ペール・ラシェーズ墓地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ペール・ラシェーズ墓地の入口
丘の上から墓地を見下ろす

ペール・ラシェーズ墓地 (ペール・ラシェーズぼち、Cimetière du Père-Lachaise) は、フランスパリ東部にある墓地エディット・ピアフショパンビゼーポール・デュカスプルーストマリア・カラスモディリアーニ等の世界的な著名人の墓が多くあることで知られている。

概要[編集]

ペール・ラシェーズ墓地の正式名称は、東墓地(cimetière de l'Est )である。パリ最大の墓地であり(ただし、パリ郊外にはもっと大規模の墓地もある)、パリ東部の20区に位置している。ペール・ラシェーズは、世界で最も有名な墓地の一つである。年間数10万人以上の人々が、過去200年以上に亘りフランスの文化や歴史に名を残した人々の墓に参るため訪れるという、世界で最も訪問者の多い墓地だという人もある。ここには、5度の大きな戦争の記念碑もある。

ペール・ラシェーズ墓地は、メニルモンタン大通りBoulevard de Ménilmontant)沿いにあり、地下鉄のメトロ2号線フィリップ・オーギュスト駅が最寄り駅である。2号線と3号線ペール・ラシェーズ駅があるが、こちらは正面ではなく側面の入り口に500m程の距離があり、分りにくい(なお、多くの観光客は3号線のガンベタ駅を利用している。これはオスカー・ワイルドの墓所に近道になることと、墓地の入り口まで坂道を下っていくということで距離が苦にならないということもある。)。

埋葬されている著名人[編集]

ギャラリー[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯48度51分36秒 東経2度23分46秒 / 北緯48.860度 東経2.396度 / 48.860; 2.396