ソポクレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ソポクレース
Sophokles
Sophokles.jpg
誕生 紀元前496年
アテナイ
死没 紀元前406年
職業 悲劇作家
代表作 オイディプス王
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ソポクレスソポクレースソフォクレスとも表記、古代ギリシャ語: ΣοφοκλῆςSophoklēs紀元前496年頃 - 紀元前406年頃)は、アテナイ悲劇作家、古代ギリシア三大悲劇詩人の一人に数えられる。

概要[編集]

紀元前468年以来、大ディオニュシア祭で24回もの優勝を重ねた。劇の作法について数編の論文を著すなど理論面を重視し、ギリシア悲劇というジャンルを完成させた。

悲劇作家として成功し、富裕な市民層に属した。

著作[編集]

123編の悲劇を書いたと言われるが、欠けずに現存するのはわずか7編。絶対なる運命=神々に翻弄されながらも、悲壮に立ち向かう人間を描いたものが多い。代表作『オイディプス王』は、ギリシャ悲劇中の珠玉とされ、今日に至るまで西洋文学心理学に多大な影響を与えている。

現存する作品[編集]

主な邦訳文献[編集]

  • 『ギリシア悲劇全集』 岩波書店
  • 『ギリシア悲劇(2) ソポクレス』 筑摩書房〈ちくま文庫〉、初版1986年、ISBN 4480020128
    • 元版 『世界古典文学全集8巻 アイスキュロス・ソポクレス』 筑摩書房
       初版1964年、復刊2005年ほか、ISBN 4480203087

出典・参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]