蟹江敬三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
かにえ けいぞう
蟹江 敬三
本名 同じ
生年月日 1944年10月28日
没年月日 2014年3月30日(満69歳没)
出生地 日本の旗 日本 東京都江戸川区
死没地 日本の旗 日本 東京都新宿区
国籍 日本の旗 日本
民族 日本人
身長 172cm[1]
血液型 A型[1]
職業 俳優ナレーター
ジャンル テレビドラマ映画演劇
ナレーション
活動期間 1965年 - 2014年
配偶者 既婚(1968年 - 死去まで)
家族 栗田桃子(長女)
蟹江一平(長男)
主な作品
影の軍団III
スケバン刑事II 少女鉄仮面伝説
さすらい刑事旅情編II - VII』
鬼平犯科帳
ガイアの夜明け』(ナレーション)
葵 徳川三代
龍馬伝
あまちゃん

蟹江 敬三(かにえ けいぞう、1944年10月28日 - 2014年3月30日)は、日本俳優ナレーター。本名同じ。東京都江戸川区小松川町出身。身長172cm、血液型A型[1]。趣味はギターゴルフ、特技は殺陣東京都立新宿高等学校卒業。S&A企画所属。

長女は文学座所属の栗田桃子、長男は劇団青年座所属の蟹江一平

来歴[編集]

東京都立新宿高等学校に在学中、偶然に舞台に立った際の解放感をきっかけに俳優の道を志す。元々は引っ込み思案だったという[2]。卒業後、劇団青俳を経て、演出家蜷川幸雄らと、青俳を脱退した岡田英次らが立ち上げた「現代人劇場」へ移籍(1968年 - 1971年)。その後蜷川や石橋蓮司らと「櫻社」(1972年 - 1974年)を旗揚げする。演劇活動の一方、映画やテレビの時代劇刑事ドラマにも数多く出演する。その野性的な魅力は、日活ロマンポルノにおいて「強姦の美学」とまで讃えられた。

1980年代前半までは『Gメン'75』の望月源治役に代表される刑事ドラマの凶悪犯など、猟奇的でエキセントリック悪役としての出演が多かった。この頃は配役の影響もあって、息子である一平がいじめを受けたこともあった[3][4]

熱中時代 第2シリーズ』で、主人公と懇意にする巡査役で善人役を演じたことにより、それまでの役柄から転身する。続いて『影の軍団III』では千葉真一演ずる主人公・多羅尾半蔵の片腕的存在・竹林虎麻呂役、『スケバン刑事II 少女鉄仮面伝説』では主人公・麻宮サキ(五代陽子)らの一見気弱なクラス担任、実は暗闇指令の凄腕エージェント・西脇役、『鬼平犯科帳』では密偵・小房の粂八役など、善人役でレギュラー出演した。

そのほか『さすらい刑事旅情編』『早乙女千春の添乗報告書』『おとり捜査官・北見志穂』『京都地検の女』『龍馬伝』などの数々の作品に出演し、個性派俳優としてのポジションを確立していった。活動後期には悪役を演じることはほとんどなく、ベテラン刑事や気のいい頑固親父を演じることが多かった。2002年平成14年)から放送されている『日経スペシャル ガイアの夜明け』(テレビ東京)のナレーションを担当するなど、ジャンルを超えた活動をしていた。日本人俳優の屈指のバイプレーヤーでも知られた。

2013年12月末に末期の胃がんとの診断を受け、2014年1月から体調を崩して入退院を繰り返した。2月から仕事に復帰したが、3月17日に生前最期の仕事となった『日経スペシャル ガイアの夜明け』のナレーション収録後、3月19日に容体が急変して入院[5]。3月30日午前8時27分、東京都新宿区の病院で死去[6]。69歳没。

蟹江の突然の訃報を受けて、テレビ東京は『ガイアの夜明け』オフィシャルサイトにて追悼メッセージを掲載し[7]中村吉右衛門[8]松下由樹[9]能年玲奈[10]など故人とゆかりがあった人たちが追悼の辞を発表した。

テレビドラマの遺作は2014年4月5日に放送された『おとり捜査官・北見志穂18』(テレビ朝日、2013年12月収録)で、放送の際には番組冒頭及びエンディング場面の2回、追悼のテロップが流された。『日経スペシャル ガイアの夜明け』にてナレーターを務めたのは2014年3月18日放送分が最後となった[11]。また、追悼番組としてTBSテレビは予定を変更して4月14日の月曜ゴールデン枠にて『世直し公務員ザ・公証人11』を放映し[12]、NHK総合では4月18日深夜に『ひたむきな役者人生〜蟹江敬三さんをしのぶ〜』をそれぞれ放送した[13]

2014年5月13日、東京都の青山葬儀所でお別れの会が行なわれ、江口洋介渡辺謙能年玲奈水谷豊石橋蓮司松下由樹柄本明いしだあゆみ岸本加世子多岐川裕美佐野史郎國村隼香川照之中村吉右衛門角野卓造大泉洋前田敦子草彅剛椎名桔平山本未来榎木孝明塩谷瞬永島敏行市毛良枝高橋由美子斉藤由貴高畑淳子名取裕子ら700人が参列した。

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

レギュラー[編集]

NHK[編集]
日本テレビ[編集]
TBS[編集]
フジテレビ[編集]
テレビ朝日[編集]
テレビ東京[編集]

ゲスト・単発[編集]

NHK(ゲスト)[編集]
日本テレビ(ゲスト)[編集]
TBS(ゲスト)[編集]
  • 泣いてたまるか(#27「兄と妹」1967年)
  • ザ・ガードマン
    • (#288「女子高生スキャンダル殺人」1970年)
    • (#298「大人を恨みます! 17才の心中」1970年)
    • (#330「スリラー! ミイラ墓の女」1971年)
  • シークレット部隊(#20「暑い夜! 教師と生徒の狂った戦い」1972年)
  • ウルトラマンA(#16「夏の怪奇シリーズ 怪談・牛神男」1972年) - 高井(牛神男) 役
  • 赤い迷路(#1「突然に」1974年)
  • 夜明けの刑事
    • (#1「女の悲鳴」1974年)
    • (#13「サンタの乗っ取ったバス」1974年)
    • (#46「行先のない救急車!!」1975年)
    • (#73「ハンサム歌手の赤い殺意!!」1976年)
    • (#81「横須賀ストーリー殺人事件」1976年)
    • (104「やりますわョ!男と女の大追跡」1977年)
  • ウルトラマンレオ(#50「恐怖の円盤生物シリーズ! レオの命よ! キングの奇跡!」1975年) - 星人ブニョ 役
  • Gメン'75
    • (#13「バスストップ」1975年) - 遊佐 役
    • (#26「冬のヨット・ハーバーの殺人」1975年) - 北島 役
    • (#89「警視庁拳銃盗難事件」1977年)
    • (#110「警視庁宮ノ森交番のトリック」1977年) - 海老沢 役
    • (#146「マドリッド闘牛場の殺し屋」1978年) - 宮内 役
    • (#147「パリ行きスペイン特急」1978年) - 宮内 役
    • (#170「結婚サギ常習犯」1978年) - 森戸 役
    • (#189「危機一髪! お年玉爆弾カメラ」1979年) - 柴田 役
    • (#218「梟の森みな殺しの夜」1979年) - 徳永清一 役
    • (#232「幽霊殺人」1979年) - 関東連合チンピラ 役
    • (#248「警察の中に出た幽霊」1980年) - 赤間虎男 役
    • (#269「少年とギャングの自転車レース」1980年) - 岩館 役
    • (#276「夜囁く女の骸骨」1980年) - 望月源治 役(以降同役で単発出演)
    • (#285「満月の夜女の血を吸う男」1980年)
    • (#290「X'masカードの中の人骨」1980年)
    • (#296「雪の夜に悪魔が生んだ赤ん坊」1981年)
    • (#302「露天風呂に浮かんだ白い死体」1981年)
    • (#315「独房の中の花嫁」1981年)
    • (#326「闇の中の女子大生殺人」1981年)
    • (#351「幽霊の指紋」1982年) - 望月源治の双子の弟・柿崎源治 役
  • 光る崖(1977年)
  • ソープ嬢モモ子シリーズ1 - 5、8(1982年 - 1997年)
  • さよならを教えて(1983年)
  • 花田春吉なんでもやります(#8「野球部スキャンダル」1985年) - 町田 役
  • 好色一代男 世之介の愛して愛して物語(1986年)
  • 時代劇スペシャル・鳴門秘帖(1990年) - 阿波の殿様 役
  • 松本清張作家活動40年記念・西郷札(1991年) - 杉山卓二 役
  • 泣きたい夜もある(#16「出発(たびだち)」1993年)
  • 松本清張一周忌特別企画・或る「小倉日記」伝(1993年) - 白川慶一郎 役
  • 元旦特別企画・松本清張原作「天城越え」(1998年) - 田島刑事 役
  • ブラック・ジャック カルテIII(2001年) - 明石誠一郎 役
  • 月曜ゴールデン 探偵 左文字進シリーズ4(2001年) - 岩淵徹 役
  • 松本清張没後10年特別企画・死んだ馬(2002年) - 樋渡忠造 役
  • 猟奇的な彼女9回戦(2008年)
  • 世直し公務員 ザ・公証人8(2009年6月29日)
  • 塀の中の中学校(2010年10月11日)
  • 獣医ドリトル第2話(2010年10月24日)
  • 浪花少年探偵団第4話(2012年7月23日) - 西丸仙兵衛 役
フジテレビ(ゲスト)[編集]
テレビ朝日(ゲスト)[編集]
テレビ東京(ゲスト)[編集]
WOWOW(ゲスト)[編集]

映画[編集]

演劇[編集]

ナレーション[編集]

ラジオドラマ[編集]

アニメ[編集]

バラエティ[編集]

CM[編集]

シングルレコード[編集]

  • 「涼子」

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 蟹江 敬三 - プロフィール”. YAHOO! JAPAN 人物名鑑. 日本タレント名鑑. 2013年8月23日閲覧。
  2. ^ “引っ込み思案だった蟹江敬三 偶然立った舞台で役者の道志す”. (2014年1月10日). http://www.news-postseven.com/archives/20140110_234766.html 2014年5月21日閲覧。 
  3. ^ 追悼 涙なしには読めません「お前の父ちゃん、また人を殺したな」——いじめられる我が子を前に、父は言葉を呑んだ 名優・蟹江敬三「ごめんな、パパが悪役で」 (3/4)」、『現代ビジネス』、講談社2014年5月6日2014年5月24日閲覧。
  4. ^ 追悼 涙なしには読めません「お前の父ちゃん、また人を殺したな」——いじめられる我が子を前に、父は言葉を呑んだ 名優・蟹江敬三「ごめんな、パパが悪役で」 (4/4)」、『現代ビジネス』、講談社2014年5月6日2014年5月24日閲覧。
  5. ^ 蟹江敬三さん死の13日前「ガイア―」収録 日刊スポーツ 2014年4月6日
  6. ^ 蟹江敬三さん 胃がんで死去…年末から入退院繰り返す スポニチアネックス 2014年4月4日
  7. ^ 日経スペシャル ガイアの夜明け オフィシャルサイト テレビ東京 2014年4月19日時点のWEB魚拓キャッシュ
  8. ^ 中村吉右衛門ショック、蟹江さんと「鬼平犯科帳」で共演中村吉右衛門ショック、蟹江さんと「鬼平犯科帳」で共演 サンケイスポーツ 2014年4月5日閲覧
  9. ^ 松下由樹、蟹江さん遺作で共演「放送前に信じられない」 サンケイスポーツ 2014年4月5日閲覧
  10. ^ 蟹江敬三さん死去 能年玲奈「忠兵衛さんが、大好きです」 ORICON STYLE 2014年4月5日閲覧
  11. ^ 蟹江敬三さん死す…胃がん、早すぎる69歳 日刊スポーツ 2014年4月5日閲覧
  12. ^ 追悼…蟹江敬三さん『世直し公務員 ザ・公証人11』をアップしました。 TBSテレビ『月曜ゴールデン』オフィシャルサイト
  13. ^ 先日亡くなられた蟹江敬三さんをしのんで、特別番組「ひたむきな役者人生〜蟹江敬三さんをしのぶ〜」を放送します。 NHK広報局Twitter 2014年4月17日

外部リンク[編集]