アーサー・コナン・ドイル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アーサー・コナン・ドイル
Arthur Conan Doyle
Conan doyle.jpg
アーサー・コナン・ドイル
誕生 Arthur Ignatius Conan Doyle
1859年5月22日
スコットランドの旗 スコットランドエディンバラ
死没 1930年7月7日(満71歳没)
職業 作家
眼科医
国籍 イギリスの旗 イギリス
活動期間 1884年 - 1930年
ジャンル 推理小説
怪奇小説
主題 歴史小説
代表作 緋色の研究』(1887年
四つの署名』(1890年
バスカヴィル家の犬』(1901年
失われた世界』(1912年
恐怖の谷』(1914年
処女作 『J・ハバクック・ジェフソンの証言』(1884年)
サイン Arthur Conan Doyle Signature.svg
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

サー・アーサー・コナン・ドイル英語: Sir Arthur Conan Doyle、本名:Arthur Ignatius Conan Doyle1859年5月22日 - 1930年7月7日)はイギリススコットランドエディンバラ生まれの小説家で、推理小説歴史小説SFを多く著した。1902年8月9日に下級勲爵士 (Knight Bachelor)に叙せられた[1][2]

概要[編集]

『シャーロック・ホームズ』シリーズに登場する史上最高の名探偵シャーロック・ホームズを生み出した事で知られ、エドガー・アラン・ポーとともに現代の推理小説の生みの親とされている。

現実社会でもジョージ・エダルジ事件英語版[3]オスカー・スレイター事件被疑者の無実を主張し、冤罪を晴らすために力を尽くした。また、冤罪を防ぐために刑事事件の控訴院を設立することに尽力した。

SF分野では『失われた世界』、『毒ガス帯英語版』などチャレンジャー教授が活躍する作品群を、また歴史小説でも『白衣の騎士団英語版』、『勇将ジェラールの回想英語版』などを著している。

年譜[編集]

1859年、スコットランドの首都・エディンバラで、イングランド生まれの役人の父とアイルランド人の母の間に生まれた。父方の祖父・ジョンJohn Doyle)はダブリンで生まれロンドンに出て"H.B."の筆名で著名な風刺画家となり、伯父のリチャード・ドイルRichard Doyle)はイラストレーターで、ドイル家はアイルランド系で芸術の職につくものが多かった。

イエズス会系のインデペンデント・スクールであるストーニーハースト・カレッジStonyhurst College)に学んだが、学校を離れた1875年キリスト教を拒絶して不可知論者となった。その後1876年から1881年にかけてエディンバラ大学医学を学んだ。この時、アストン(Aston:現在はバーミンガムの一地域となっている)の町で外科医師の助手として働いている。この頃、古典文学の廉価版の古本やエミール・ガボリオエドガー・アラン・ポーの作品を愛読した[4]。父親がアルコール依存症により精神病院に入院したため、在学中に北氷洋行きの捕鯨船に船医として8箇月程乗り込み、弟妹の多い一家の家計を支えた。

級友より数箇月遅れて22歳で大学を卒業した後はアフリカ航路の荷物汽船の船医として3ヶ月程働く。山師の気を持つ級友とプリマスで診療所を共同経営したが喧嘩別れした。その後1882年ポーツマス市のサウスシーSouthsea)地区に眼科を専門とする診療所を開いた。診察所は振るわず、患者を待つ間に小説を書き三文雑誌へ送ったが、その度に返却され終いには切手代すらも怪しくなった。 なお「そのころ、現在フットボールリーグ・チャンピオンシップに属しているポーツマスFCの創設時に同チームに所属しており、初代ゴールキーパーを務めていた」と広く信じられているが、実際に所属していたのはポーツマスFCとは別のポーツマスAFCというクラブで、このクラブはポーツマスFCが結成される4年前に解散している。

1884年、『J・ハバクック・ジェフソンの証言』(J.Habakuk Jephson's Statement)という1872年のメアリー・セレスト号(Mary Celeste)乗組員失踪事件に基づいたフィクションであるマリー・セレスト号(Marie Celeste)事件についての短編小説が『コーンヒル・マガジン』(Corn-hill Magazine)1月号に匿名で投稿掲載され評判になる(この小説のためメアリー・セレスト号失踪事件がマリー・セレスト号と誤った名称のまま有名となる)。

1885年、患者の姉であったルイーズ・ホーキンズと結婚した。彼女は結核のために1906年に死去した。ドイルはその後1897年の出会いのときに一目ぼれをしたものの、妻を気遣って精神的なかかわりをもち続けていたジーン・リッキー1907年に再婚した。

1887年クリスマス、最初のシャーロック・ホームズシリーズである『緋色の研究』が『ビートンクリスマス年鑑』に発表された。あちこちの出版社から断られ続けた挙句ワード・ロック社と25ポンドで著作権買取という条件にて世に出た作品である。発表後はしばらく売れずドイルはもうホームズ物は書くまいと考えていたが、アメリカの雑誌リピンコット・マガジンからの依頼を受けて書いた『四つの署名』がリピンコット・マガジン1890年2月号に掲載されるとホームズは莫大な人気を博した。だが、ドイル自身は自らの歴史小説やSF物のほうに価値を感じ、シャーロック・ホームズシリーズを快くは思っていなかった。『白衣の騎士団』のような中世の騎士道を描きたかったといわれる。

1890年、ドイルはウィーン眼球の研究をし、翌1891年にロンドンへ移り、眼科専門医として診療所を開いたが、患者が訪れない暇を執筆時間に充てた。ドイルは医者を止めて作家として暮らしを立てていくことを決心したが、作者が望む以上のホームズ人気の高まりに、同年11月の母親への手紙で「僕はホームズの殺害を考えている……そして彼を永久に消してしまいたい。ホームズは僕の心をよりよいものから取り払ってしまった」と書いた。1893年に「悪の組織の首魁」として登場させたモリアーティ教授と共に『最後の事件』でスイスライヘンバッハの滝壷へとホームズを突き落としてしまった。しかし読者はホームズの復活を声高に要求した。「ホームズの死」を悼んでこれ見よがしに喪章を着けて外出する熱狂的読者もいたという。これに押された作者ドイルはホームズが日本の「バリツ」という武術を用いてモリアーティを滝壷へ突き落とし、自身はモリアーティの手先から逃れるために身を隠し、辛くも助かったことにして復活させた(『空家の冒険』冒頭部)。モリアーティは母親メアリのスペルをもじったもので、ドイルが母親のことを快く思っていなかったことの表れとも言われている。

シャーロック・ホームズは結局、56の短編と4つの長編に登場した。最終作『最後の挨拶』で引退した事になっている。ドイルを最も有名たらしめたホームズシリーズではあるが、その甚大な人気のゆえに実際の事件がドイルのもとへ持ち込まれたり、時にはドイル自身が名探偵と思い込まれることもあり、随分閉口させられたようである。またある日、ビリヤードにドイルが遊びに行った際、謎の客からキューを贈られ、それを使用しているうちにキューが壊れ、中空になっていたキューの中から「アルセーヌ・ルパンからシャーロック・ホームズへ」と書いた紙が出てくるという手の込んだイタズラがあったという。なお、ホームズシリーズには多くの矛盾が存在することも知られ、大部分はストランド・マガジン誌上で発表されているが、ドイルはそれらに気付いていながらも敢えて書き直しをすることはせずに、読者にその穴を探させたりするという方針を採っていた。

19世紀20世紀世紀転換点の時期に南アフリカで起こり、世界中からイギリスによる露骨な帝国主義的行動に非難が集中したボーア戦争に従軍し、『南アでの戦争:原因と行為』と題された小冊子を執筆した。この冊子は他国でも広く翻訳出版されることとなった。この冊子の功績により、1902年イングランド南部のサリー副知事に任命され、また同年に下級勲爵士に叙せられた。したがって「サー」の称号はホームズシリーズの功績とは無関係である。20世紀初頭に、彼はエディンバラとボーダー・バラズの議員にそれぞれ立候補した。かなりの票を得たが、いずれも落選した。

1903年、『勇将ジェラールの冒険』(Adventures of Gerard)を執筆。1912年、『失われた世界』(The Lost World)というチャレンジャー教授、ロクストン卿、マローン記者らが猿人恐竜と遭遇する小説を執筆。後に同一登場人物シリーズで『毒ガス帯』、『霧の国』を出版。

晩年は、第一次世界大戦での息子キングスリーの死もあってか、心霊学に傾倒し英国心霊現象研究協会会員となるが、科学的すぎるとして脱退。交霊会や心霊学の講演、それに関する執筆などを行ない、「心霊主義聖パウロ」の異名を取った。そして、コティングリー妖精事件において大失態を演じてしまった。

1948年、短編の遺稿が発表された。

エピソード[編集]

  • 上記の通り、ホームズシリーズの高すぎる人気とホームズを実在する人物のように扱われることにうんざりしていたという。
  • あまり知られていないが世界最初のボディビル・コンテストに、審査員の一人として参加した。
  • 出身地であるエディンバラには、「コナンドイル」という店名のパブがある。
  • 2006年5月22日には彼の誕生日を記念し、一日限定で検索サイト『google』のロゴになった。ロゴには彼の有名作品「シャーロック・ホームズ」シリーズに登場する架空の探偵、シャーロック・ホームズのシルエットや足跡、街灯があしらわれたものであった。
  • コナン・ドイルは、一時期ポーツマスに住んでいた事があり、ポーツマスAFCというフットボールクラブの初代正ゴールキーパーであった。ただしポーツマスAFCはポーツマスFCとの直接の繋がりは無い(ポーツマスAFCは1894年に解散しており、ポーツマスFCが結成されるのは1898年である)。とはいえ、ポーツマスFCのサポーターを含むイングランドのサッカー・ファンの間では、「ポーツマスの初代ゴールキーパーはアーサー・コナン・ドイル」であると広く信じられている。

家族[編集]

妻は、先妻のルイーズと、後妻のジーン。子供は全部で5人。ルイーズとの間に、長女マリー・ルイーズと長男アーサー・アレイン・キングスレイ。ジーンとの間に、次男デニス・パーシー・スチュワート(グルジア貴族の娘と結婚し、アメリカでの派手な暮らしで破産同然となる)、三男エイドリアン・マルコム(レーサー探検家)、次女ジーン・レナ・アレット(幼いころから父親の心霊スポット行脚の旅に同行し、両親の死後、イギリス空軍の軍人になり、定年まで勤め上げる。夫も軍人)。三男のエイドリアンは、ジョン・ディクスン・カーの協力を得て、ホームズ・シリーズの続編をいくつか出版した。次男と三男は父親の財産で放蕩の限りを尽くし、父親の版権相続を巡って一族内で裁判沙汰が絶えなかった。1997年に次女で末娘のジーンが亡くなったことで、コナンドイルの直系の子孫は断絶した[5]

ドイル作品の版権は次男の死後、三男に引き継がれたが、その一部は、次男の未亡人による裁判によって未亡人のものになったが、彼女の経済的破綻によりロイヤルバンク・オブ・スコットランドのものとなり、その後 個人に売却された[6]1980年にドイルの版権は英国のパブリック・ドメインになったが、アメリカでは著作権法により2023年まで保護されることになり、次女のジーンに引き継がれた。ジーンの死亡後は、その遺言により王立盲人協会に譲渡されたが、のちにドイル家の傍系の相続人に売却された[7]

著作[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「コナン・ドイル」川村幹夫著、講談社現代新書、1991年
  2. ^ ドイルは、ボーア戦争における功績によりKnight Bachelor に叙せられ、Sir Arthur Conan Doyle または Sir Arthur と呼ばれる資格を得た。日本語の文献で「アーサー・コナン・ドイル卿」という表記がされることがあるが、『卿 Lord 』 は貴族(男爵 Baron 以上、慣例として準男爵 Baronet 以上)に用いられる敬称であるので、「サー・アーサー・コナン・ドイル」の表記が正しい。「敬称#英語の敬称」の Sir の項を参照。
  3. ^ The George Edalji Case
  4. ^ 新潮文庫 シャーロック・ホームズの冒険(訳者 延原謙
  5. ^ Obituary: Air Commandant Dame Jean Conan Doyle, The Independent 22 November 1997
  6. ^ Sir Arthur Conan Doyle Literary Estate
  7. ^ For the Heirs to Holmes, a Tangled Web, The New York Times, January 18, 2010

参考文献[編集]

外部リンク[編集]