舞妓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

舞妓(まいこ)は、京都の祇園を中心とした花街で、舞踊、御囃子などの芸で宴席に興(きょう)を添えることを仕事とする女性のことで、芸妓の見習い修行段階の者をいう。

舞妓・芸妓は、今から約300年前の江戸時代に、京都の八坂神社(当時は祇園社)のある東山周辺の、神社仏閣へ参詣する人や街道を旅する人にお茶をふるまった水茶屋の茶立女(ちゃたておんな)にルーツがあり、水茶屋もはじめはお茶や団子を提供していたものにそのうち酒や料理が加わり、その店で働く彼女達が、歌舞伎芝居を真似て三味線や舞踊を見せるようになった。現在も京都の祇園を中心とした花街で厳しいしきたりの下で活躍している。京都市内で、普通に見かける舞妓は、観光客の扮した変身舞妓であり、舞妓が日中、花街や花街以外を出歩くことはめずらしく、京都府民・京都市民でも、本物の舞妓を見かけることはほとんどない。

なお、東京など関東地方における「半玉」、「おしゃく」とは別の文化起源であるため、区別されるものである。

舞妓(左)

京都の舞妓[編集]

都をどりで舞を披露する舞妓

古くは「舞子」と書き、かつては9 - 13歳でお座敷に上がり接客作法を学び、芸能など修業して一人前の芸妓に成長していたが、戦後児童福祉法労働基準法の改正にともない現在は中学卒業後でないとなれない。

通例、半年から2年ほどの「仕込み」期間を経た後、1か月間「見習い」としてだらりの帯の半分の長さの「半だらり」の帯を締め、姐さん芸妓と共に茶屋で修行する。置屋の女将、茶屋組合よりの許しが出れば、晴れて舞妓として「見世出し」が可能となる。座敷や舞台に上がるときは芸妓も舞妓も白塗りの厚化粧をするが芸妓が通常を付けるのに対し、舞妓は自髪で日本髪を結い、四季の花などをあしらった華やかで可憐な花簪(長く垂れ下がった簪は一年目のみであり、以後は次第に花が大きくなる。)を挿す。舞妓の初期は「割れしのぶ」という髪型で、2 - 3年後に「おふく」となり、芸妓への襟替え1 - 4週間前には「先笄」を結い、お歯黒を付ける(引眉しないので半元服の習慣が現代に残るものと見てよい)。襟足をV字状に白塗りするのは、江戸時代の女性が生え際の髪を抜いて同形状に整形していた名残である。襟替えして芸妓になる時期は20歳前後の場合が多い。

振袖にだらりの帯が特徴的な舞妓(左)

年齢が若いために見習いであるという建前から、衣装はかならず肩上げ、袖上げのされた裾を引いた振袖の着物を着る。ぽっくり(こっぽりとも、京都では「おこぼ(新米の舞妓には内側に鈴が付けられる)」)の下駄にだらりの帯、という派手な格好もあるせいで、現在ではむしろ芸妓(芸子)よりも舞妓のほうが上方花街の代表的存在であるといえるかもしれない。座敷では主に立方を勤め、祇園甲部に限って京舞井上流、それ以外では若柳流などの舞踊を披露する。いずれの出身地にかかわりなく独特の京ことば(祇園ことば)を使うよう教育されるために、京都の象徴であるがごとくあつかわれることも多い。

本業は茶屋や、料亭、旅館などにおいての接待であるが、最近はテレビなどのメディアへの露出、養護施設や病院への慰問、海外への派遣の仕事も多い。近年「一見さんお断り」の閉鎖的空間であった花街も、徐々に門戸を開いており、京都市観光協会が観光イベントとして協賛し2009年1月より祇園の料理旅館で 京料理と舞妓の夕べ なども定期的に開催されるようになり、また、「おおきに財団」(京都伝統伎芸振興財団)が、お茶屋でお座敷遊びのイベントを開催することもあり、一般の観光客にも花街文化を体験できる機会が増えている。

肩上げの着物と花簪

現在、京都の花街で舞妓がいるのは祇園甲部宮川町祇園東先斗町上七軒の五花街である。舞妓の募集に、インターネットを通して舞妓志望者を募る置屋もあり、最近はブームのせいもあってか、舞妓志望者は増える一方である。にもかかわらず、昔気質のつらい修行に耐え切れず辞めてしまう場合が多い。そのため、花街ではいかに質の高い芸舞妓を保持するかが今後の問題といえそうだ。

京都の象徴としての舞妓[編集]

名神高速道路での標識(京都市への距離表示・京都府・京都市のカントリーサイン)に舞妓の姿が描かれたり、京都観光を題材としたCMに舞妓や舞妓の扮装をした観光客が登場するなど、舞妓は「京都」の象徴とされることも多い。

京都以外の舞妓[編集]

酒田市山形県)には舞娘と書いてまいこと読む年少芸妓が居るが、衣装(帯結び)は京都の舞妓とは異なる。

山形市にも上記と同様のやまがた舞子が居る。花笠祭りにも登場。

あわら市福井県)の芦原温泉に於いて三年前に38年ぶりの舞妓が誕生。現在、二名の舞妓がいる。ひきずりの着物にだらりの帯、という京都の舞妓と同じ衣装、但し地毛ではなくかつら(場合により地毛で結っている時もある)。

奈良市元林院町の花街にも戦前から平成にかけ、舞妓がいたが現在はゼロ。「ちびっこ舞妓」という舞妓の姿の小学生がイベントや撮影会などに参加している。舞妓は京都と同じくお引きの振袖にだらりの帯、地毛で結った京風日本髪に花かんざしを挿し、おこぼを履く。

大阪市には戦前には舞妓が居た。京都とは異なり、帯結び腰元の様な立て矢であるのが特徴(「やぎっちゃ」という結び方)。また髪型も京風の引き鬢ではなく、江戸風の出し鬢であった。衣装等が空襲で焼失し、写真も僅かしか残らず、資金面等の問題もあり、復活は難航したが、2008年5月に若手の芸妓2名により復活に漕ぎ着けた。[1]

神戸市有馬温泉では高卒の新人は舞妓(半玉)と呼ばれる。詰め袖の着物だが京都と同様の肩上げをし、鬘だが花かんざしを付ける[2]

このほかの関西や四国・九州地方等の花柳界にもかつては「舞妓」と呼ばれる存在があった。 しかしその姿は京都の舞妓に類似するもの、むしろ関東の「半玉」(または大阪の舞妓か)に近いものと様々であった。

名古屋市の花柳界「名妓連」に舞妓が3人居る。舞妓になるには、金の鯱が出来る事が必須である。

岐阜市の花柳界「鳳川伎連」にも舞妓がいる。京都の舞妓に姿が似ている。

このほか現在も高知県高知市のある料亭でも芸妓や仲居、和装コンパニオンとともに舞妓を雇用している(いわゆる「社員制度」の舞妓)。

いずれの花街も京都と違い現在は舞妓として座敷に出るには18歳以上(高校生は不可)であることが定められている。

外国人観光客のマナー違反[編集]

映画SAYURIなどの人気や海外のTVでの紹介などで外国での芸舞妓人気が上がっているが、2008年頃から京都の花街・祇園甲部で外国人観光客やアマチュアカメラマンが、舞妓や芸妓たちを取り囲んだり悪戯をするなどのマナーの悪さがエスカレートしており、住民によるパトロールをしたり京都観光当局ホームページで警告文を掲載するなどの事態になっている。

舞妓が登場する作品[編集]

小説[編集]

ノンフィクション[編集]

  • 相原恭子『京都発 極上作法で魅せる舞妓さんマナー集』山海堂、2007年3月、ISBN 4381022351
  • 相原恭子『京都花街もてなしの技術』小学館、2005年5月、ISBN 4093875537
  • 相原恭子『京都舞妓と芸妓の奥座敷』(文春新書)、文藝春秋、2001年10月、ISBN 4166602055
  • 相原恭子『舞妓さんのお道具帖 おしゃれのアイデアと、すぐに使える小物がいっぱい』山海堂、2007年11月、ISBN 9784381023315
  • 相原恭子『未知の京都 舞妓と芸妓』弘文堂、2007年7月、ISBN 9784335551130
  • 青山益朗『ぎをん桔梗家ものがたり』コエランス、2004年11月、ISBN 490773106X
  • 岩崎究香(岩崎峰子)『祇園のうら道、おもて道 女の舞台、一流の事情』幻冬舎、2005年10月、ISBN 4344010604
  • 岩崎峰子『祇園の課外授業』集英社、2004年9月、ISBN 4087813126
  • 岩崎峰子『祇園の教訓 昇る人、昇りきらずに終わる人』幻冬舎、2003年7月、ISBN 4344003586
  • 小川智恵子/語り、鈴木美代子/聞き書き『おてんばば女将の祇園昔ばなし』草思社、2007年6月、ISBN 9784794216045
  • 小原源一郎(文)、板倉有士郎(写真)『京・祇園 幽玄なる伝統美の世界』日本地域社会研究所、1994年4月、ISBN 4890227385
  • 上七軒市まめ『舞妓のお作法』大和書房、2007年11月、ISBN 9784479781721
  • 桐木千寿『愛され上手になる 祇園流・女磨き』講談社、2007年3月、ISBN 9784062138413
  • 熊谷康次郎(文)、濱岡昇(写真)『祇園と舞妓』淡交社、1974年
  • 佐野美津子『祇園女の王国 紅殻格子のうちとそと』新潮社、1995年2月、ISBN 4104034010
  • 杉田博明(文)、溝縁ひろし(写真)『京の花街祇園』淡交社、2003年5月、ISBN 4473019802
  • ライザ・ダルビー(入江恭子・訳)『芸者 ライザと先斗町の女たち』TBSブリタニカ、1985年12月、ISBN 4484851156
  • 高安美三子『おおきに。 祇園に学ぶしなやか処世術 』扶桑社、2007年3月、ISBN 4594053432
  • 中島よしゑ『和学塾 美しい日本女性の生き方』太陽出版、2007年4月、ISBN 9784884695118
  • 中島よしゑ『京都・祇園流格別のおもてなし作法』亜紀書房、2007年10月、ISBN 9784750507095
  • 納屋嘉治ほか(文)、溝縁ひろし(写真)『祇園 粋(すい)な遊びの世界』淡交社、1995年4月、ISBN 4473013995
  • 西尾久美子『京都花街の経営学』東洋経済新報社、2007年9月、ISBN 9784492501764
  • 早崎春勇『祇園よいばなし』京都書院、1990年10月、ISBN 4763640445
  • 三宅 小まめ、森田 繁子(共著)『「祇園」うちあけ話―お茶屋のこと、お客様のこと、しきたりのこと』(PHP文庫)、PHP研究所、2004年7月、ISBN 4569662250(『聞き書き 祇園に生きて』同朋舎・発売:角川書店、2000年5月、ISBN 4810426084 を改題)
  • 山口公女『すっぴん芸妓―京都・祇園のうっかり日記』ローカス、2007年1月、ISBN 9784898147085
  • 山口富美恵『芸者雪そのの青春』集英社、1986年5月、ISBN 4087750841
  • 山本雅子『お茶屋遊びを知っといやすか』廣済堂出版、2001年1月、ISBN 4331507475
  • 依田義賢(文)、濱岡昇(写真)『舞妓の四季』(駸々堂ユニコンカラー双書)、駸々堂出版、1975年

コミック[編集]

写真作品[編集]

  • 「舞妓を受け継いだ少女」(2007年1月 - 3月:キヤノンギャラリー、写真家荻野NAO之
  • 荻野NAO之 日本語版写真集『komomo』講談社インターナショナル、2008年4月、ISBN 4770040938
  • 荻野NAO之 英語版写真集『A Geisha's Journey』講談社インターナショナル、2008年1月、ISBN 4770030673
  • 浅野喜市『祇園 昭和13年〜35年 浅野喜市写真集』京都書院、1990年6月、ISBN 476363142X
  • 石原哲男『日本髪の世界 舞妓の髪型編』自費出版、2004年4月、[5]
  • 石原哲男『舞妓の髪型 京・先斗町』同朋舎出版、1993年5月、ISBN 4810412946
  • 板倉有士郎『祇をん 舞妓の四季 板倉有士郎写真集』サンライズ印刷株式会社、1989年3月
  • 片岡仁左衛門(文)、清岡虹子(写真)『祇園の舞妓』フジアート出版、1985年2月、ISBN 4828902961
  • 内藤悦子『舞妓はんになってみませんか 京都宮川町の舞妓姉妹、君香さんと君晴さん フォトガイド写真集』第三書館、2007年9月、ISBN 9784807407125
  • 濱岡昇『京舞妓』京都書院、1987年6月、ISBN 4763630571
  • ジョン・フォスター『京舞妓百景 ジョン フォスター写真集』東方出版、2006年12月、ISBN 4862490484
  • 溝縁ひろし『京都祇園』光村推古書院、1996年7月、ISBN 4838101716
  • 溝縁ひろし『京都花街 祇園甲部・宮川町・上七軒・先斗町・祇園東』光村推古書院、2002年7月、ISBN 4838103034
  • 溝縁ひろし『京都先斗町』光村推古書院、1997年8月、ISBN 4838102070
  • 溝縁ひろし『京舞妓歳時記 溝縁ひろし写真集』東方出版、1995年8月、ISBN 4885914361
  • 溝縁ひろし『祇をん市寿々』小学館、2000年10月、ISBN 4096813222
  • 溝縁ひろし『祇園 今に生きる伝統美』日本交通公社、1985年4月
  • 溝縁ひろし 『祇園・舞ごよみ』京都書院、1992年4月、ISBN 4763631950(のち文庫・京都書院アーツコレクション 写真 で

1998年6月、ISBN 4763616420

  • 溝縁ひろし『祇園舞妓抄』吉村書房、1978年4月
  • 溝縁ひろし(京都新聞出版センター・編)『はんなりと 京舞妓の四季』京都新聞出版センター、2004年4月、ISBN 4763805347

テレビドラマ[編集]

劇場版映画[編集]

関連する舞踊曲等[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2008年5月24日13時33分 読売新聞[1][2][3]
  2. ^ [4]

関連項目[編集]