松井須磨子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
松井 須磨子

松井 須磨子(まつい すまこ、1886年明治19年)3月8日 - 1919年大正8年)1月5日)は、日本新劇女優。本名、小林正子(こばやしまさこ)。

来歴[編集]

長野県埴科郡清野村(現・長野市松代町清野)に士族小林藤太(旧松代藩)の五女(九人兄妹の末っ子)として生まれる。数え年6歳の時、上田町の長谷川家の養女となり、1900年上田の尋常小学校を卒業する。しかし養父が亡くなったため実家に戻る。実家に戻った年、実父も亡くなった。数え年17歳の春に麻布飯倉の菓子屋「風月堂」に嫁いでいた姉を頼って上京した後、戸板裁縫学校(現・戸板女子短期大学)に入学する[1]

1903年親戚の世話で最初の結婚をするが、病気がちを理由に舅に疎まれ[2]、1年で離婚している。この頃から平凡な日常から脱却したいと思うようになり女優を志す。この時期に俳優養成学校に願書を提出し面接も受けるが、鼻が低くて顔全体の印象が平坦で華やかさがないことを理由に入学を拒否される。しかし女優の夢が諦めきれなかった須磨子は当時としては最新の技術であった、鼻筋に蝋を注入する隆鼻術(美容整形手術)を受けている。これにより、現在までに知られる顔になった。その後、俳優養成学校へ入学し念願の女優となったため「日本初の整形美人女優」と称されることもしばしばである。しかし、後年はその後遺症に苦しめられる。注入した蝋は比較的軟らかいもので、体温程度でも不安定な状態になり鼻筋からずれてしまうことも多かった。その度に自らの手で押さえていたという。そのようなことが頻繁にあったため体も拒絶反応を起こして鼻を中心に顔全体が腫れて炎症を起こすこともあり、時には痛みで寝込むほどであったが、当時は抜去する手術が確立されていなかったため冷水で絞った手拭いで患部を冷やすことしか出来ず耐えるしかなかった。恋仲にあった島村抱月にもその醜態を指摘されることもあったという。

1908年同郷の埴科坂城町出身の前沢誠助と結婚する。東京高師地歴科を卒業した前沢は、その年の11月に「東京俳優養成所」の講師になり、日本史を担当した。

1909年、坪内逍遥文芸協会演劇研究所第1期生となる。家事がおろそかになることも多く、1910年10月、前沢と離婚。

1911年、『人形の家』の主人公ノラを演じて認められ、1913年、島村抱月芸術座を旗揚げし、『復活』(トルストイ原作、抱月訳)のカチューシャ役が大当たりし、人気女優となった。須磨子が歌った主題歌『カチューシャの唄(復活唱歌)』(抱月作詞・中山晋平作曲)のレコードも当時2万枚以上を売り上げる大ヒットとなった。このことから、須磨子は日本初の歌う女優となった。

だが、1917年に発売したレコード『今度生まれたら』(北原白秋作詞)では、歌詞の中にある「かわい女子(おなご)と寝て暮らそ」の部分が当時の文部省により猥褻扱いされ、日本における発禁レコード第1号ともなってしまった。

1918年11月5日、スペイン風邪で抱月が病死すると、2ヶ月後の1919年1月5日、芸術座の道具部屋において自殺縊死)した。

抱月と不倫関係にあった須磨子は、抱月の墓に一緒に埋葬されることを望んでいたがそれは叶わず、須磨子の墓は長野市松代町清野の小林家墓所(生家の裏山)に、また、新宿区弁天町の多聞院には分骨墓がある。

主な出演記録[編集]

モンナ・ヴァンナ役

文芸協会時代

明治44年(1911年)

明治45年(1912年)

  • 5月 -『故郷』(ズーダーマン作、島村抱月訳)マグダ役。第3回公演、有楽座
  • 6月 -『運命の人』(バーナード・ショー作、楠山正雄訳)不思議な旅の貴婦人役。文芸協会私演。
  • 6月 -『故郷』再演。大阪帝国座
  • 11月 -『二十世紀 [3]』(バーナード・ショー作、楠山正雄訳)グラントン夫人役。第4回公演、有楽座。

大正2年(1913年)

芸術座時代

大正2年(1913年)

大正3年(1914年)

  • 1月 -『海の夫人』(イプセン作、島村抱月訳)エリーダ役;『熊』(チェーホフ作、楠山正雄訳)ヘレエネ役。第2回公演、有楽座。
  • 3月 -『復活』(トルストイ原作、アンリ・バタイユ脚色、島村抱月訳)カチューシャ役;『嘲笑』(中村吉蔵作)お千代役。第3回公演、帝国劇場。
  • 7月 -『復讐』(島村抱月作)女・役。第1回研究劇、福沢桃介邸内試演場。
  • 8月 -『マグダ(故郷)』再演;『ヂオゲネスの誘惑』(シュミットボン作、森鴎外訳)イノ役。夏期臨時公演、歌舞伎座
  • 10月 -『剃刀』(中村吉蔵作)お鹿役;『クレオパトラ』(シェイクスピア原作、島村抱月脚色)クレオパトラ役。第4回公演、帝国劇場。
  • 12月 -『人形の家』『剃刀』再演;『結婚申込』(チェーホフ作、仲木貞一訳)娘・役。特別公演、本郷座

大正4年(1915年)

  • 4月 -『飯』(中村吉蔵作)お市役;『その前夜』(ツルゲーネフ作、楠山正雄脚色)エレエナ役[4];『サロメ』再演。第5回公演、帝国劇場。
  • 5月より第1回長期巡演(大阪、京都、神戸、名古屋、北陸、信州、東北、北海道、台湾、朝鮮、ハルピン、ウラジオストク)。

大正5年(1916年)

  • 1月 -『真人間』(中村吉蔵作)お品役;『清盛と仏御前』(島村抱月作)仏御前役。大阪浪花座
  • 3月 -『お葉 [5]』お葉役;『清盛と仏午前』再演。第6回公演、帝国劇場。
  • 4月 -『復活』『嘲笑』 [6] 再演。第1回新劇普及興行、浅草常磐座
  • 4~5月 -『復活』『サロメ』再演。特別公演、明治座
  • 5月 -『エジポス王』(ソポクレス作、中村吉蔵訳)王妃ヨカスタ役。寄付興行、牛込河田町小笠原伯爵庭園。
  • 7月 -『闇の力』(トルストイ作、林久男訳)アニッシャ役。第2回研究劇、牛込横寺町芸術倶楽部
  • 8月 -『マクベス』(シェイクスピア作、坪内逍遥訳)マクベス夫人役。特別公演、両国国技館
  • 9月 -『アンナ・カレニナ』(トルストイ原作、松居松葉脚色)アンナ・カレニナ役。第7回公演、帝国劇場。
  • 10月 -『飯』『サロメ』再演。第2回新劇普及興行、常磐座。

大正6年(1917年)

  • 1月 -『思い出』『剃刀』再演。二の替り、『爆発』(中村吉蔵作)近子役;『お葉』再演 [7]
  • 3月 -『ポーラ』(アーサー・ピネロ作、島村抱月訳)ポーラ役。第8回公演、新富座
  • 4月より第2回長期巡演(信州、甲府、名古屋、伊勢、奈良、満州、朝鮮、山陽、山陰、四国)。
  • 10~11月 -『お艶と新助』(谷崎潤一郎原作、島村抱月脚色)お艶役;『生ける屍』(トルストイ原作、川村花菱・島村抱月脚色)マーシャ役[8];『帽子ピン』(中村吉蔵作)お竹役。第9回公演、明治座。

大正7年(1918年)

  • 1月より第3回長期巡演(京都、中国、四国、九州)。
  • 9月 -『沈鐘』(ハウプトマン作、楠山正雄訳)森の精ラウテンデライン役;『神主の娘』(松居松葉作)朝江役。第10回合同公演、歌舞伎座。
  • 10月 -『死と其前後』(有島武郎作)妻・役。第3回研究劇、牛込芸術倶楽部。
  • 11月 -『緑の朝』(ダヌンチオ作、小山内薫訳)狂女イサベルラ役。第11回合同公演、明治座。

大正8年(1919年)

  • 1月 -『肉店』(中村吉蔵作)お吉役;『カルメン』(メリメ原作、川村花菱脚色)カルメン役。第12回公演、有楽座。

著作[編集]

松井須磨子を描いた作品[編集]

参考文献[編集]

関連[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『人気役者の戸籍調べ』高沢初風、文星社、1919年、P165
  2. ^ [http://gendai.ismedia.jp/articles/-/32515 「坪内逍遥が開いた演劇研究所で、 熱心に稽古した「新劇女優」の思い」福田和也 週刊現代 2012年05月19日]
  3. ^ 原題『分らぬものですよ』
  4. ^ 主題歌「ゴンドラの唄」(吉井勇歌詞、中山晋平作曲)
  5. ^ 『真人間』において、堕胎の罪を犯したお品が軍人の未亡人であることに警保局から異議が出たため、密猟者の未亡人お葉に設定を変えるなど改作を余儀なくされた。
  6. ^ 田中栄三著『明治大正新劇史資料』によると『嘲笑』ではなく『サロメ』が演じられたことになっている。
  7. ^ 前年12月31日開演、1月10日まで。二の替りは、1月11日から21日まで。
  8. ^ 主題歌「さすらいの唄」(北原白秋作詞、中山晋平作曲)

外部リンク[編集]