フリードリヒ3世 (ドイツ皇帝)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フリードリヒ3世
Friedrich III.
ドイツ皇帝・プロイセン王
Friedrich III, Deutscher Kaiser.jpg
皇太子時代のフリードリヒ3世
在位 1888年3月9日 - 1888年6月15日
全名 フリードリヒ・ヴィルヘルム・ニコラウス・カール・フォン・プロイセン
出生 1831年10月18日
Flag of the Kingdom of Prussia (1803-1892).svg プロイセンポツダム新宮殿
死去 1888年6月15日(満56歳没)
ドイツの旗 ドイツ帝国ポツダム新宮殿
埋葬  
ドイツの旗 ドイツポツダム平和教会
配偶者 ヴィクトリア・フォン・ザクセン=コーブルク・ウント・ゴータ
子女 ヴィルヘルム2世
シャルロッテ
ハインリヒ
ジギスムント
ヴィクトリア
ヴァルデマール
ゾフィー
マルガレーテ
王家 ホーエンツォレルン家
王室歌 皇帝陛下万歳(非公式)
父親 ヴィルヘルム1世
母親 アウグスタ・フォン・ザクセン=ヴァイマル=アイゼナハ
テンプレートを表示

フリードリヒ3世Friedrich III.Friedrich Wilhelm Nikolaus Karl1831年10月18日 - 1888年6月15日)は、第8代プロイセン王・第2代ドイツ皇帝(在位:1888年3月9日 - 1888年6月15日)。自由主義者で国民には「我らがフリッツ」と呼ばれて親しまれたが、父ヴィルヘルム1世ビスマルクには疎んじられ、政治的影響力を持つことはなかった。在位わずか3ヶ月(99日)で死去したため「百日皇帝」ともあだ名される。

生涯[編集]

フリードリヒ3世は1831年10月18日、ヴィルヘルム1世とその妃アウグスタとの間に生まれた。ポツダムの新宮殿内ではフローリ王 (Froliking) と呼ばれていた。両親は互いに正反対の性格だが、父ヴィルヘルム1世の軍人らしい質実剛健な気質と、母アウグスタの貴族的で洗練された性格の両方を、フリードリヒは受け継いでいた。フリードリヒは母の勧めでボン大学で歴史学・文学・法学を学んだ。一方、父は軍務を強いて、ホーエンツォレルン家の伝統で第一軍司令官大モルトケのもとで王朝伝統の軍事学を若い頃から学ばせた。彼はそのどちらからもよく学んでいる。その為、非常に優秀で英語とフランス語に堪能であり、ラテンの歴史学・地理学・物理学・宗教学・音楽に詳しかった。

1851年、モルトケの助言に従ってロンドン万国博覧会に赴き、そこでヴィクトリア女王の長女でヴィッキーと呼ばれるヴィクトリア王女と知り合った。1858年1月25日、陸軍中将になっていたフリードリヒとヴィッキーはベルリンで結婚した。2人はヴィルヘルム2世ら全部で8人の子をもうけた。

1862年、保守的なヴィルヘルム1世が軍の指導権に関する問題で議会の反対に遭い、フリードリヒへの譲位を望む声が高まった。フリードリヒ3世は妃ヴィッキーの影響もあって、自由主義的だと広く知られていたためだった。しかし父ヴィルヘルム1世は駐フランス大使ビスマルクを宰相とし、その手腕を借りて議会の反対を乗り切ったため、フリードリヒは皇太子の位に留まった。

フリードリヒはその平和主義にも関わらず、軍人としての有能さを示し、1866年の普墺戦争におけるケーニヒグレーツの戦い(サドワの戦い)や、1871年の普仏戦争におけるセダンの戦いでは、プロイセンの勝利のために重要な役割を果たした。普墺戦争の際にはプール・ル・メリット勲章戦功章、普仏戦争の際には大鉄十字章を叙勲している。政治的な影響力を行使することはあまりなかったが、対立していたビスマルクのドイツ統一政策も理解し、帝位に就くことを渋るヴィルヘルム1世に戴冠を勧めている。

国民は自由主義的で有能な皇太子に期待を寄せ、親しみを込めて「我らがフリッツ」と呼んだが、ヴィルヘルム1世の長寿によりフリードリヒは皇太子のまま老い、1888年3月9日に即位した時はすでに56歳だった。しかも前年患った喉頭癌によって蝕まれた彼は、プロイセンの宮廷医師団と義母であるヴィクトリア女王が差し向けたイギリスの医師団との勢力争いによって適切な治療を受けることもできなかった。医師団の小競り合いが続くなか余命幾何もない彼の病状は進み、政治的にも何ら為すところがなかった。1888年6月15日、即位からわずか99日でフリードリヒ3世は崩御し、皇太子ヴィルヘルム2世が後を継いだ。

子女[編集]

妃ヴィクトリア

妃のヴィクトリアとの間には以下の四男四女が生まれた。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

先代:
ヴィルヘルム1世
プロイセン王ドイツ皇帝
1888年
次代:
ヴィルヘルム2世