川田順

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

川田 順(かわだ じゅん、1882年明治15年)1月15日 - 1966年昭和41年)1月22日)は、歌人実業家住友総本社常務理事。漢学者川田甕江の3男。女優・歌手の佐良直美は従曾孫娘。

来歴・人物[編集]

東京市浅草区三味線堀生まれ。府立四中一高を経て、1907年東京帝国大学法学部政治学科卒業。東京帝国大学では当初文科文学部)に所属し小泉八雲の薫陶を受けた。小泉八雲の退任を受け「ヘルン先生のいない文科に学ぶことはない」と法科(法学部)に転科したという。

元来、住友では中途で外部の官学出身者を引き抜いて採用していたが、1907年(明治40年)に新卒の第1期定期採用がスタートし、川田ら東大法科出身者は7名、京大法科出身者が5名の計12名が入社した。1930年(昭和5年)に理事就任後、同年一足飛びで常務理事に就任、1936年(昭和11年)、鈴木馬左也の後任として住友の総帥の座である総理事就任がほぼ確定していたが、自らの器に非ずとして自己都合で退職した[1]。その間佐佐木信綱門下の歌人として「新古今集」の研究家としても活躍。1942年に歌集『鷲』で第1回帝国芸術院賞受賞。1944年に朝日文化賞受賞。戦後は皇太子の作歌指導や歌会始選者をつとめた。

1948年京都大学経済学部教授・中川与之助夫人で歌人の鈴鹿俊子との恋に苦しみ、自殺未遂を起こし、いわゆる”老いらくの恋”と騒がれた末に結婚した。1963年日本芸術院会員。

著書[編集]

  • 伎芸天 歌集 竹柏会 昭和4 (心の華叢書)
  • 陽炎 竹柏会 昭和5 (心の華叢書)
  • 青淵 竹柏会 昭5 (心の華叢書)
  • 鵲 満鮮歌鈔 改造社 昭和6
  • 山海経 白帝書房 昭7 (心の華叢書)
  • 新古今集の鑑賞 立命館出版部 昭和7
  • 立秋 改造社 昭和8
  • 利玄と憲吉 岩波書店 昭10
  • 旅雁 改造社 昭和10
  • 山海居歌話 非凡閣 昭11
  • 日光 改造社 昭11
  • 俊成・定家・西行 人文書院 昭11
  • 晩来抄 自選歌文 第一書房 昭12
  • 山海居閑話 人文書院 昭13
  • 源実朝 歴代歌人研究 第8巻 厚生閣 昭13
  • 宗良親王 吉野朝柱石 第一書房 昭13
  • 高岳 河出書房 昭14
  • 歴代秀吟百首 三省堂 昭14
  • 幕末愛国歌 第一書房 昭14
  • 吉野朝の悲歌 第一書房 昭13-14
  • 西行 創元社 昭14
  • 寒窗記 第一書房 昭15
  • 鷲 創元社 昭15
  • 西行研究録 創元社 1940
  • 夕陽と妻 甲鳥書林 昭15
  • 評釈日本歌集 朝日新聞社 昭和16
  • 藤原定家 創元社 昭和16
  • 国初聖蹟歌 甲鳥書林 昭和16
  • 愛國百人一首 大日本雄辯會講談社 1941
  • 新古今論抄 全国書房 昭和17
  • 完本川田順歌集 朝日新聞社 昭和17
  • 史歌熱帯作戦 八雲書林 昭和17
  • 史歌太平洋戦 八雲書林 昭和17
  • 歴史と詩歌 全国書房 昭和17
  • 偶然録 湯川弘文社 昭和17
  • 戦国時代和歌集 甲鳥書林 1943
  • 史歌南北作戦 甲鳥書林 昭和18
  • 西行の伝と歌 創元社 昭和19
  • 史歌大東亜戦 養徳社 昭和19
  • 寸歩抄 生活社 昭和20
  • 細川幽斉 甲文社 昭和21
  • 読書余情 八雲書店 昭和21
  • 香雲 詩集 創元社 昭和21
  • 枯草録 全国書房 1946
  • 寒林集 創元社 昭和22
  • 山海抄 甲文社 昭和22
  • 孤悶録 朝日新聞社 1949
  • 住友回想記 正続 中央公論社 1951-53
  • 川田順全歌集 中央公論社 1952
  • 東帰 長谷川書房 1952
  • 源三位頼政 春秋社 1958
  • 葵の女 自叙伝 講談社 1959
  • 女性の愛の歌 「万葉集」-「みだれ髪」川田俊子共著 協同出版 1966
  • 川田順遺稿集香魂 甲鳥書房 1969
  • 春の雪 協同出版 1973
  • 宿命 短歌新聞社 1986
  • 羽族の国 思草(佐々木信綱歌集)評釈 短歌新聞社 1994

参考文献[編集]

  • 辻井喬『虹の岬』(中央公論社) - 恋愛事件を小説にしたもの
  • 鈴鹿俊子『黄昏記 回想の川田順』短歌新聞社 1983
  • 川田順ノート 鈴木良昭 教育出版センター 1991

脚注[編集]

  1. ^ 『メガバンク学閥人脈』(山口日太郎、新風社、2006年7月) P167