ゴンドラの唄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ゴンドラの唄」(ゴンドラのうた)は、1915年(大正4年)に発表された歌謡曲吉井勇作詞。中山晋平作曲。

芸術座第5回公演『その前夜』の劇中歌として生まれ、松井須磨子らが歌唱、大正時代の日本で流行した。

歌詞[編集]

いのち短し 恋せよ乙女

あかき唇 あせぬ間に

熱き血潮の 冷えぬ間に

明日の月日は ないものを


いのち短し 恋せよ乙女

いざ手をとりて かの舟に

いざ燃ゆる頬を 君が頬に

ここには誰れも 来ぬものを


いのち短し 恋せよ乙女

波にただよう 舟のよに

君が柔わ手を 我が肩に

ここには人目も 無いものを


いのち短し 恋せよ乙女

黒髪の色 褪せぬ間に

心のほのお 消えぬ間に

今日はふたたび 来ぬものを


解説[編集]

カチューシャの唄』を手がけた中山晋平により作曲され、同曲同様に大衆の支持を得た。中山によれば、母の死の直後、悲しみに暮れる帰りの汽車の中で「『ゴンドラの唄』の歌詞が語りかけて」きて、「汽車の揺れとともに、自然と旋律がわいてきた」[1]のだという。歌詞はアンデルセンの「ベネチアのゴンドラ」から引用している。

堀内敬三は『音楽五十年史』の中でこの唄を、「大正5年末からじりじりと永く流行った」と述べている。

1952年黒澤明監督作品『生きる』で、志村喬演じる主人公が雪の降る夜ブランコをこぎながら、この歌を口ずさむシーンがある。

2012年にはHALCALIがカバーしたものがライオンクリニカのCMとして使われた。

脚注[編集]

  1. ^ 和田登『いのち短し恋せよ少女-小説中山晋平-』140-141頁。

関連項目[編集]