与謝野晶子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
与謝野 晶子
(よさの あきこ)
Akiko Yosano younger.jpg
与謝野晶子
誕生 鳳志よう
1878年12月7日
日本の旗 日本堺県和泉国第一大区
死没 1942年5月29日(満63歳没)
日本の旗 日本東京府
職業 歌人作家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 堺市立堺女学校技芸科
ジャンル 短歌
主題 恋愛感情反戦思想
文学活動 ロマン主義
代表作 みだれ髪』(1901年)
『君死にたまふことなかれ』(1904年)
配偶者 与謝野鉄幹1901年 - 1935年
子供 12人
与謝野秀(次男)
親族 鳳秀太郎(兄)
与謝野馨(孫)
与謝野達(孫)
与謝野文子(孫)
鳳壽三郎(弟)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

与謝野 晶子正字: 與謝野 晶子、よさの あきこ、1878年明治11年)12月7日 - 1942年昭和17年)5月29日)は、日本歌人作家思想家

本名与謝野 志よう(よさの しょう)。旧姓(ほう)。ペンネームの「晶子」の「晶」は、本名の「しょう」から取った。夫は与謝野鉄幹(与謝野寛)。

1921年大正10年)、夫・鉄幹と共に文化学院創設。

経歴[編集]

夫・鉄幹と
生家の跡、大阪府堺市堺区

鳳志ようは、堺県和泉国第一大区甲斐町(現在の大阪府堺市堺区甲斐町西1丁)で老舗和菓子屋「駿河屋」を営む、父・鳳宗七、母・津祢の三女として生まれた。家業は没落しかけており、3人目の女の子であったため両親から疎まれて育つ[1]。実の兄にはのちに電気工学者となる鳳秀太郎がいた。9歳で漢学塾に入り、三味線も習った。堺市立堺女学校(現・大阪府立泉陽高等学校)に入学すると『源氏物語』などを読み始め古典に親しんだ。また兄の影響を受け、「十二、三のころから、『柵草紙』(後には『めざまし草』)[2]『文学界』や紅葉露伴一葉などの小説を読むのが一番の楽しみ」(『明星』1906年年5月)であった。

20歳ごろより店番をしつつ和歌を投稿するようになる。浪華青年文学会に参加の後、1900年(明治33年)、浜寺公園の旅館で行なわれた歌会で歌人・与謝野鉄幹と不倫の関係になり、鉄幹が創立した新詩社の機関誌『明星』に短歌を発表。翌年家を出て東京に移り、女性の官能をおおらかに謳う処女歌集『みだれ髪』を刊行し、浪漫派の歌人としてのスタイルを確立した。のちに鉄幹と結婚、子供を12人出産している(うち1人は生後2日で亡くなる)。

1904年(明治37年)9月、『君死にたまふことなかれ』を『明星』に発表。1911年(明治44年)には史上初の女性文芸誌『青鞜』創刊号に「山の動く日きたる」で始まる詩を寄稿した。1912年、晶子は鉄幹の後を追ってフランスのパリに行くことになった。洋行費の工面は、森鴎外が手助けをし[3]、また『新訳源氏物語』の序文を書いた鴎外がその校正を代わった。同年5月5日、読売新聞が「新しい女」の連載を開始し、第一回に晶子のパリ行きを取り上げ、翌6日には晶子の出発の様子を報じた(平塚らいてうなど総勢500余名が見送った)。翌6月の『中央公論』では、晶子の特集が組まれた[4]。5月19日、シベリア鉄道経由でパリに到着した晶子は、9月21日にフランスのマルセイユ港から帰国の途につくまでの4か月間、イギリス、ベルギー、ドイツ、オーストリア、オランダなどを訪れた。また帰国してから2年後、鉄幹との共著『巴里より』で、「(上略)要求すべき正当な第一の権利は教育の自由である。」と、女性教育の必要性などを説いた。

子だくさんだったが、鉄幹の詩の売れ行きは悪くなる一方で、彼が大学教授の職につくまで夫の収入がまったくあてにならず孤軍奮闘した。来る仕事はすべて引き受けなければ家計が成り立たず、歌集の原稿料を前払いしてもらっていたという。多忙なやりくりの間も、即興短歌の会を女たちとともに開いたりし、残した歌は5万首にも及ぶ。『源氏物語』の現代語訳『新新源氏』、詩作、評論活動とエネルギッシュな人生を送り、女性解放思想家としても巨大な足跡を残した。墓は多磨霊園にある(外部へのリンク参照)。 1921年(大正10年)に建築家西村伊作と、画家石井柏亭そして夫の鉄幹らとともにお茶の水駿河台文化学院を創設する。男女平等教育を唱え、日本で最初の男女共学を成立させる。

業績[編集]

作家・歌人[編集]

窓際でポーズをとる

情熱的な作品が多いと評される歌集『みだれ髪』(1901年)や、日露戦争の時に歌った『君死にたまふことなかれ』が有名である。『源氏物語』の現代語訳でも知られる。

歌集『みだれ髪』では、女性が自我や性愛を表現するなど考えられなかった時代に女性の官能をおおらかに詠い、浪漫派歌人としてのスタイルを確立した。伝統的歌壇から反発を受けたが、世間の耳目を集めて熱狂的支持を受け、歌壇に多大な影響を及ぼすこととなった。所収の短歌にちなみ「やは肌の晶子」と呼ばれた。

1904年(明治37年)9月、半年前に召集され日露戦争旅順攻囲戦予備陸軍歩兵少尉として従軍していた弟を嘆いて『君死にたまふことなかれ』を『明星』に発表した。なお、晶子の弟の鳳籌三郎は日露戦争から帰還し、1944年(昭和19年)まで生きているが、彼の所属した歩兵第8連隊はこの詩が詠まれた頃は遼陽会戦を戦っており、旅順攻囲戦には参戦していない可能性が高い。

その3連目で「すめらみことは戦いに おおみずからは出でまさね(天皇は戦争に自ら出かけられない)」と唱い、晶子と親交の深い歌人であった文芸批評家の大町桂月はこれに対して「家が大事也、妻が大事也、国は亡びてもよし、商人は戦ふべき義務なしといふは、余りに大胆すぐる言葉」と批判した。晶子は『明星』11月号に『ひらきぶみ』を発表、「桂月様たいさう危険なる思想と仰せられ候へど、当節のやうに死ねよ死ねよと申し候こと、またなにごとにも忠君愛国の文字や、畏おほき教育御勅語などを引きて論ずることの流行は、この方かへつて危険と申すものに候はずや」と非難し、「歌はまことの心を歌うもの」と桂月に反論した(日露戦争当時は満州事変後の昭和の戦争の時期ほど言論弾圧が厳しかったわけではなく、白鳥省吾木下尚江中里介山大塚楠緒子らにも戦争を嘆く詩を垣間見ることができる)。

大町桂月は『太陽』誌上で論文『詩歌の骨髄』を掲載し「皇室中心主義の眼を以て、晶子の詩を検すれば、乱臣なり賊子なり、国家の刑罰を加ふべき罪人なりと絶叫せざるを得ざるものなり」と激しく非難したが、夫・与謝野鉄幹平出修の直談判により、桂月は「詩歌も状況によっては国家社会に服すべし」とする立場は変えなかったものの、晶子に対する「乱臣賊子云々」の語は取り下げ、論争は収束する。この後、1925年(大正14年)6月11日、桂月は57歳で病没するが、『横浜貿易新報』に晶子は追憶をよせた。

この騒動のため晶子は「嫌戦の歌人」という印象が強いが、1910年(明治43年)に発生した第六潜水艇の沈没事故の際には、「海底の 水の明りにしたためし 永き別れの ますら男の文」等約十篇の歌を詠み、第一次世界大戦の折は『戦争』という詩のなかで、「いまは戦ふ時である 戦嫌ひのわたしさへ 今日此頃は気が昂る」と極めて励戦的な戦争賛美の歌を作っている。満州事変勃発以降は、戦時体制・翼賛体制が強化されたことを勘案しても、満州国成立を容認・擁護し、1942年(昭和17年)に発表した『白櫻集』で、以前の歌「君死にたまうことなかれ」とは正反対に、戦争を美化し、鼓舞する歌を作った。例えば、「強きかな 天を恐れず 地に恥ぢぬ 戦をすなる ますらたけをは」や、海軍大尉として出征する四男に対して詠んだ『君死にたまうことなかれ』とは正反対の意味となる「水軍の 大尉となりて わが四郎 み軍にゆく たけく戦へ」など。このようなことから、反戦家としては一貫性がなかった。

日露戦争当時に「幸徳秋水の反戦論は大嫌いだ」と公言しているが、大逆事件では秋水ら死刑になった十二人に「産屋なる わが枕辺に 白く立つ 大逆囚の 十二の棺」という歌を1911年(明治44年)3月7日に『東京日日新聞』に発表している。刑死者の一人大石誠之助は『明星』の同人で関わりも深く、また女性でただ一人死刑となった管野スガは未決在監中に平出修弁護士に晶子の歌集の差し入れを頼んでいるが、晶子は直接差し入れなかったことを悔恨して小林天眠への手紙に残している。

1911年(明治44年)に『青鞜』発刊に参加、『そぞろごと』で賛辞を贈って巻頭を飾り、「新しい女の一人」として名を寄せた。同年、文部省内務省が文芸作品の顕彰と称し、諮問機関・文芸委員会を作ったことに対し、晶子は「栄太郎 東助といふ 大臣は 文学をしらず あはれなるかな」と皮肉に満ちて批判的な歌を作っている。文芸委員会に対しては、夏目漱石も「最も不愉快な方法で行政上に都合のいい作品のみを奨励するのが見えすいている」と言っている。

1915年(大正4年)に読売新聞に『駄獣の群』という国会議員に対する不信を詠う長詩を発表した。また、晶子は婦人参政権を唱え、『婦選の歌』を作っている。この歌は山田耕筰作曲で第一回全日本婦選大会において披露された。

1937年8月13日の未発表の歌(2014年発見)では日中戦争の拡大を憂えるいて「秋風やいくさ初(はじ)まり港なるたゞの船さへ見て悲しけれ」。たゞの船とは民間の商船。横浜港で扇子にしたためたという[5]

晶子が34歳のとき『新訳源氏物語』を四冊本として出したが、拠り所とした北村季吟の『湖月抄』には誤りが多く、外遊の資金調達のために急ぎ、また、校訂に当たった森鴎外は『源氏物語』の専門家でないなど欠陥が多いものだった。そのため、一からやり直し、源氏54帖のうち最後の『宇治十帖』を残すまで書き上げたが、関東大震災のために文化学院にあった原稿が灰になってしまう。またも一からやり直し、さらに17年かけて6巻本『新新訳源氏物語』を完成させる。1938年(昭和13年)10月より刊行し、翌年9月に完結した。

評論家[編集]

晶子は日露戦争後から新聞や雑誌に警世の文を書くようになり、評論活動をはじめる。評論は、女性の自立論と政治評論に分類できる。教育問題なども評論している。

女性の自立論は、女性が自分で自己鍛錬・自己修養し、人格陶冶することを説いた。英米思想的な個人主義である。数学が大変得意であり、女性も自然科学を学ぶべきと主張した[6]

反良妻賢母主義を危険思想だと見る文部省は取り締まり強化に対し、妊娠・出産を国庫に補助させようとする平塚らいてうの唱える母性中心主義は、形を変えた新たな良妻賢母にすぎないと論評し、平塚らいてう、山田わからを相手に母性保護論争を挑んで「婦人は男子にも国家にも寄りかかるべきではない」と主張した。ここで論壇に登場した女性解放思想家山川菊栄は、保護(平塚)か経済的自立(与謝野)かの対立に、婦人運動の歴史的文脈を明らかにし、差別のない社会でしか婦人の解放はありえないと社会主義の立場で整理した。文部省の意向とは全く違う次元で論争は終始した。

政治評論については反共産主義、反ソ連の立場から論陣を張った。その論文の数は、20本を越える。『君死にたまふことなかれ』を前面に出してはいたが前述のように、一貫性がなく、当時『労農主義』として紹介されていたマルクス・レーニン主義も批判していた。

シベリア出兵を日本の領土的野心を猜疑され日露戦争の外債による国民生活の疲弊を再び起こす、と反対している。また、米騒動に関して『太陽』誌上に「食料騒動について」という文を書き、その中で当時の寺内正毅内閣の退陣を要求している。

晶子は『中央公論1919年(大正8年)5月号に「教育の国民化を望む」(単行本『激動の中を行く』にした時『教育の民主主義化を要求す』と改題)という文を書いている。各府県市町村に民選の教育委員を設けることを提案している。今の教育は「文部省の専制的裁断に屈従した教育」であるから、それを「各自治体におけるそれらの教育委員の自由裁量に一任」し、それによって「教育が国民自身のものとなる」と主張している。他にも、ヨーロッパの老婦人が若い婦人とさまざまの社会奉仕に努力する姿を見て、日本にも成人教育や社会教育の場を作るよう提言している。

文化学院の創立に加わり、のち文化学院女学部長に就任した。

著作・文献[編集]

自著[編集]

  • 定本 与謝野晶子全集 全20巻(講談社、1979年 - 1981年刊)
  • みだれ髪(新潮文庫)
  • みだれ髪 附=みだれ髪拾遺(角川文庫クラシックス)
  • 全訳源氏物語 上・中・下(角川文庫クラシックス)・大活字版『ザ・源氏物語』全文対訳(第三書館
  • 梗概源氏物語(武蔵野書院)鶴見大学文学部、池田利夫 編
  • 蜻蛉日記(平凡社ライブラリー)与謝野晶子 訳
  • 与謝野晶子歌集(岩波文庫
  • 与謝野晶子評論集(岩波文庫)
  • 愛、理性及び勇気(講談社文芸文庫 現代日本のエッセイ)
  • 女人創造 叢書 女性論(大空社)
  • 与謝野寛晶子書簡集成(八木書店)
  • 私の生ひ立ち(女性文庫/学陽書房竹久夢二 挿絵/(刊行社)
  • 童話 環の一年間(和泉書院
南海本線堺駅前の銅像

関連文献[編集]

  • 1954年 『晶子曼陀羅』佐藤春夫著、大日本雄弁会講談社。角川文庫、講談社文芸文庫ほか
  • 1957年 『与謝野晶子書誌』入江春行著、創元社
  • 1967年 『うたの心に生きた人々』茨木のり子著、さ・え・ら書房。ちくま文庫にも
  • 1967年3月 『どっきり花嫁の記 ――はは与謝野晶子』与謝野道子著、主婦の友社角川書店
  • 1968年3月 『与謝野晶子』福田清人、浜名弘子編、(清水書院『センチュリーブックス 人と作品』21)、清水書院
  • 1972年 『千すじの黒髪 わが愛の与謝野晶子』田辺聖子著、(『文春文庫』)、文藝春秋
  • 1981年1月 『与謝野晶子の秀歌』馬場あき子著、(『現代短歌鑑賞シリーズ』)、短歌新聞社。三一書房の馬場あき子全集にも
  • 1981年3月 『晶子の周辺』入江春行著、洋々社
  • 1981年7月 『みだれ髪の系譜』芳賀徹著、(『講談社学術文庫』)、講談社、初出は美術公論社
  • 1983年5月 『与謝野晶子の文学』入江春行著、(『近代の文学』13)、桜楓社
  • 1984年3月 『与謝野晶子 : 昭和五十九年春季特別展』堺市博物館編、堺市博物館
  • 1985年9月 『華の乱』永畑道子著、新評論
  • 1985年9月 『夢のかけ橋 晶子と武郎有情』永畑道子著、新評論。文春文庫も
  • 1986年9月 『山の動く日きたる 評伝与謝野晶子』山本千恵著、大月書店
  • 1988年10月 『姑の心、嫁の思い 義母・与謝野晶子との会話』与謝野道子著、PHP研究所
  • 1989年2月 『憂国の詩 : 鉄幹と晶子・その時代』永畑道子著、新評論。ちくま文庫にも
  • 1989年5月 『アメリカで与謝野晶子をうたえば』吉岡しげ美著、朝日新聞社
  • 1990年8月 『与謝野晶子研究 : 明治の青春』赤塚行雄著、學藝書林
  • 1990年10月 『与謝野晶子の教育思想研究』平子恭子著、桜楓社
  • 1991年4月 『与謝野晶子歌碑めぐり : 全国版』堺市博物館編、二瓶社
  • 1991年3月 『与謝野晶子 : その生涯と作品 没50年記念特別展』堺市博物館編、堺市博物館
  • 1991年6月 『与謝野晶子』河出書房新社編?、(『新文芸読本』)、河出書房新社
  • 1991年9月 『晶子と寛の思い出』与謝野光著、思文閣出版
  • 金子幸代『鴎外と〈女性〉』大東出版社、1992年。
  • 1992年3月 『与謝野晶子』尾崎左永子他著、大岡信編(『群像 日本の作家』6)小学館
  • 1992年7月 『恋むらさき : 小説・与謝野晶子』倉橋燿子著、(『mimiヤングガールズ・ブック』)、講談社
  • 1992年8月 『日本橋魚河岸と文化学院の思い出』金窪キミ著、卯辰山文庫
  • 1993年3月 『愛のうた : 晶子・啄木・茂吉』尾崎左永子著、創樹社
  • 1993年9月 『初恋に恋した女 : 与謝野晶子』南条範夫著、講談社。講談社文庫も
  • 1993年10月 『与謝野晶子 : 昭和期を中心に』香内信子著、ドメス出版
  • 1993年11月 『わが晶子わが啄木 : 近代短歌史上に輝く恒星と遊星』川内通生著、有朋堂
  • 1994年2月 『君死にたまふこと勿れ』中村文雄著、和泉書院
  • 1994年10月 『与謝野晶子研究 : 明治、大正そして昭和へ 決定版』赤塚行雄著、學藝書林
  • 1994年10月 『晶子讃歌』中山凡流著、沖積舎
  • 1995年4月 『与謝野晶子 年表作家読本』平子恭子著、河出書房新社
  • 1995年5月 『与謝野晶子を学ぶ人のために』上田博、富村俊造編、世界思想社
  • 1996年1月 『鉄幹と晶子詩の革命』永畑道子著、(『ちくま文庫』)筑摩書房
  • 1996年1月 『君も雛罌粟われも雛罌粟 : 与謝野鉄幹・晶子夫妻の生涯』上・下、渡辺淳一著、文藝春秋。文春文庫も
  • 1996年7月 『資料与謝野晶子と旅』沖良機著、武蔵野書房
  • 1996年9月 『山川登美子と与謝野晶子』直木孝次郎著、塙書房
  • 1996年11月 『女をかし与謝野晶子 : 横浜貿易新報の時代』赤塚行雄著、神奈川新聞社
  • 1997年1月 『絵画と色彩と晶子の歌 : 私の与謝野晶子』持谷靖子著、(『にっけんの文学・文芸シリーズ』)、にっけん教育出版社
  • 1997年9月 『火の色す : 富村俊造・与謝野晶子アカデミーの軌跡』与謝野晶子アカデミー百回記念誌編集委員会編、『山の動く日』の会
  • 1998年3月 『尾崎行雄 : 「議会の父」と与謝野晶子』上田博著、三一書房
  • 1998年7月 『チョコレート語訳 みだれ髪』俵万智訳、(『河出文庫』)、河出書房新社
  • 1998年7月 『與謝野晶子と周辺の人びと : ジャーナリズムとのかかわりを中心に』香内信子著、創樹社
  • 1998年7月 『与謝野晶子と源氏物語』市川千尋著、国研出版
  • 1998年10月 『與謝野晶子』渡邊澄子著、新典社
  • 1999年2月 『風呂で読む与謝野晶子』松平盟子著、世界思想社
  • 1999年7月 『おんな愛いのち : 与謝野晶子/森崎和江/ヘーゲル』園田久子著、創言社
  • 1999年8月 『与謝野晶子』渡辺澄子著、(『女性作家評伝シリーズ』)新典社
  • 2000年6月 『東西南北・みだれ髪』永岡健右・荻野恭茂 著、久保田淳 監修、(和歌文学大系 第26巻)、明治書院
  • 2000年  『与謝野晶子』新間進一著、(『短歌シリーズ・人と作品』4)おうふう
  • 2000年4月 『文に生きる絵に生きる : 与謝野晶子、ビアトリクス・ポター、リリアン・ヘルマン、いわさきちひろ』越水利江子、落合恵子、今関信子、松本由理子著、岩崎書店
  • 2000年10月 『与謝野寛・晶子 : 心の遠景』上田博著、嵯峨野書院
  • 2002年6月 『九州における与謝野寛と晶子』近藤晋平著(『和泉選書』)和泉書院
  • 2003年4月 『与謝野晶子 : 童話の世界』古沢夕起子著、嵯峨野書院
  • 2003年4月 『与謝野晶子とその時代 女性解放と歌人の人生』入江春行著、新日本出版社
  • 2003年6月 『与謝野晶子の歌鑑賞』平子恭子著、短歌新聞社
  • 2009年1月 『鉄幹晶子全集』1-26(全四十二巻予定)逸見久美ほか編、勉誠出版 
  • 2009年2月 『与謝野晶子』松村由利子著、中央公論新社

児童・子ども向け[編集]

  • 『きんぎょのおつかい』(架空社)高部晴市、与謝野晶子 著
  • 『与謝野晶子 女性の自由を歌った情熱の歌人』(学習まんが人物館/小学館)入江春行、漫画・あべさより
  • 『与謝野晶子』(学習漫画 世界の伝記NEXT/集英社)漫画・神宮寺 一 著

代表歌[編集]

  • 髪五尺ときなば水にやはらかき少女ごころは秘めて放たじ,みだれ髪
  • 清水へ祇園をよぎる桜月夜今宵逢ふ人みなうつくしき,みだれ髪
  • 柔肌の熱き血潮に触れもみで悲しからずや道を説く君,みだれ髪
  • 誰見ても親はらからのここちすれ地震をさまりて朝に至れば, 瑠璃光,今昔秀歌百選:選者:土屋博(日本オートスポーツセンター理事長)

その他[編集]

  聟(むこ)きませ一人は山の八峰(やつお)こえ一人は川の七瀬(ななせ)わたりて

  • 映画『華の乱』(1988年、東映京都製作所、深作欣二監督)は与謝野晶子の生涯を描く。吉永小百合が晶子を演じている。原作のひとつ『夢のかけ橋―晶子と武郎有情』(永畑道子著)は、晶子の有島武郎に対する仄かな恋心を探ったもの。
  • 1998年5月に生誕120周年を記念して堺市の南海本線堺駅西口に銅像が建てられた。
  • 財務大臣金融担当大臣経済財政政策担当大臣などを歴任した与謝野馨は晶子の孫にあたる。馨が3歳[7]の時、祖母・晶子が死去している。初めて衆議院議員選挙で落選し、浪人生活を送っているときに、祖母の詩集『みだれ髪』を復刻した。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「婦人と文学」宮本百合子
  2. ^ 『柵草紙』とその後継誌『めざまし草』は、いずれも森鴎外を中心にした同人誌。
  3. ^ 鴎外の紹介により、三越の事実上のオーナーである日比翁助から洋行費の補助として千円が贈与された。金子(1992)、295頁。
  4. ^ その中で鴎外は、「僕が特に言わなくてはならない事は無いだらう。併し樋口一葉さんが亡くなってから、女流のすぐれた人を推すとなると、どうしても此人であらう。晶子さんは何事にも人真似しない。個人性がいつも確かに認められる。(中略)序だが、晶子さんと並べ称することが出来るかと思ふのは、平塚明子さんだ。(下略)」と評した。ちなみに、与謝野鉄幹とも親交があった鴎外は、晶子が産んだ双子(七瀬、八峰)の名づけ親になっており、当時、母を亡くして落胆していた晶子に「婿きませひとりは山の八峰越えひとりは川の七瀬わたりて」という歌を送った。金子(1992)、288-289頁、299頁。
  5. ^ 入江春行によれば、「中国をやっつけろと盛り上がる世論の中で、悲しいと詠む歌は発表できなかったのだろう」という(東京新聞2014年7月12日)
  6. ^ 廣岡守穂「福祉と女性(3) 急進的フェミニスト・与謝野晶子の歌と思想」『白門』61巻9号、中央大学通信教育部、2009年9月、25頁。
  7. ^ 満3歳9か月

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

オンライン・テクスト
施設・団体など