ヴィルジニア・オルドイーニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カスティリオーネ伯爵夫人

ヴィルジニア・オルドイーニ(Virginia Oldoini, 1837年3月22日 - 1899年11月28日)は、フランス皇帝ナポレオン3世の愛妾。カスティリオーネ伯爵夫人の称号を持ち、フランスではラ・カスティリオーヌ(La Castiglione)と呼ばれた。サルデーニャ宰相カミッロ・カヴールが送り込んだスパイでもあった。

生涯[編集]

フィレンツェに生まれ、若くしてカスティリオーネ伯と結婚し、1子をもうけた。従兄にあたるカヴールにより依頼され、1855年にフランスへ向かい、ナポレオン3世にサルデーニャとの同盟関係を結ぶことを承知させたといわれる。イタリア生まれの寵姫カスティリオーネの名前が醜聞となることで、夫とは離婚に等しい状態となった。ナポレオン3世との関係が続く間、彼女は宮廷の王族らに接触することができた。ヴィルジニアは『神々しい美』とうたわれ、宮廷で着る服装が常に話題を呼んだ。画家や写真家のモデルとなり、多くの写真を残している。

1857年、ヴィルジニアはナポレオン3世と別れてイタリアへ帰国した。4年後の1861年、イタリア王国建国の年に、彼女はフランスへ戻った。フランスが敗北した直後の1871年、彼女は秘密裡にやってきていたプロイセン宰相ビスマルクと会見し、プロイセンの占領下でもパリが自由でいられるよう交渉している。ヴィルジニアは、残りの人生をヴァンドーム広場に面したアパルトマンで暮らした。その部屋は、きっちりブラインドが下げられ、葬式のように黒く塗られ、鏡は全て曇っていた。自身が美と若さを失ったことを人に知られたくなかったのである。彼女は夜にならないと外出しないのだった。ヴィルジニアは62歳で死んだ。