オスカー・ワイルド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オスカー・ワイルド
Oscar Wilde
Oscar Wilde Sarony.jpg
1882年、ナポレオン・サロニー撮影
誕生 1854年10月16日
イギリスの旗 イギリス ダブリン
(現・アイルランド共和国の旗 アイルランド)
死没 1900年11月30日(満46歳没)
フランスの旗 フランス共和国 パリ
職業 作家
国籍 イギリスの旗 イギリス
活動期間 1878年 - 1899年
ジャンル 小説・詩・評論
代表作 ドリアン・グレイの肖像
サロメ
幸福な王子
処女作 『ラヴェンナ』
サイン Oscar Wilde Signature.svg
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

オスカー・フィンガル・オフラハティ・ウィルス・ワイルド(Oscar Fingal O'Flahertie Wills Wilde、1854年10月16日 - 1900年11月30日)は、アイルランド出身の詩人作家劇作家

耽美的・退廃的・懐疑的だった19世紀の旗手のように語られる。多彩な文筆活動をしたが、男色を咎められて収監され、出獄後、失意から回復しないままに没した。

生涯[編集]

ヴィクトリア朝時代のアイルランドダブリンに生まれた。古いプロテスタントの家柄で、祖父も父ウィリアムWilliam Wilde)も医師であった。母はジェーンJane Wilde)。父母ともに文才に富み、ジェーンは詩人で、サロンの主でもあった。幼少期は女子を欲していた母によって女子の格好をさせられていた。

1864年(10歳)、北アイルランド、エニスキレンEnniskillen)のポートラ王立学校(Portora Royal School)に学び、数学・科学・体育なども好み[要出典]1871年、古典語の最高賞を受けて卒業し、奨学金を得てダブリン大学トリニティ・カレッジへ進んだ。その後も、たびたび受賞し、給費生の資格を与えられた。

1874年(20歳)、オックスフォード大学モードリン・カレッジ(Magdalen College)に進学し、ジョン・ラスキンの講義を聴き、評論家ウォルター・ペイターのサロンの常連となり、『ルネッサンス』を勉強した。1875年、トリニティ・カレッジの恩師ジョン・マハフィー(John Pentland Mahaffy)に従ってイタリアに旅し、翌年もマハフィーとギリシャに遊んだ。

ロンドンに移り住んでいた母のサロンで、ホイッスラーバーン=ジョーンズアルマ=タデマロセッティらを知った。

1878年、長詩『ラヴェンナ』を刊行し、オックスフォード大学を首席で卒業した。特にギリシャ語に優れていた。フローレンス・バルコム(Florence Balcombe)への恋は破れた。1879年、ロンドンに出て、画家のフランク・マイルズ(Frank Miles)と住んだ。『恋人』だったのではと言われる。女優サラ・ベルナール、男優ヘンリー・アーヴィング(Henry Irving)らとつきあった。

(出版活動は、著作の項に年次順に記す)

1881年暮に出航し、翌年暮までアメリカ各地で講演をして稼ぎ、また、ロングフェローオリヴァー・ホームズホイットマンと知り合った。

アメリカ行きは、彼の派手すぎる芸術家気取りと身なりが遠因で、それをからかうウィリアム・ギルバート/アーサー・サリヴァンサヴォイ・オペラ、『忍耐、又はバンソーンの花嫁』(Patience, or Bunthorne's Bride)がイギリスで当たり、それをニューヨークで再演する前宣伝に、招かれたという[1]

帰途の1883年パリに滞在し、文学的知己を得ようとしたが、奇抜な服装だった為好かれなかった。1884年、女王付弁護士の娘コンスタンス・ロイド(Constance Lloyd)と結婚し、のちに2男をもうけた。

1886年(32歳)、15歳年下の少年、ロバート・ロス(Robert Ross)と親しくなった。1887年 - 1890年、雑誌『婦人世界』(The Woman's World)の編集者となって部数を伸ばし、派手な言動で社交界の人気者になった。

1891年、16歳年下の文筆家、アルフレッド・ダグラス卿と親しくなった。並行して出版は活発で、この年パリで『サロメ』をフランス語で執筆した。更に1894年にはダグラスの英訳の『サロメ』が出版された。この前後、ダグラスと共に各地に旅行した。

1895年(41歳)、息子を気遣う第9代クィンズベリー侯爵ジョン・ダグラス(John Douglas, 9th Marquess of Queensberry)と告訴を応酬して敗け、卑猥行為をとがめられて投獄され、さらに破産を宣告された。そして翌年母も亡くなった。1897年、獄中でダグラス宛、懺悔と反省の文を書き続けた。服役を終えたときロスが迎えた。そしてセバスチャン・メルモス(Sebastian Melmoth)の仮名で、ダグラスとフランスとイタリアの各地を転々とした。このとき世間からは既に見捨てられてしまっていた。

1898年、コンスタンス・ホランド(Holland)と変名していた妻がジェノヴァで脊柱の手術を受けて没したが、墓参したのは翌年、放浪の途中だった。

1900年初夏までさすらって、パリ6区のホテル『L'Hôtel』に泊り、梅毒による脳髄膜炎で亡くなった。46歳没。ワイルドの葬儀はロスやダグラスのほか数人だけの、淋しい葬儀であった。

墓碑は、パリのペール・ラシェーズ墓地にある。ジェイコブ・エプスタイン(Jacob Epstein)が1912年に彫った。股間を隠さない全裸の男性像は、旧法を盾に、作者やコンスタンティン・ブランクーシらが抗議するまでは、受け入れられなかった。[2]

彼の文業と生きざまは、世界中に影響を及ぼし、日本に限っても、森鴎外夏目漱石芥川龍之介谷崎潤一郎以降、訳書に記す翻訳者たちが、ワイルドを意識した。

語録[編集]

オスカー・ワイルド名言集世界傑作格言集)も参照

  • 「男は人生を早く知りすぎるし、女は遅く知りすぎる」
  • 「男は愛する女の最初の男になる事を願い、女は愛する男の最後の女になる事を願う」
  • 「男の顔はその人の自伝であり、女の顔はその人の創作である」
  • 「紳士とは決して知らずに人を傷つけない人である」
  • 「流行とは、見るに堪えられないほど醜い外貌をしているので、六ヶ月ごとに変えなければならないのだ」
  • 「不平や不満は人間にとっても、国、国家にとっても進歩の第一段階である」
  • 「人間は不可能を信ずる事が出来るが、ありそうもない事を決して信ずることは出来ない」
  • 「外見で人を判断しないのは愚か者である」
  • 「ほとんどの人間は他人である。思考は誰かの意見、人生は物まね、そして情熱は引用である」
  • 「うわさになるより悪いのは、うわさされないことだけである」
  • 「ありふれた富は盗めるが真の富は盗めない。人の心の中にはだれにも奪えないとほうもなく尊いものがある」
  • 「知る価値があることで人に教わることができるものはひとつもない」
  • 「自分らしくあれ。ほかの人の席はすでに埋まっているのだから」

著作[編集]

ニューヨークにて(1882年、ナポレオン・サロニー撮影)
『サロメ』挿絵(1893)
オーブリー・ビアズリー画)

※各項末尾のローマ数字は、『全集』青土社西村孝次訳、1988年 - 1989年)版の掲載巻。

  • 『ラヴェンナ』(Ravenna)(1878年)詩集、III
  • 『ヴェラ、実は虚無主義者たち』(Vera; or, The Nihilists)(1880年)悲劇、II
  • 『詩集』(Poems)(1881年)詩集
  • 『パドヴァ大公妃』(The Duchess of Padua)(1883年)悲劇、II
  • 『カンタヴィルの亡霊』(The Canterville Ghost)(1887年)短編小説、I
  • 『幸福な王子その他』(The Happy Prince and Other Tales)(1888年)第1童話集、III
    • 幸福な王子』/『ナイチンゲールとバラ』(The Nightingale and the Rose)/『わがままな大男』(Selfish Gyant)/『忠実な友』(The devoted Friend)/『素敵なロケット』(The Remarkable Rocket)
  • 『W. H. 氏の肖像』(The Portrait of Mr.W.H.)(1889年)、IV
  • ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray)(1890年)長編小説、I
  • 『アーサー・サビル卿の犯罪その他』(Lord Arthur Savile's Crime and Other Stories)(1891年)中短編小説集、I
    • 『アーサー・サビル卿の犯罪』(1887年)/『謎のないスフィンクス』(The Sphinx Without a Secret)(1887年)/カンタヴィルの亡霊(The Canterville Ghost(1887年)/『W.H. 氏の肖像』(The Portrait of Mr. W. H.)/『模範的百万長者』(The Model Millionaire)
  • 『社会主義下の人間の魂』(The Soul of Man under Socialism)(1891年)評論、IV
  • 『意向集』(Intentions by Oscar Wilde)(1891年)評論集、IV
    • 『芸術家としての批評家』(The Critic as Artist)/『嘘の衰退』(1889年)(The Decay of Lying)/『ペン、鉛筆と毒薬』(Pen, Pencil and Poison)(19世紀英国の画家・批評家・毒殺魔、 トーマス・グリフィス・ウェインライトの小伝。義妹を保険金目当てで殺害しておきながら、動機は彼女の足首が太かったからと、ウェインライトが囚人仲間に吹聴したと書かれている)/『仮面の真実』(The Truth of Masks)
  • 『ザクロの家』(A House of Pomgranates)(1891年)第2童話集、III
    • 『若い王』(The Young King)/『王女の誕生日』(The Birthday of the Infanta)/『漁師とその魂』(The Fisherman and His Soul)/『星の子』(The Star-Child)
  • サロメ』(Salomé)(1893年)詩劇、III
  • 『裁きの家』(The House of Judgement)(1893年)散文詩、III
  • 『ウィンダミア婦人の扇』(Lady Windermere's Fan)(1893年)喜劇、II
  • 『スフィンクス』(The Sphinx)(1894年)詩集
  • 『つまらぬ女』(A Woman of No Importance)(1894年)喜劇、II
  • 『青年のための成句と哲学』(Phrases and Philosophies for the Use of the Young)(1894年)箴言[1]、III
  • 理想の夫』(An ideal Husband)(1895)戯曲、II
  • 真面目が肝心』(The Importance being Earnest)(1895年)喜劇、II
  • 『レディング牢獄の唄』(The Ballad of Reading Gaol)(1898年)詩、III

没後

  • 『獄中記』(The Profundis)(1905年)書簡、VI
  • 『オスカー・ワイルド書簡集』(The Letters of Oscar Wilde)(2000年)
  • 『全集』(The First collected Edition of the Works of Oscar Wilde)(1908年 - 1922年)

日本語訳[編集]

全集[編集]

  • 『オスカー・ワイルド全集 I〜VI』(西村孝次訳、青土社、1988年 - 1989年)。全6巻の内容は第1巻:小説/第2巻:劇/第3巻:詩・詩劇・童話・箴言/第4巻:批評・芸術論/第5巻:随筆・講演・時評・評論/第6巻:『獄中記』、『ダグラスへの手紙』、『ロスへの手紙』
    • なお『オスカー・ワイルド全集』は、1970年代に出帆社で、西村孝次等の訳により2・3・4・9巻のみ出版された。

文庫判・単行本[編集]

主に著名訳か、刊行の新しい訳に限った。

ギャラリー[編集]

出典[編集]

  • 平井博:『オスカー・ワイルドの生涯』、松柏社(1989)ISBN 9784881988848
  • 「西村孝次訳、オスカー・ワイルド全集3、青土社(1980)」の巻末の、『年譜』
  • 「西村孝次訳、オスカー・ワイルド全集5、青土社(1981)」の巻末の、『書誌』
  • 「新潮世界文学辞典 増補改訂版、新潮社(1990)ISBN 9784107302090」の中の、小松原茂雄:『ワイルド』
  • 「集英社世界文学辞典、集英社(1992)ISBN 9784081430079」の中の、富士川義之:『ワイルド』

脚注[編集]

  1. ^ 福田恒存訳『サロメ』(岩波文庫、改版2000)の訳者解説
  2. ^ 中原佑介:『ブランクーシ』、美術出版社(1986)ISBN 9784568201161

関連項目[編集]

外部リンク[編集]