高等学校
国公私立の別 公立学校(都立)
設置者 東京都
併合学校 東京府第二中學
(1879年 - 1881年)
設立年月日 1878年9月26日
創立記念日 9月26日
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科(8学級)
学期 2学期制
高校コード 13234K
所在地 100-0014
東京都千代田区永田町二丁目16番1号
公式サイト 東京都立日比谷高等学校
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

東京都立日比谷高等学校(とうきょうとりつひびやこうとうがっこう)は、東京都千代田区永田町二丁目にある全日制普通科都立高等学校

概観[編集]

1878年、現在の文京区本郷に東京府第一中學(府立一中)として開校。「日比谷」の名は、戦後の改称時に当時の菊地龍道校長(第13代・後 駒場東邦中・高 創設者・初代校長)が、1899年1929年まで校地のあった旧麹町区西日比谷1番地(現千代田区霞が関一丁目1番)に因んで命名した。

戦前には「一中 - 一高 - 帝大」、また戦後にも「番町 - 麹町 - 日比谷 - 東大」など、旧制第一高等学校東京大学への進学ルート校として盛んに喧伝された[1]

都の進学指導重点校文部科学省スーパーサイエンスハイスクール (SSH) 指定校。

入試での数学・英語・国語の試験時間は50分ずつである。

教育方針[編集]

  • 個人の尊厳を重んじ、真理と平和を希求する人間を育成する

沿革[編集]

略歴[編集]

明治22年(1889年)卒業生写真

1878年に東京府第一中學(東京府第一番中學)は、文京区本郷元町の旧・玉藻小學校にて開校した(のち、すぐに官立東京英語學校の空校舎に移る)。創立当初から明治半ば辺り頃までは学制教育令の理念に忠実な東京府學務課の方針もあって、高等普通教育を教授する機関[2]として独自の正則教育を標榜していたため、中産階級の育成を目的としたと思われる「中人」または「実業人」などと具体的な教育像が定まらないながらも、上級学校への進学面に重きをおいてはいなかった[3]。草創期に、上位学校への進学を目的とした変則科ではなく正則科に入学した夏目漱石がその後二松學舎や成立學舎に移っていったのは、西南戦争後の資本や教員の人材不足を背景とした、混沌とした学制混乱期と官公立の宿命としての当時の一中の教育のありかたの一例として見ることができる[4][5][6]

その後は、設立以来の東大の要請もあり、次第に一高、東大への一貫ルートとしての色合いが濃くなっていった。以後も東京府中學と大學豫備門、東大との教員の交流は独特なものがあり、一中→一高→東大とされた所以でもある[3][7]。当初、政府東京府は従来の寺子屋教育の踏襲や雑多な教科目、その学科偏頗をして各種学校を正規の学校と見做さず、その中で中学校に準じるものの殆どが英語や漢文、数学を主とする進学予備校であった[3][8][9]

第9代勝浦鞆雄校長

1890年勝浦鞆雄(第9代・前 東京府尋常師範(現 東京学芸大学)幹事)が校長に就任してからは、生活指導と進学指導が活発化。それまで私立校(今で云う塾・予備校に近似)の後塵を拝していた進学実績は伸びることとなり、明治半ばから後半にかけて[10]、一躍一高合格者数で首位に踊りだした。既にその名は全国に知れ渡っていたが、この頃から一高 - 帝大への一貫ルートとして名実共に世間に認知され、人口に膾炙した。ただ、一高を目指す風潮が強い余り、旧制高校への現役合格者数全体でみた場合、特に昭和の時代に入ってから四中等に及ばないことなどもみられるなど、伝統的にガツガツした面とは無縁である一方で、このように一高への執着が強かったことも権威主義的である一面としてみられた[11]。また、1904年11月、韓国から皇室特派留学生を受け入れた[12]

第10代川田正澂校長(1929年撮影)

1909年川田正澂(第10代・前 仙台一中校長)が校長に就任すると、後の時代にかけて連綿と続くリベラルと譬えられる校風が花開き、政治・経済方面は言うに及ばず文学・芸術方面に至るまで各界に異色な人材を輩出してゆく基盤が形成されていった[13][14]。もっとも世間の詰込学校、或いは規則学校という風評どおり官僚的な、厳格な校風で成績にも煩く[15][16]、この頃(大正11年)、主に卒業生を対象に補習科が設けられた[17][18]

1940年より学区制が施行され、その年のみ、筆記なしの口頭試問と内申点のみの入試が導入された[19]1945年3月の入試は受験者数が定員に満たず、全員合格した。戦後の学制改革を経て、都立一高、さらに現在の日比谷高校に改称した(1950年より男女共学となる)。旧制中学の前半に当たる部分(2年・3年次)を新制新星中学校(のちの青山中学校)として同校内に設置、その過渡期の3年間、日比谷高校の入学試験は実施されなかった。

1947年、新制高校の教科課程について菊地龍道校長は生徒自治委員会にも提案を募り、1950年には発表授業にあわせて一コマを百分授業とし、生徒がルーム(クラス)担任を選ぶ「旗立て方式」の学年別ルーム制が確立[20]。その後は、近隣の麹町中学校一橋中学校等に日比谷志願の越境通学者が全国から押し寄せ、受験過熱化と共に東大ひいては権勢への登竜門として位置付けられることになる[21][22]

1965年に入ると、戦後民主主義の時代風潮や学園紛争の影響下[21]、進学指導を中止する「小尾通達」が申渡され、補習科の廃止や進学指導を中止する動きが広まり教育内容面で大きな変化が起こった。1967年には従来の学区合同選抜制度を廃止して学校群制度を導入(1982年からはグループ合同選抜制度に)、三田九段と3校群を形成した。そのため受験者が限られたこともあり志願者層が変化(都立諸校の平準化と国私立難関校への流出)、東大合格者数トップの座を失い、同じ都立校である西戸山などと比較しても急速に東大合格者数上位校からその名が消えた[23]。その後は具体的な進学実績向上策が打ち出せず、1990年代後半以降まで難関国立大学合格実績は低迷が続いた(但し東大については新学制のはじまる1950年以降から毎年合格者がある)[24]

山の茶屋側から見た校舎

2001年度一般入試より国語数学英語の3教科に於いて公立高校としては全国初の自校作成問題が導入された。以前の共通問題は同校の場合満点に近い点数を取る受験生が続出し、適切な合否判定が困難な状況であったと推測され、そうした問題点の解消という面があったとされている。また、中学校の成績評価が相対評価から絶対評価に移行した事から内申書での適切な評価が困難となったため、一般入試では学力検査と内申書の総合点が高い順に男女とも各々上位9割を決定し、残り1割は内申書を無視して学力検査の合計点が高い順に合格者を決定する特別選考枠が設けられた[25]

同年4月には長澤直臣(第25代・前東京都教育庁)が校長に着任。河合一雄(第24代)校長時代に導入された自校作成問題導入などの改革の流れを引き継ぎ、45分×7コマ(単位)授業、教員公募制の導入、詳細なシラバスの作成といった改革を実施。8年間の長期にわたって学校改革を推し進めた[26]。2001年に東京都から進学指導重点校の指定を受けたことや、2003年の都立高校の学区制撤廃によって、全都から生徒を集められるようになった[27]

年表[編集]

議員会館側に位置する正門

基礎データ[編集]

アクセス[編集]

新坂(遅刻坂)から見る校舎

象徴[編集]

校風[編集]

  • 「自主・自律の精神」という校風である。

この校風制定には川田正澂(第10代・前 仙台一中校長)が大きく関わっており、イートンハーレーの校風をモデルとしている。

制服[編集]

旧制時代の制服は何度かの変遷が見られた。尋中時代に、国粋主義排除のために洋式型の制服がいち早く定められ、和服通学が禁じられた[28]。その後、最も長期間着られたのは府立一中時代のものであり、前をかぎホックでとめる濃紺の詰襟型上着(現在の駒場東邦両国高校で着用されている制服と同種)に、学年(ローマ数字)・組(甲・乙・丙…をアルファベットに変えたもの)を示す文字バッジと、精勤と認められた生徒はそれを顕彰する精勤章(蜂巣状のバッジ)等を装着していた。優等・精勤襟章は、1915年12月に制定され、太平洋戦争頃まで続いた[29]

新制高校に移行する際、戦後の物資欠乏による服装混乱期を通して黒(紺)の一般型学生服のボタンを校章入り金燻ボタン5個に付け替えただけの標準服が新たに導入された。それと同時に、徽章として七宝製の正章(現役生は赤地、補習科<後に廃止>生は青地)と、銀色にメッキした略章が作られ、襟にはこの校章バッジのみ装着。

現行の標準服は、全国的に多くの伝統校で自由服化が進んだ中、1967年度に、生徒総会、服装問題検討特別委員会など、「着用義務がある」ものとして最終見直しが行われた。

男子は、服装の決まりに「標準的な学生服(黒又は紺)」とあり、ホックどめタイプ、金燻ボタンタイプのいずれも可。共学化と共に導入された女子の標準服は、現在では、紺色のテーラーカラーシングル(三ツ釦)及び共布の紺のスカート(前後二本ずつの箱ひだ)である。また、男女ともに、夏季は上着無し、ズボンまたはスカートの服地色はグレイでもよいとしている。

授業[編集]

1946年に導入された「発表授業」に合わせて「100分授業」が組まれ、かつては全国各校が取り入れた。現在では、45分枠を2枠連続させた90分授業の形式をとっている。また、戦後の「授業参加」に端を発する「発表授業」(生徒自身がテーマを分担し、自ら授業を行う)も社会科学・自然科学系科目を中心に続いている[20]

1年次には「数学演習」、2年次には「第二外国語」(ドイツ語フランス語など)等の自由選択科目がある。授業では少人数授業習熟度別授業が行われている。

諸活動[編集]

文化祭、校内誌、学生歌、各種団体等の愛称としてよく用いられる「星陵」は、隣地の日枝神社も含めた周辺一帯の高台が古くから「星野山」、「星ヶ岡」(または星ヶ丘)と呼ばれたことに由来する。図書委員会の雑誌『リブラリア』は創刊から50年を超える。

委員会活動[編集]

  • 生徒会役員会 - 2006年度新設(1960年代の学園紛争により一度廃止されたため、長い間存在していなかった)。
  • 図書委員会 - 定期的に機関紙「リブラリア」を発行。
  • 雑誌委員会 - 「いてふ台」を発行。
  • 新聞委員会 - 「日比谷高新聞」を発行。
  • 放送委員会 - 星陵祭のCM放映や体育祭の音響面も担当。
  • 保健委員会
  • 学級委員会 - 近年は機能していない。但し学級委員はクラス毎に選出されており、生徒会の再発足に伴い制度上は復活している。
  • 美化委員会
  • 体育大会実行委員会 - 体育委員から有志が集まって構成される。
  • 合唱祭企画委員会 - 執行部は音楽部を中心に構成され、前年度から準備を始める。
  • 星陵祭企画委員会 - 委員の中から更に有志を募って構成された「チーフ会」が、執行部として星陵祭(文化祭)を運営している。

部活動[編集]

  • 陸上競技部 - 大正時代の黄金期は OB に日本記録保持者も数人輩出、静岡国際優勝者 (OB) や、近年ではインターハイや関東大会出場者も見かける。
  • 弓道部 - 個人戦で関東大会など上位大会出場者も見かける。部員は運動部最多。
  • 剣道部 - 2005年度には関東大会出場者を出した。
  • 柔道部
  • 硬式野球部 - 1946年に都準優勝など、1938年以降から強く、準々決勝や準決勝などベスト8に入る年も多かった[30]宇野光雄六大学野球の選手がコーチに来た伝統もあり、六大学野球で活躍する OB も見かける。
  • 軟式野球部 - 硬式から望月秀一(元警察庁官房管理官)らが創部[31]
  • サッカー部 -
  • ラグビー部 - 1960年に全国ベスト8、当時全国指折りの東京で昭和50年代まで関東大会最多出場校であった。
  • 硬式テニス部 - かつて久邇邦久が入学、柔剣道共々川田校長推奨スポーツであった[32]
  • ソフトテニス部
  • 水泳部 - 近年、インターハイに出場するなど実力を上げている。
  • 男子バスケットボール部 -
  • 女子バスケットボール部
  • 男子バレーボール部
  • 女子バレーボール部
  • 卓球部
  • バドミントン部
  • ダンス部
  • 音楽部合唱班 - 最近は部員も増え、総員40人を越えた。
  • 音楽部オーケストラ班 - 最大規模の部。演奏会など校外での活動も。2006年より連続で全国高等学校選抜オーケストラフェスタ出場。
  • 邦楽部 - 近年まで安藤政輝が教えに来ていた。
  • 軽音楽部
  • 生活科学部
  • 茶道部
  • 美術研究部 - 美術部の都大会 中央展で入選し全国大会に出場した部員もいる。
  • 棋道部 - 全国大会個人の部5位入賞。
  • 演劇部 -
  • 生物研究会 -
  • 化学探究部 -
  • 天文部 - 下校時間が5時のため、普段は天体観測が出来ない。
  • 雑草研究部
  • 漫画文芸部
  • 物理・地学研究同好会 - 2006年度新設。
  • 女子フットサル同好会

学校行事[編集]

体育祭・合唱祭・星陵祭の三つを合わせて「三大行事」とされている。他に、英語スピーチコンテストや夏山キャンプ、部活動合宿、OB・OG等を招いての社会人講演会(1年次)・卒業生講演会(2年次)、英語劇鑑賞教室、スキー教室、柔剣道大会(1年次)、修学旅行(2年次)、球技大会など多彩である。

体育大会
毎年5月中旬に実施される。事前練習はほとんど無い。赤・黄・青・白の「色団」に分かれ、クラスごとに所属する色団に応じたTシャツ「クラスTシャツ」を製作し着用する。非公開。
合唱祭
毎年6月中旬に日比谷公会堂で実施。旗照夫が審査委員長を務めている。非公開。
勝山臨海合宿
千葉県安房郡鋸南町勝山で夏期に行われ、古式泳法の一つである神伝流も指導されている。参加は自由であり、初心者でも基本から学ぶことができる。
星陵祭
毎年9月下旬に実施される文化祭。全クラスが約50分の劇を教室で発表する。来校者の投票で最も得票数が多かったクラスには「星陵大賞」が贈られる。唯一外部にも公開。

学校施設[編集]

1929年竣工の新校舎。右の建物が講堂。

グラウンドに隣接する星陵会館(後援団体である「財団法人星陵会」が運営)は内外の各種催し物等に使用され、外部利用では土地柄から官公界の催事が多い。また1963年以来、全国高体連事務局も会館内に置かれ、会長は通常日比谷高校長が兼ねることになっている。1994年に、その建築物としての歴史的意義を惜しまれつつも老朽化のために取り壊された「講堂」は再建の声も根強く、入学式・卒業式ですら砂防会館などの外部施設を使わざるを得ない状況も鑑み、体育館の改修とも並行して検討俎上にあるが、現状では都の方針もあって成案には至っていない[33]

進学指導[編集]

2001年度入試において、公立高校としては初めての自校作成問題を導入。同年秋に東京都の進学指導重点校に指定された。勉学面では卒業生をチューターとした補習や各大学に合わせた講座の開講、予習・先取り学習の方法、実力テスト・模試などによる定点観測などを実施している。

高校関係者と組織[編集]

関連団体[編集]

  • 如蘭会 - 同窓会の名称。
  • 星陵会 - 後援会の名称。

高校関係者一覧[編集]

関連学校[編集]

補充学校、分校、同校校舎内で開校など、同校に縁のある学校として、都立戸山高校都立両国高校都立大附属高校東京都立大学都立豊多摩高校都立大森高校港区立青山中学校(新制新星中学校として同校に置かれる)等がある。他に、1937年4月に併設された東京府立第一中學校養正夜間中學校は、戦後も定時制課程としてしばらく東大合格者等も多く輩出してきたが、2005年4月に都立六本木高校として統合された。

参考・関連書籍[編集]

  • 『東京府立第一中学校』 須藤直勝 近代文藝社 1994年 - 大正12年卒の著者が桜田門時代の追憶と共に母校を振り返り、その筆は現代のエリート育成の在りようにまで及ぶ。
  • 『東京府立中学』 岡田孝一 同成社 2004年 - 両国高校出身の著者による、府立中学の黎明・発展の歴史。
  • 『東京府立第一中学校創立五十年史』 東京府立第一中学校編 1929年 - 写真や卒業生・1929年時点の在校生一覧なども巻末に掲載。
  • 『尋中一中日比谷高校八十年の回想』 如蘭会編 1958年
  • 『日比谷高校百年の歩み』 都立日比谷高校編 1978年 - 寄稿文や当時の主だった文芸・政財官学出身著名人一覧など掲載。
  • 『日比谷高校百年史』 上中下 全3巻 同史刊行委員会編 1979年 - 八十年史と併せて読むと各各の寄稿文の時代背景などが推察されうる。五十年史や百年の歩みと併せ4冊とも都立中央図書館に所蔵する。
  • 『日比谷高校創立百周年記念レコード』 東芝EMI - 日比谷の歴史や歌、各界OBのインタビューや一中生と梁田貞の校歌独唱など。都立中央図書館に所蔵する。ナレーター千田是也檜よしえ
  • 『日比谷高校闘争と一教員・生徒の歩み』 大河原礼三 現代書館 1973年 - 学園紛争期の同校出身教諭の記録。
  • 『激浪猛威を振ふとも』 東京府立一中六十七回生編 1995年 - かつての1940年入学生らの追憶・回想文集。
  • 赤頭巾ちゃん気をつけて庄司薫 中公文庫 - 学園紛争や東大の入試中止などを時代背景とした、一日比谷高校生(映画版薫役:岡田裕介)の青春物語。映画化(東宝)・VD・DVD。
  • 『白鳥の歌なんか聞こえない』 庄司薫 中公文庫 - 『赤』に続く元日比谷高校生(映画版薫役:岡田裕介)の青春物語。映画化(東宝)。荒谷公之仁科明子出演でドラマ化(NHK銀河ドラマ)。
  • 『青葉繁れる』 井上ひさし 文春文庫 - 仙台一高の劣等生集団と、日比谷高校から転校してきた俊介(映画版俊介役:草刈正雄)らのほろ苦くも爽やかな青春物語。映画化(東宝)。
  • 『男たちへ』 塩野七生 文藝春秋 - 著書の中で、旗立て方式の担任選択制など在籍当時を振り返る。
  • 『母のキャラメル』 ベストエッセイ集 文藝春秋 - 同書所収エッセイ「日比谷高校の江藤淳斎藤明 。星陵際での話など。
  • 『愉快に日比谷高校』 久野猛 日本加除出版 - 1993~1998年当時の23代目校長による著作。筆者は河出書房新社77年文藝賞受賞。
  • 『都立高校のすべてがわかる本』 山崎謙 山下出版 - 都立各校の歴史が事細かに綴られている。
  • 『むかし〈都立高校〉があった』 奥武則 平凡社 - 筆者は新宿高校出身。丸山眞男庄司薫を参照しながら「都立のエリート文化」がかつて「確かに」あったことを説き、またそれを破壊した学校群制度やそれに関わった者たちを批判的に検証する。
  • 『父・山本五十六』 山本義正 恒文社 2001年 - 府立一中受験のため、一家で青山に引越し青南小に転校してきたこと、父との早慶戦観戦の思い出など。
  • 『もう、きみには頼まない―石坂泰三の世界』 城山三郎 文春文庫 - 尋中時代の交流関係(石坂泰三)が描かれている。
  • 『小説 東大法学部』 大下英治 広済堂文庫 - 星陵祭実行委など、日比谷時代の交流関係(加藤紘一)が描かれている。
  • 『ぼくらの学校』 篠沢秀夫 杏文堂 1986年 - 高校時代の篠沢の自伝的エッセイ。
  • 『軽井沢、日比谷、パリ』 篠沢秀夫 文藝春秋社 2005年 - 高校時代も絡めた自伝的エッセイ。
  • 『白昼の死角』 角川映画 - 高木彬光原作映画。学士金融・光クラブ事件で戦後のアプレを象徴する山崎晃嗣がモデルの隅田(岸田森)が、鶴岡(夏八木勲)の追憶シーンでは一中の野球投手としてイメージされている。
  • 『スクール・ウォーズ 落ちこぼれ軍団の奇跡』 馬場信浩 光文社文庫 - TVドラマ『スクール☆ウォーズ』の原作。花園(当時は西宮)出場時の日比谷高校の前後半でフォワードとバックスを入れ替える戦法が山口良治の脳裏に浮かぶ。
  • 『麻布中学と江原素六』 川又一英 新潮新書 2003年 - 麻布学園とリベラルな校風で共通する点に着目して、21世紀に入ってなお実質的なライバルに相応しい学校を府立一中・日比谷高校とみている。
  • 『同級生交歓』 文春新書 - 『文藝春秋』誌上の同級生交歓シリーズの新書化。往年の谷崎吉井辰野服部セイコー2代目社長)らが学校玄関前に勢揃いしているシーンなど。
  • 『丸山眞男回顧談』(上) 松沢弘陽植手通有 岩波書店 - インタビュー形式の丸山眞男の回顧談。「府立一中のころ」の章で、遅刻坂で毎回遅刻したこと、不良・正統派・反正統派といった生徒の区分けなど。他に当時は7年制高等学校の方が難関であったが、一中に進んだワケなど。
  • 『名門復活 日比谷高校』 長澤直臣鈴木隆祐 学研新書
  • 『日比谷復権の真実』 長澤直臣 学事出版 2010年 - 『名門復活 ~』と併せて、進学指導重点校指定など都立日比谷改革期の25代目校長の著作。
  • 『東大合格高校盛衰史』 小林哲夫 光文社新書 - 主に日比谷などを軸にした東大進学校の変遷を描いている。『名門復活 ~』など、これら書籍は、同校本ページ等の流れにも沿って描かれている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 主な参考文献は、『東京府立中学』 (岡田孝一、同成社、2004年)、『麻布中学と江原素六』 (川又一英、新潮新書、2003年)、『東京府立第一中学校』(須藤直勝、近代文藝社、1994年9月)、『同級生交歓』 (文春新書、2006年7月)など。
  2. ^ これに対して、大学は「高尚ノ諸学ヲ教ル専門科ノ学校」と規定された。のち1918年の第二次高等学校令の公布でも中学校令の「高等普通教育」の文字は削られなかったが、実質的には中等普通教育を担っていくこととなった。 『東京府立中学』(岡田孝一、同成社、2004年5月) P178を参照。
  3. ^ a b c 主な参考文献は、『明治前期中学校形成史 府県別編I』 (神辺靖光、梓出版社、2006年7月) P156、P210~、P222~ など。
  4. ^ 『今の東京府立第一中学―其の頃一ッ橋に在った―に入ったのであるが、この中学というのは、今の完備した中学などとは全然異っていて、その制度も正則と変則との二つに分れていたのである。正則というのは日本語ばかりで、普通学の総てを教授されたものであるが、その代り英語は更にやらなかった。変則の方はこれと異って、ただ英語のみを教えるというに止っていた。それで、私は、(中略)、此の正則の方であったから、英語は些しも習わなかったのである。英語を修めていぬから、当時の予備門に入ることがむずかしい。』 夏目漱石 『私の経過した学生時代』 「夏目漱石全集10」 筑摩書房
  5. ^ 当初の大學予備門諸規則では、母体となった旧・官立東京英語学校生徒に配慮して入学要件を13歳以上としたため、一時期、中学卒業要件は未規定だった。その為、500人内外の生徒数を擁したマンモス校であったが、卒業年を待たずに大学予備門、第一高等中学校に進む者、また、上級学校進学に特化した市井の各種受験校に通う者も多かった。『明治前期中学校形成史 府県別編I』 (神辺靖光)P207 などを参照。
  6. ^ 床次竹二郎伝』(前田蓮山編、床次竹二郎伝記刊行会、1939年4月) などを参照。
  7. ^ 学制公布以前、明治政府は小学→中学→大学の規則を公示した。そのモデルとして1870年太政官布告により東京府中學が元・昌平學校(前昌平黌、のち東大)を仮校舎として設置される。すぐに旧岸和田藩邸(現在の日比谷高校の場所)にて開校した。主に華族士族を対象として国学漢学洋学、なかでも漢学主体で学科・規則が運営されていた。国漢学と相容れない洋学に関しては六番町に別に設けられていた。翌年、両校とも文部省設置と共に引きとられた。1872年に学制が制定されると、政府の試作により東京に第一大学区第一番中學(南校)、第二番中學(官立東京開成學校)が設けられた。これらは1877年東京大學となり、また、官立東京開成學校に最大の入学者数を送り出していた官立東京英語學校は官立東京開成學校予科と共に同じく1877年東京大學予備門(のちの一高)として発展的統合。それまで中学の役割を担っていた官立東京英語學校の跡地の空校舎(旧高田藩邸、神田一ツ橋、現・学士会館)に、東京大學初代総理(現 総長)加藤弘之が文部省普通學務局長(のち初代文部次官)辻新次と共に、大學予備門に接続する前課程としての東京府中學設立の要請をした。結局、跡地には脚気病院が入ることとなり、東京府第一中學は文京区本郷元町の旧・玉藻小學校(現在の水道橋 東京歯科大病院付近)にて開校した。また此処において小学→中学→高校→大学の進学階梯及び、国家存立の革新的な教育手段が完成をみた。『明治前期中学校形成史 府県別編I』 (神辺靖光)、『日本における中学校形成史の研究 明治初期編』(神辺靖光、多賀出版、1993年2月) P123 などを参照。
  8. ^ 東京府第一中学設立の背景には、まず第一に、小学校年限の短縮によって小学校卒業生増加が予想されたこと、第二に、以上の理由があったとされている。 『明治前期中学校形成史 府県別編I』 (神辺靖光) P129~P131 を参照。
  9. ^ それまで東京には漢学塾や洋学校も含めた各種学校が日本全国の30%に当たる565校もあり、当時の各種学校には、進学(受験)予備校としては、慶應義塾内に設けられた三田英学校(錦城中学)、英吉利法律学校中央大学)と同所同年月日に設けられた東京英語学校(日本中学)、廃校同様のところ1878年以降高橋是清らが進学予備校として復興させた共立学校(開成中学)、夏目漱石も受験英語を学んだ成立学舎、明治半ば以降一中と一高合格者数を競った獨逸学協会学校(獨協中学)などがあり、漢学塾としては二松学舎、宗教系としては青山学院、軍関係としては陸軍有斐学校の他、明治初期までは攻玉塾(攻玉社)が知られ、その後成城学校や海軍予備校(海城)などが設けられた。その他に慶應義塾などがあった。 『明治前期中学校形成史 府県別編I』 (神辺靖光) P222 ~ P235 などを参照。
  10. ^ 記録上、明治後半から末期にかけて、つまり1897年(明治30年)以降ないし1907年(明治40年)からという見方もある。
  11. ^ 『東京府立中学』 (岡田孝一) P156~P158、『麻布中学と江原素六』 (川又一英、新潮新書、2003年) P149、P162 ~ P164、『東京府立第一中学校』(須藤直勝、近代文藝社、1994年9月) P170 などを参照。また一例として、一中、一高を経て東大へ入った者は、東大の学帽に、右に一高の柏の徽章、左に一中の桜の徽章を付けた例も普通に見られた。 『日比谷高校百年の歩み』(都立日比谷高校編、1978年)1939年卒森村太華生の寄稿文、『東京府立第一中学校』(須藤直勝) P165 などを参照。
  12. ^ その間の経緯については、「勝浦鞆雄」にて若干触れている。
  13. ^ 官僚や学者などにならず、漱石や谷崎潤一郎などに代表される文学や芸術方面に傾倒・耽溺していった、今で云うフリーターに近い生活を送っていた一群を総じて「一中くずれ」とも俗称し、戦前は肩身の狭い思いをしていたこともあったが、戦後に価値観が一変してからは如蘭大会に名士として積極的に招かれていた。 『尋中一中日比谷高校八十年の回想』 (如蘭会編、1958年9月) P212 千田是也の寄稿文、同 P186 週刊朝日誌上の臼井吉見の評論について触れた寄稿文 などを参照。
  14. ^ 『東京府立第一中学校』 (須藤直勝) P50、P36 など、『東京府立中学』 (岡田孝一) P31~、『麻布中学と江原素六』 (川又一英) P147~P150 などを参照。
  15. ^ 『麻布中学と江原素六』(川又一英) P149 などを参照。
  16. ^ たとえば、当時顕在化しはじめた都市部の中学の入学難を背景に“試験地獄”“釜茹での試験”などの文字が新聞紙面を躍る中、戸川秋骨は朝日新聞の連載で、一中と四中の勉学のみならず素行点も含めた厳格な校則を批判的に論じている。 『断じて府立へは入れない 上』 東京朝日新聞1927年3月30日付朝刊5面、『断じて府立へは入れない 下』 同1927年3月31日付朝刊5面 より。
  17. ^ 『日比谷高校百年史 上巻』(如蘭会編、1979年) P126~P127、『東京府立中学』 (岡田孝一) P159を参照。
  18. ^ また、1923年4月には、一高入学試験で独語受験者の優先入学規定が廃止されたこともあって、一中でも独語学級を廃止した。 『日比谷高校百年史 上巻』 (如蘭会編) P144~P145、 『東京府立中学』 (岡田孝一) P159 を参照。
  19. ^ たとえば、『尋中一中日比谷高校八十年の回想』 (如蘭会編) P337 ~ P340や、『激浪猛威振ふとも』 (東京府立一中六十七回生編、1995年5月)P176 をみても、過去には内申点・面接のみで入学してきた1940年入学生の存在が、騒動の末に時の西村房太郎校長辞任を生んだことに対する当該卒業生の率直な心情の吐露も見受けられる。さらに学校群など一連の制度改定以降、その他都立主要校と比較して、東大合格者数をより大きく減らしてきたのも、この学校の成立ち・経緯から見てそれも致し方ないが、内外の趨勢・期待・批評あるいは空気に学校全体の士気(モラール)が過敏に一喜一憂してしまう学校気質が見せる脆弱性に起因することも『帰らぬ日遠い昔』 (林望、講談社、1992年)はじめ、その他一般的にも指摘されている。
  20. ^ a b 授業を旧制高等学校のリベラルアーツを意識した必修・選択あわせた単位制とし、米国で実施されていた発表授業方式にあわせて百分の授業時間をとり、また、生徒がルーム担任を選択する際に旗立て方式を採用した。旗立て方式のルーム編成は、当初は通年の学年混合制であったが、進路指導の点から問題が起こり1950年に学年別となった。この方式での担任選択制は1966年度まで続いたが、現在ではルーム制が残る。 『菊地校長の戦後教育改革 幻となった如蘭会々報別冊 日比谷高校創立一二五周年記念号への寄稿』(波多坦、2006年10月24日)
  21. ^ a b たとえば、同校教諭であった大河原礼三の『日比谷高校闘争と一教員・生徒の歩み』をみても、明治から高度成長期にかけては、国家有為のパワーエリート育成の象徴として機能していたが、戦後民主主義華やかなりし時代は、学校群制度制定とともに“保守反動”や“学歴貴族”の象徴である「一中 - 一高 - 帝大」の一翼から、学園民主化の対象、さらに象徴として位置づけようとの当時の一部の世情があったことも窺い知ることができる。
  22. ^ たとえば、戦前の西村房太郎校長の「本校の目的は、国家のリーダーを育成することに在る。」との入学式の訓示 『激浪猛威を振ふとも』 (東京府立一中六十七回生編) P69 杉山和男の寄稿文、「君たちは今日から天下の一中生である。すべからく童心を去れ」との入学式訓示 同 P338 寄稿文、「大蔵一中会のことなど」 同 P292 岡島和男の寄稿文などを参照。
  23. ^ 但し、1968年度の東大入試における合格者数トップの座は灘高校であり、学校群制度の卒業生が出る以前にトップの座は失っていた。
  24. ^ ※参考
    • 東大合格者数(1950年~2007年) ※出典 『東大合格高校盛衰史』 (小林哲夫、光文社新書、2009年9月)、『東京府立第一中学校』(須藤直勝) P276 ~ P277 など。
    1950年…82人(1位) ←都立五高(小石川高校)と同数首位 1951年…86人(1位) 1952年…82人(1位) 1953年…99人(1位) 1954年…106人(1位) 1955年…107人(1位) 1956年…99人(1位) 1957年…108人(1位) 1958年…127人(1位) 1959年…169人(1位) 1960年…141人(1位) 1961年…166人(1位) 1962年…184人(1位) 1963年…167人(1位) 1964年…193人(1位) 1965年…181人(1位) 1966年…128人(1位) 1967年…134人(1位) ←学校群制度導入(従来の学区合同選抜制入試廃止)、日比谷は三田高校九段高校と3校群形成 1968年…131人(2位) ←灘高校に1位の座を譲る 1969年… (東大紛争により東大入試が行われず) 1970年…99人(5位) ←学校群制度導入以降初めての卒業生 1971年…57人(-) 1972年…52人(-) 1973年…29人(-) 1974年…27人(-) 1975年…16人(-) 1976年…21人(-) ←当時の各週刊誌では15名程と誤記載 1977年…16人(-) 1978年…14人(-) 1979年…15人(-) 1980年…9人(-) 1981年…4人(-) 1982年…4人(-) ←都立校グループによる合同選抜制入試導入(学校群制度廃止) 1983年…5人(-) 1984年…6人(-) 1985年…6人(-) ←都立校グループによる合同選抜制入試導入以降初めての卒業生 1986年…10人(-) 1987年…10人(-) 1988年…11人(-) 1989年…10人(-) 1990年…8人(-) 1991年…7人(-) 1992年…8人(-) 1993年…1人(-) 1994年…7人(-) ←都立校単独選抜制入試導入 1995年…4人(-) 1996年…3人(-) 1997年…6人(-) ←都立校単独選抜入試導入以降初めての卒業生 1998年…2人(-) 1999年…2人(-) 2000年…6人(-) 2001年…3人(-) ←公立校としては初めての自校作成問題入試導入 2002年…5人(-) 2003年…5人(-) ←学区制度廃止 2004年…3人(-) ←自校作成問題入試以降初めての卒業生 2005年…14人(-) 2006年…12人(-) ←学区制度廃止以降初めての卒業生 2007年…28人(-) 2008年…13人(-) 2009年…16人(-) 2010年…37人(-) 2011年…29人(-) 2012年…30人(-) 2013年…29人(-) 2014年…37人(-)
  25. ^ 『名門復活 日比谷高校』 (長澤直臣・鈴木隆祐、学研新書、2009年3月) P125、P138、P145 など。
  26. ^ 『名門復活 日比谷高校』 (長澤直臣・鈴木隆祐) P163 ~ など。
  27. ^ 『名門復活 日比谷高校』 (長澤直臣・鈴木隆祐) P166 ~ P168 など。
  28. ^ 『技師 青山士 その精神の軌跡』(高崎哲郎、鹿島出版会、2008年11月20日) P30。
  29. ^ 『東京府立第一中学校』(須藤直勝) P164 など。
  30. ^ 『激浪猛威を振ふとも』 (東京府立一中六十七回生編) P115
  31. ^ 『尋中一中日比谷高校八十年の回想』 (如蘭会編) P389 より
  32. ^ 『東京府立第一中学校』 (須藤直勝) P191より
  33. ^ 『日比谷復権の真実』(長澤直臣、学事出版、2010年7月20日) P76 ~ P77

関連項目[編集]

外部リンク[編集]