川上貞奴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
かわかみ さだやっこ
川上 貞奴
川上 貞奴
本名 川上 貞(かわかみ さだ)
旧姓:小山
別名 小山 貞
生年月日 1871年9月2日
没年月日 1946年12月7日(満75歳没)
出生地 東京都日本橋
国籍 日本の旗 日本
民族 日本人
職業 女優
ジャンル 舞台
活動期間 1899年 - 1917年
配偶者 川上音二郎
備考
日本初の女優

川上 貞奴(かわかみ さだやっこ、本名 川上 貞(旧姓:小山)、明治4年7月18日グレゴリオ暦1871年9月2日) - 昭和21年(1946年12月7日)は、戦前日本女優

生涯[編集]

東京日本橋両替商・越後屋の12番目の子供として誕生。生家の没落により、7歳の時に芳町芸妓置屋「浜田屋」の女将、浜田屋亀吉の養女となる[1]。伝統ある「奴」名をもらい「貞奴」を襲名。芸妓としてお座敷にあがる。日舞の技芸に秀で、才色兼備の誉れが高かった貞奴は、時の総理伊藤博文西園寺公望など名立たる元勲から贔屓にされ、名実共に日本一の芸妓となった。

1894年、自由民権運動の活動家で書生芝居をしていた川上音二郎と結婚した。しかし当初は苦労も多く、音二郎の2度もの衆院選挙落選により資金難に陥る。1898年に2人は築地河岸よりボートに乗り、国外への脱出を図るという挙に出たこともある。この試みは失敗し、淡路島に漂着して一命を取り留めた。

舞台衣装を身にまとった貞奴

1899年、川上音二郎一座のアメリカ興行に同行したが、サンフランシスコ公演で女形が死亡したため(興行主から「女の役は女性がするべきで女形は認められない」と拒否されたためとも)急遽代役を務め、日本初の女優となった。ところが、公演資金を興行師に全額持ち逃げされるという事件が発生し、一座は異国の地で無一文の状態を余儀無くされた。一行は餓死寸前で次の公演先シカゴに必死で到着し、極限の疲労と空腹での鬼気迫る演技が(空腹で倒れたのを、何も知らない観客が演技だと勘違いしたのもあって)観客に大受けした。エキゾチックな日本舞踊と貞奴の美貌が評判を呼び、瞬く間に欧米中で空前の人気を得た。

1900年、音二郎一座はロンドンで興行を行った後、その同年にパリで行われていた万国博覧会を訪れ、会場の一角にあったロイ・フラー劇場において公演を行った(日本の事務局には許可願いを出していなかったという)。7月4日の初日の公演には、彫刻家ロダンも招待されていた。ロダンは貞奴に魅了され、彼女の彫刻を作りたいと申し出たが、彼女はロダンの名声を知らず、時間がないとの理由で断ったという逸話がある。8月には、当時の大統領エミール・ルーベが官邸で開いた園遊会に招かれ、そこで「道成寺」を踊った。踊り終えた貞奴に大統領夫人が握手を求め、官邸の庭を連れ立って散歩したという。こうして彼女は「マダム貞奴」の通称で一躍有名になった。

パリの社交界にデビューした貞奴の影響で、キモノ風の「ヤッコドレス」が流行。ドビュッシージッドピカソは彼女の演技を絶賛し、フランス政府はオフィシェ・ダ・アカデミー勲章を授与した。

1908年、後進の女優を育成するため、音二郎とともに帝国女優養成所を創立した。

1911年に音二郎が病で死去。遺志を継ぎ公演活動を続けるも、演劇界やマスコミの攻撃が激化。ほどなく貞奴は大々的な引退興行を行い、『日本の近代女優第一号』として舞台から退いた。

福澤桃介と

福澤諭吉の娘婿で「電力王」の異名をとった実業家・福澤桃介(旧姓 岩崎)との関係も話題を呼んだ。桃介との馴れ初めは1885年頃にさかのぼる。馬術をしていた貞が野犬に襲われるのを、学生だった桃介が制したことで2人は恋に落ちる。1年後、桃介は諭吉の二女・房と政略結婚。この後、貞奴と桃介は長い別離を挟む。しかし、女優を引退した後の貞奴は、再び悲恋の相手だった桃介と結ばれる。事業面でも実生活でも桃介を支え、仲睦まじく一生を添い遂げた。2人並んで公の場に姿を現し、桃介が手掛けた大井ダム工事の際も貞奴は赤いバイクを乗り回し、現場を訪れ、他の社員が尻込みする中を1人桃介について谷底まで向かったという。

1920年頃、2人は同居を始めた。2人が名古屋市内で住んだ邸宅は「二葉御殿」と呼ばれ、政財界など各方面の著名人が集うサロンとなった。現在は復元・移築され、「文化のみち二葉館」として再生している。

作家の長谷川時雨は、初老にさしかかった桃介と貞奴を見かけた折に「まだ夢のやうな恋を楽しんでいる恋人同士のやう」だと驚き、記している。

2人のロマンスは、1985年にNHK大河ドラマで『春の波涛』の名でドラマ化された。

1946年、膵臓癌により死去。享年75。その亡骸は、貞照寺に埋葬された。

年表[編集]

川上音二郎と

脚注[編集]

  1. ^ レズリー・ダウナー(木村英明訳) 『マダム貞奴―世界に舞った芸者』 集英社、2007年、ISBN 4087734587

関連書籍[編集]

文化のみち二葉館(旧川上貞奴邸)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]