吉井勇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1955年

吉井 勇(よしい いさむ、1886年明治19年)10月8日 - 1960年昭和35年)11月19日)は、大正・昭和期の歌人脚本家である。爵位は伯爵

人物[編集]

生い立ち[編集]

維新の功により伯爵となった旧薩摩藩士吉井友実を祖父、海軍軍人で貴族院議員も務めた吉井幸蔵を父に、東京芝区に生まれた。

幼少期を鎌倉材木座の別荘で過ごし、鎌倉師範学校付属小学校に通う。1900年4月に東京府立第一中学校(現在の東京都立日比谷高等学校)に入学するが、落第したため日本中学(現在の日本学園中学校・高等学校)に転校した。漢学塾へ通い、『十八史略』『文章軌範』などを習う。この頃『海国少年』に短歌を投稿して1位となった。

1904年攻玉社を卒業後には胸膜炎(肋膜炎)を患って平塚の杏雲堂に入院するが、鎌倉の別荘へ転地療養した際に歌作を励み、『新詩社』の同人となって『明星』に次々と歌を発表。北原白秋とともに新進歌人として注目されるが、翌年に脱退する。

1908年早稲田大学文学部高等予科に入学する。途中政治経済科に転ずるも中退した。

歌人として[編集]

吉井勇歌碑(轟の滝
吉井勇歌碑(護王寺)

大学を中退した1908年の年末、耽美派の拠点となる「パンの会」を北原白秋、木下杢太郎石井柏亭らと結成した。

1909年1月、森鴎外を中心とする『スバル』創刊となり、石川啄木平野万里の三人で交替に編集に当たる。3月に戯曲『午後三時』を『スバル』に発表。坪内逍遥に認められ、続々と戯曲を発表して脚本家としても名をあげる。1910年、第一歌集『酒ほがひ』を刊行。翌年には戯曲集『午後三時』を刊行し、耽美派の歌人・劇作家としての地位を築いた。

1915年11月、歌集『祇園歌集』を新潮社より刊行。装幀は竹久夢二、このころから歌集の刊行が増える。歌風は耽美頽唐であり、赤木桁平から「遊蕩文学」であるとの攻撃を招いた。歌謡曲ゴンドラの唄」(中山晋平作曲)の作詞を手がけ、大衆の間に広く流行した。1919年11月、里見弴田中純久米正雄らと『人間』を創刊。土佐での隠棲生活を経てに京都に移り、歌風も大きく変化していった。

晩年[編集]

戦後は谷崎潤一郎川田順新村出と親しく、1947年には四人で天皇に会見している。

1948年歌会始選者となり、同年8月、日本芸術院会員。「長生きも芸のうち」と言ったと伝えられている(1954年8代目桂文楽文部省芸術祭賞を受賞した時の言葉とされる)。

1960年肺癌のため京都で死去。墓所は東京・青山の青山霊園にある。

私生活[編集]

最初の妻・徳子は、歌人・柳原白蓮の兄である伯爵柳原義光の次女であった。徳子とは1921年(大正10年)に結婚したが、1933年に発生したスキャンダル、いわゆる「不良華族事件」において徳子が中心人物であることが発覚した。事件は広く世間の耳目を集め徳子と離婚した。離婚後、勇は高知県香美郡の山里に隠棲した。

1937年、国松孝子と再婚。孝子は芸者の母を持つ女性で、浅草仲見世に近い料亭「都」の看板美人と謳われていた。結婚翌年には、2人で京都府へ移住した。勇は、「孝子と結ばれたことは、運命の神様が私を見棄てなかつたためといつてよく、これを転機として私は、ふたたび起つことができたのである」と書いている[1]

長男の吉井滋は後楽園スタヂアムの支配人を務め、1959年6月25日プロ野球天覧試合の実現に蔭で尽力したことで知られる。

その他[編集]

  • 京都市東山区祇園白川沿いには、勇が古希を迎えた1955年11月8日(実際の誕生日からは一月遅れ)に「かにかくに…」の歌碑が建てられている。毎年、祇園甲部舞妓が歌碑に白菊を手向けて勇をしのぶ「かにかくに祭」が行われている。また、高知県香美市香北町の「吉井勇記念館」の他に、蔵書や遺品の一部は京都府立総合資料館にも収められている。
  • 勇の死報に接した馴染みの芸妓が「なんで菊の花になっておしまいやしたんえ」と嘆いた、と谷崎が伝えている。
  • 井原西鶴を愛読、一部作品を現代語訳し、戦前に春秋社「現代語西鶴全集 第7巻」で、戦後は創元社「西鶴好色全集」(全4巻)を出している。
  • 太宰府天満宮本殿裏手にある「お石茶屋」前には勇が詠んだ歌碑がある。
  • 2012年3月、与謝野鉄幹にあてた書簡(1905年8月11日投函)が発見され、短歌58首が記されていた紙の署名「吉井いさむ」が鉄幹の朱によって本名の「勇」と直されていた事実が判明。新詩社発行の「明星」1905年(明治38年)5月号では「吉井いさむ」となっていた筆名が同年9月号では「吉井勇」と変更されているが、与謝野鉄幹が名付け親だったことが明らかになった[2]

著書[編集]

  • 『酒ほがひ』昂発行所、1910
  • 『午後三時 戯曲集』東雲堂、1911
  • 『水荘記』東雲堂、1912
  • 『夜 戯曲』春陽堂(現代文芸叢書)1912
  • 『恋人』たちばなや、1913
  • 『昨日まで』籾山書店、1913
  • 『恋愛小品』籾山書店、1913
  • 『ねむりぐさ 漫画漫筆』大屋書店、1913
  • 『恋慕流し』植竹書院(現代和歌選集叢書)1915
  • 『初恋』籾山書店、1915
  • 『東京紅燈集』新潮社、1916
  • 『俳諧亭句楽』通一舎、1916
  • 『黒髪集』千章館、1916
  • 『明眸行』天弦堂書房、1916
  • 『舞姿 祇園画集』長田幹彦共著 中沢弘光画 阿蘭陀書房、1916
  • 『新訳絵入伊勢物語竹久夢二画 阿蘭陀書房、1917
  • 『祇園双紙』新潮社、1917
  • 『麻の葉集』平和出版社、1917
  • 『髑髏尼 脚本』平和出版社、1917
  • 『狂芸人 戯曲』春陽堂、1917
  • 『河霧』春陽堂(自然と人生叢書)1918
  • 『鸚鵡石 歌集』玄文社、1918
  • 『草珊瑚 自歌自釈』東雲堂、1918
  • 『一代女 西鶴物語』春陽堂、1918
  • 『毒うつぎ』南光書院(歌集叢書)1918
  • 『句楽の話』玄文社、1918
  • 『旅情』新潮社、1919
  • 『河原蓬 歌集』春陽堂、1920
  • 『浮世絵の顔』北野恒富画 新錦絵帖 1の巻 大鐙閣、1920
  • 『吉井勇選集』与謝野晶子編 アルス名歌選 1921
  • 『髑髏舞』新潮社(現代脚本叢書)1921
  • 『生霊』日本評論社出版部、1921
  • 『句楽の死』金星堂名作叢書 1922
  • 『狂へる恋』新潮社、1922
  • 『杯』玄文社、1924
  • 『夜の心』プラトン社、1924
  • 『暁鐘』四紅社、1925
  • 『最後の接吻・劇場入口の半時間・鴎の死骸』春陽堂(ラヂオドラマ叢書)1925
  • 『墨水十二夜』聚芳閣、1926
  • 『恋ぐさ 自歌自釈』交蘭社、1926
  • 『新釈百人一首夜話』交蘭社、1926
  • 『悪の華』宝文館、1927
  • 『生ひ立ちの記 歌ものがたり集』不二書房、1928
  • 『玉蜻 歌集』交蘭社、1928
  • 『鸚鵡杯 歌集』太白社、1930
  • 『短歌入門』誠文堂文庫、1932
  • 『人間経 歌集』政経書院、1934
  • 『娑婆風流』岡倉書房、1935
  • 『わびずみの記』政経書院、1936
  • 『天彦 歌集』甲鳥書林、1939
  • 『洛北随筆』甲鳥書林、1940
  • 『風雪 歌集』八雲書林、1940
  • 『相聞歌物語』甲鳥書林、1940
  • 『遠天 歌集』甲鳥書林、1941
  • 『短歌歳時記』臼井書房、1942
  • 『雷 歌随筆』天理時報社、1942
  • 『朝影 歌集』墨水書房、1943
  • 『百日草』桜井書店、1943
  • 『歌境心境』湯川弘文社、1943
  • 『蓮月 戯曲』大雅堂、1943
  • 『玄冬』創元社、1944
  • 『京洛史蹟歌』大雅堂、1944
  • 『旅塵』桜井書店、1944
  • 『寒行 歌集』養徳社、1946
  • 『流離抄』創元社、1946
  • 『墨宝抄』鎌倉文庫、1947
  • 『定本吉井勇歌集』養徳社、1947
  • 『不夜庵物語』星林社、1947
  • 『市井夜講』新月書房、1947
  • 『残夢』創元社、1948
  • 『恋愛名歌物語』創元社、1951
  • 『蝦蟆鉄拐』中央公論社、1952
  • 『吉井勇歌集』新潮文庫 1952
  • 『吉井勇歌集』岩波文庫 1952
  • 源氏物語 現代語縮訳版』創元社、1952
  • 『東京・京都・大阪 よき日古き日』中央公論社、1954 のち平凡社ライブラリー
  • 『吉井勇全歌集』中央公論社、1955
  • 『形影抄 歌集』甲鳥書林、1956
  • 『京の歌ごよみ』ダヴィッド社、1957
  • 『京都歳時記』修道社、1961
  • 吉井勇全集』全8巻 木俣修編 番町書房、1963-1964
  • 定本吉井勇全集』全9巻 番町書房、1977-1978 のち日本図書センターから復刊

関連書籍[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「私の履歴書」
  2. ^ 「朝日新聞」2012年8月14日付記事「歌人・吉井勇、鉄幹が名付け親 直筆短歌58首から判明」http://megalodon.jp/2012-0916-2259-15/www.asahi.com/culture/update/0811/OSK201208110009.html

関連項目[編集]