舞踏会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウィリアム・ホガース、『舞踏会』、1745年
ヴィルヘルム・ゴーズ、『ホーフブルクの宮中舞踏会』、1900年。ホーフブルク宮殿で行われた舞踏会で、オーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフ1世の周囲に貴族たちが集まる

舞踏会(ぶとうかい、ball)は西洋における正式なダンスパーティーである。英語の「ball」はこうした舞踏会で踊られる正式なダンス(ボールルームダンス社交ダンス、民衆のダンスであるフォークダンスとは対をなす)のことも指す。この語はラテン語で「踊る」を意味する「ballare」に由来している(スペイン語ポルトガル語では「ballare」は「bailar」に変化している)。

17世紀から18世紀にかけて、宮廷舞踏会はヨーロッパ諸国の宮廷で典礼、儀式などの機会に開催された。こうした場でのダンスは社交界に必須のものとしてイギリス社交ダンスとして大成された。

参加者は燕尾服イブニングドレスなどの夜会服を着て舞踏会に参加する。招待の際にはホワイトタイ(正式な礼服、男性は燕尾服・女性はボールガウン)やブラックタイ(準礼服、タキシード等)のドレスコードが指定される。

舞踏会の種類[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]