コンスタンティノス1世 (ギリシャ王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コンスタンディノス1世
Κωνσταντίνος Α΄
ギリシャ国王
Constantine I of Greece.jpg
コンスタンディノス1世
在位 1913年3月18日 - 1917年6月11日
1920年12月19日 - 1922年9月27日
全名 Κωνσταντίνος
コンスタンディノス
出生 1868年8月2日
ギリシャの旗 ギリシャ王国アテネ
死去 1923年1月11日(満54歳没)
イタリア王国の旗 イタリア王国パレルモ
埋葬 1936年11月22日
ギリシャ王国の旗 ギリシャアッティカタトイ宮殿
配偶者 ソフィア・ティス・プロシアス
子女 ゲオルギオス2世
アレクサンドロス1世
エレーニ
パウロス1世
イリニ
エカテリニ
王家 グリクシンブルグ家
父親 ゲオルギオス1世
母親 オルガ・コンスタンティノヴナ・ティス・ロシアス
宗教 キリスト教正教会
テンプレートを表示

コンスタンディノス1世ギリシャ語: Κωνσταντίνος Α΄, ラテン文字転写: Konstantinos I1868年8月2日 - 1923年1月11日)は、ギリシャ国王(在位:1913年3月18日 - 1917年6月11日1920年12月19日 - 1922年9月27日)。

生涯[編集]

ギリシャ国王ゲオルギオス1世の長男として1868年アテネで生まれた。母はロシア大公女オリガ・コンスタンティノヴナ

1896年に王太子として、アテネで開催された第1回近代オリンピックの実行委員会を指揮した。オリンピックのマラソン競技でパナシナイコスタジアムに地元ギリシャのスピリドン・ルイスが先頭で入ってきた際には、大喜びで弟のゲオルギオス王子とともに最後の200mを伴走した[1]1897年希土戦争1912年第一次バルカン戦争ではギリシャ軍の司令官に任命された。

1913年にテッサロニキで父が暗殺されると王位を継ぎ、コンスタンディノス1世として即位した。翌1914年には第一次世界大戦が勃発した。ドイツで教育を受け、プロイセンの陸軍士官学校で学び、ドイツ皇帝ヴィルヘルム2世の妹ゾフィーと結婚したコンスタンディノス1世は、中央同盟国に対してより親密感を抱いていた。

始めは短期戦で終わると予想されていた戦争が長期化の様相を呈してくると、コンスタンディノス1世はどちらの陣営に味方するのかという困難な選択を迫られた。民衆から支持を集めていた時の首相ヴェニゼロス連合国を支持しており、地中海の覇権を握っているのは連合国であったことから、コンスタンディノス1世はやむなく中立を選択した。

連合国側がガリポリの戦いに敗れると、コンスタンディノス1世は1915年10月、ヴェニゼロスを解任し、自身の意のままになる人物を首相に任命した。解任されたヴェニゼロスはテッサロニキにおいて連合国の支持のもと暫定革命政府を組織、コンスタンディノス1世と対立した。1916年、対立が深まり内戦が避けられなくなると、国王はドイツに艦隊、陸軍および経済的援助を要請したが、ドイツ参謀本部はこれを断った。

コンスタンディノス1世は1917年6月11日退位に同意し、ギリシャを離れた。王位は次男のアレクサンドロスが継承し、コンスタンディノスはスイスにおいて亡命生活を送った。第一次世界大戦が終結後、1920年10月25日にアレクサンドロスが死去すると、国民投票が行われ、コンスタンディノス1世の復位が決定した。彼はギリシャに戻って再び王位に就いたが、1919年から1922年まで戦われた希土戦争に敗れると、1922年9月27日に、軍隊のクーデターにより王位を追われ、長男のゲオルギオス2世が後を継いだ。

その後はイタリアで2度の亡命生活を送り、1923年シチリア島パレルモで死去した。

家族[編集]

1889年10月27日にアテネでドイツ皇帝フリードリヒ3世の娘ゾフィーと結婚した。夫妻は6人の子供をもうけた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 吉井道郎 『オリンピックの事典』 三省堂1984年6月30日、20-23頁。ISBN 4-385-15530-5

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

先代:
ゲオルギオス1世
ギリシャ国王
1913年 - 1917年
次代:
アレクサンドロス1世
先代:
アレクサンドロス1世
ギリシャ国王
復位:1920年 - 1922年
次代:
ゲオルギオス2世