アウグスタ・フォン・ザクセン=ヴァイマル=アイゼナハ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ザクセン=ヴァイマル=アイゼナハ大公女/ドイツ皇后・プロイセン王妃アウグスタ

アウグスタ・フォン・ザクセン=ヴァイマル=アイゼナハ(Augusta von Sachsen-Weimar-Eisenach, 1811年9月30日 - 1890年1月7日)は、ザクセン=ヴァイマル=アイゼナハ大公国の王族。ザクセン=ヴァイマル=アイゼナハ大公カール・フリードリヒの次女で、プロイセン王およびドイツ皇帝ヴィルヘルム1世の妃となった。全名はマリー・ルイーゼ・カタリーナ・アウグスタMarie Luise Katharina Augusta)。

1811年9月30日カール・フリードリヒとその妃であったロシア帝国皇帝パーヴェル1世の皇女マリア・パヴロヴナの間に第三子としてヴァイマルで生まれた。1829年、プロイセン王フリードリヒ・ヴィルヘルム3世の次男であったヴィルヘルム王子と結婚し、2人の間には1男1女が生まれた。しかし、夫ヴィルヘルムは相思相愛の許嫁だったエリザ・ラジヴィウヴナとの結婚を政治的思惑から許されず、やむなくアウグスタを妃に選んだ事情があり、結婚生活は不幸だった。

子女[編集]

関連項目[編集]


先代:
-
ドイツ皇后
1871 - 1888
次代:
ヴィクトリア
先代:
エリーザベト・ルドヴィカ
プロイセン王妃
1861 - 1888
次代:
ヴィクトリア