漢学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

漢学(かんがく)とは、特に江戸時代日本において、中国伝来の学問の総称。 なお、現代の中国語では、「漢学」は、「中国学(シノロジ―)」を意味する。

洋学蘭学)・国学に対して、漢籍を通して古典的な思想文物を学び、漢詩文等の作成ができるよう学習する学問の総称。なお、朝の学問傾向を引き継いで、宋明理学に対する伝統的(この意味で王朝名としての「漢」を用いる)な経学及びの考証学を、清朝における用語にあわせ漢学と呼ぶこともあるが希である。

歴史的経過[編集]

江戸時代[編集]

江戸時代中期までにおいては、外国の優れた学術は漢籍の形で中国から入ってくるのが一般的であったため、外来の学術研究は全て「漢学」と考えられてきた。ところが、ヨーロッパの書籍から直接知識を得ようとする洋学(蘭学)が出現するようになると、従来の学問(日本固有の学術及び中国伝来の学術)はこれと区別する意味で「皇漢学(こうかんがく)」と称されるようになる。ところが本居宣長など国学や神道を研究する人々は漢学(からまなび)こそ古来日本以来の精神を毒しているとこれを排する動きが強まり、「皇漢学」という呼び名も次第に廃れて国学と漢学は分離されるようになった。

いわゆる音韻学[編集]

漢学の重要な素養として漢詩、特に近体詩が書けることがあった。しかしながら、音韻体系が全く異なる日本語話者にとって、中国語の音韻体系を学習するのは非常に困難なものであった(いわゆる、和習(倭臭)の問題)。まず、中国語に比べ発音体系が単純な日本語では、元の中国語では異なる音と認識される漢字が同音となることが多く、音読みではを踏むものの、中国語では韻を踏まないということとなるため、音読みでは同音となるものの使い分けを学ぶ必要があった。当初は、個々の漢字で反切を丸暗記する等していたが、後に便法として字音仮名遣いが工夫された。また、近体詩において、平仄は最も重要な要素であるが、その前提である声調四声)を、一字一字について覚える必要があった。

このような学習が、明治初期まで漢学の重要な分野であった。

戦前[編集]

明治初期の私塾では二松学舎國學院などが数多く存在した。明治政府西洋各国の学問の摂取を進めると、古い儒学系統の学問は衰えて、代わって西洋の学問研究を取り入れた「支那学」として再構築されるようになる。ところが支那学の中心となった学派が京都帝国大学であった事から、これに反発する東京帝国大学の学派や、古来日本が文明を取り入れた中国と当時の列強による半植民地状態の中国を意図的に分離を図る国粋主義者の中には、依然として「漢学」という呼称を用いる者があった。

戦後[編集]

第二次世界大戦後、「支那」という呼称が避けられたことから、「支那学」「漢学」で呼ばれて来た中国関連の学問は、「中国学」と呼称されるようになっている。なお、近代以前(国共内戦終結まで)の中国文学を専門として研究する場合には、「漢文学」という呼称が用いられている。

関連項目[編集]