フリードリヒ2世 (プロイセン王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フリードリヒ2世

フリードリヒ2世Friedrich II., 1712年1月24日 - 1786年8月17日)は、第3代プロイセン王(在位:1740年5月31日 - 1786年8月17日)。優れた軍事的才能と合理的な国家経営でプロイセンの強大化に努め、啓蒙専制君主の典型とされる。また、フルート演奏をはじめとする芸術的才能の持ち主でもあり、ロココ的な宮廷人らしい万能ぶりを発揮した。学問と芸術に明るく、哲学者のヴォルテールと親密に交際し、自ら書を著し哲人王とも呼ばれ、功績を称えてフリードリヒ大王Friedrich der Große)と尊称されている。ドイツジャガイモ栽培を広げたことでも知られる。

生涯[編集]

少年時代[編集]

フリードリヒ2世は1712年1月24日、フリードリヒ・ヴィルヘルム1世と王妃ゾフィー・ドロテーアの子として生まれた。父フリードリヒ・ヴィルヘルム1世は兵隊王とあだ名される無骨者で芸術を解さなかったが、母ゾフィー・ドロテーアは後のイギリス国王ハノーファー選帝侯ジョージ1世の娘で洗練された宮廷人だった。そのため教育方針も正反対の2人は対立し、それは王子フリードリヒにも大きな影響を与えた。父王はフリードリヒの教育係に「オペラや喜劇などのくだらぬ愉しみには絶対に近づかせぬこと」と言い渡し一切の芸術に親しむことを禁じた。

その軍人嗜好を表す逸話として、太鼓の逸話がある。太鼓で遊ぶフリードリヒの騒がしさに怒った姉ヴィルヘルミーネが「そんなうるさいものはやめて、お花で遊んだらどうなの」と言うとフリードリヒが「花なんかで遊ぶより、太鼓を習ったほうが役に立つもん」と言ったのを聞いた父王は、さっそく太鼓を持つ王子の肖像画を描かせたという。

しかし本来のフリードリヒは、むしろ母親似で生来芸術家気質であり、特に音楽を好み、クヴァンツにフルートの手ほどきを受けて習熟、演奏会を開くこともあった。父王はそのようなことを耳にすると怒り狂って、杖でフリードリヒを打ちすえたという。暴力、食事を与えない、蔵書を取り上げるなど、虐待に等しい境遇にフリードリヒはひたすら耐えて成長していったが、イギリス王女との縁談を機会に、ついに逃亡を図ることになる。近衛騎兵少尉ハンス・ヘルマン・フォン・カッテとカイトに手引きを頼み、1730年8月5日早朝、旅行先の宿舎を抜け出したが、計画はすでに漏れており、王太子フリードリヒはロッホ大佐によってその日のうちに連れ戻された。

この逃亡計画が父王に知られ、フリードリヒはキュストリン要塞に幽閉された。このころ父王は国際的陰謀の渦中にあり、暗殺の恐怖に苛まれていたため、この逃亡計画も自分を陥れる罠だと考えてフリードリヒを処刑しようとまでしたという。手引きをしたカイト少尉はイギリスに逃亡したが、カッテ少尉は捕らえられて、見せしめのためフリードリヒの目の前で処刑された。フリードリヒが「カッテ、私を許してくれ!」と窓から叫ぶとカッテは「私は殿下のために喜んで死にます」と従容として斬首の刑を受けたという。フリードリヒは窓からその光景を見るよう強制されたが、正視できぬまま失神した。カッテの遺書には「私は国王陛下をお怨み申し上げません。殿下は今までどおり父上と母上を敬い、一刻も早く和解なさいますように。」と書かれていた。

フリードリヒは数週間後、父王にむけて手紙を書き、恭順の意を表したため、フリードリヒ・ヴィルヘルム1世はフリードリヒを釈放して、近くの王領地の管理に当たらせることにした[1]1733年6月12日には父の命令に従って、オーストリアの元帥であったブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテル公フェルディナント・アルブレヒト2世の娘エリーザベト・クリスティーネと結婚する(ハプスブルク家マリア・テレジアとの婚約の検討もあったが、フリードリヒがカトリック改宗する見込みがないために、取り止めになった)。

当時17歳のエリーザベト・クリスティーネは容姿の美しい、また善良で信仰心の篤い少女であった。彼女は夫に好かれようとして、様々な教養を身につけるべく努力したが、フリードリヒの気を魅くことはなかった。夫婦としての生活もなく、後に七年戦争が終結した時、数年ぶりに会った彼女に対してフリードリヒが言ったのは「マダムは少しお太りになったようだ」の一言だけだったといわれる。そのため2人の間には子供がなく、フリードリヒ2世の後を継いだのは王弟アウグスト・ヴィルヘルムと妃の妹ルイーゼ・アマーリエの子、つまり王と王妃の双方にとって甥にあたるフリードリヒ・ヴィルヘルムだった。しかし、それでも彼女は夫を尊敬し続け、フリードリヒとの文通は続いていたという。

赴任先のルピーン近郊に造営したラインスベルク宮でフリードリヒは、気の進まない結婚の代償として得た自由を楽しんだ。父王の意に沿って軍務をこなすかたわら、趣味のあう友人たちを集めて余暇には優雅な時間を過ごし、また著作も試みている。多くの書簡集のほか、フリードリヒの最初の著書として『反マキャヴェリ論』が知られている。反マキャヴェリ論はマキャヴェッリの提示した権謀術数を肯定するルネサンス的な君主像に異を唱え、君主こそ道徳においても国民の模範たるべしと主張する啓蒙主義的な道徳主義の書であった。この本は後に、文通相手だったヴォルテールの手を経てオランダで匿名で出版され、数ヶ国語に翻訳されている。しかし、即位後フリードリヒ2世がオーストリア継承戦争で見せた野心は、この本の主旨と正反対のものであり、ヴォルテールにも非難されることになる。

即位後[編集]

フリードリヒ2世

1740年5月31日フリードリヒ・ヴィルヘルム1世は崩御し、フリードリヒはフリードリヒ2世として即位した。即位後ただちにフリードリヒ2世は啓蒙主義的な改革を活発に始め、拷問の廃止、貧民への種籾貸与、宗教寛容令、オペラ劇場の建設、検閲の廃止などが実行された。フランス語ドイツ語の2種類の新聞が発刊され、先王フリードリヒ・ヴィルヘルム1世のもとで廃止同然になっていたアカデミーも復興し、オイラーをはじめ著名な学者たちをベルリンに集めたため、ベルリンには自由な空気が満ち「北方のアテネ」と称されるようになった。

自由を実現する一方、フリードリヒ2世は父から受け継いだ8万の常備軍を、周囲の予想に反してさらに増員し(ただし、父の作った巨人連隊は廃止された)、戦争に備えていた。

1740年12月16日神聖ローマ皇帝カール6世の喪に乗じてハプスブルク家シュレージエンに侵攻し、オーストリア継承戦争の口火を切ることになった第一次シュレージエン戦争を開始した。先帝カール6世の遺した国事勅令を反故にしての進軍だった。これ以降、かつての婚約者候補だったハプスブルク家新当主マリア・テレジアとフリードリヒ2世は生涯の宿敵となった。

フリードリヒ2世率いるプロイセン軍は予測のつかない微妙な外交バランスの中を戦い抜き、1745年12月25日ドレスデンの和議で、マリア・テレジアがオーストリア大公位を始めとするハプスブルク家領と君主位を相続することを認めるのと引き換えに、シュレージエン領有権と100万ターラーの賠償金を得た。

戦後の日々、フリードリヒ2世はプロイセンの復興に全力を尽くした。細かい点まで自分で確かめなくては気の済まない王のチェックに官僚たちは恐々としたが、産業の振興、フランスからやって来たユグノーカルヴァン派)の移民などの受け入れなどによってプロイセンは再び力を付けていった。しかし、激務のためフリードリヒ2世の体は蝕まれ、リウマチ、歯、胃痛、痔、発熱、痛風などで絶えず痛みと戦わなければならなかった。そんな王の心を慰めたのが、1745年に完成したクノーベルス男爵の手になるサンスーシ宮殿だった。王自らも設計にたずさわったこの宮殿は、ロココの粋を尽くした瀟洒なものだったが、部屋数わずか10あまりの平屋建ての小さな建築である。ここで王は政務のかたわら、ヴォルテールなどごく少数の気が置けない友人たちと音楽や社交を楽しみ、くつろいだ時間を過ごした。

平和な日々は長くは続かず、1755年後半、オーストリアの「女帝」マリア・テレジアはロシア女帝エリザヴェータフランス王ルイ15世の愛妾ポンパドゥール夫人と組んでシュレージエンの奪回を企てていた。1756年1月16日、フリードリヒ2世は母方の伯父のイギリス王兼ハノーファー選帝侯ジョージ2世ウェストミンスター協約を締結したが、5月1日外交革命としてフランスとオーストリアがヴェルサイユ条約を締結、8月29日、フリードリヒ2世は先制防衛策をとることに決め、ザクセン選帝侯領に侵攻して七年戦争が始まる。

七年戦争[編集]

墺仏露の3国に加えてスウェーデン、ザクセンなどドイツ諸侯も加えると、敵国の人口は8,000万にもなり、人口400万のプロイセンにとって絶望的かと思われる戦いだった。フリードリヒ2世は、序盤のロスバッハロイテンにおいて、巧みな戦術で自軍より倍以上の敵軍を破ったものの、孤立同然のプロイセンの兵力は消耗し続けた。1757年6月18日コリンの戦いで大敗した後は守勢に転じ、1759年8月12日クーネルスドルフの戦いではフリードリヒ2世自ら敵弾にさらされて上着を打ち抜かれ、乗馬は2頭まで撃ち倒されて敗走している。この時の大臣宛の手紙には「これを書いている間にも味方はどんどん逃げている。私はもうプロイセン軍の主人ではない。全ては失われた。祖国の没落を見ずに私は死んでいくだろう。永久に。アデュー」と書かれている。フリードリヒ2世はその後、残存兵力をまとめてどうにか態勢を立て直すが、苦しい戦いは続き、1760年10月にはとうとうオーストリア軽騎兵がベルリンに迫っている。

イギリスの軍資金援助も打ち切られ、フリードリヒ2世は自殺を覚悟したが、1762年1月5日、ロシアのエリザヴェータ女帝が急死すると、甥で後継者のピョートル3世はフリードリヒ2世の崇拝者であったため、奇跡的にロシアとの講和が成立した。さらに西ポンメルンで苦戦を強いられていたスウェーデンも、フリードリヒ2世の妹であるスウェーデン王妃ロヴィーサ・ウルリカの仲裁により、同年5月に講和する。疲れ果てていた列強はこれを機に兵を収め、孤立したオーストリアに勝利を収めたフリードリヒ2世は1763年2月10日フベルトゥスブルクで和議を結び、プロイセンのシュレージエン領有は確定する。

フリードリヒ2世はこれ以降、大きな戦争を起こすことはなかったが、1772年の第1回ポーランド分割西プロイセンを獲得して領土をさらに広げ、1778年から1779年まで続いたバイエルン継承戦争ではオーストリアと再び交戦してその強大化を阻止した。また外交面では特にオーストリアの復興を強く警戒し、ザクセンやバイロイトなどと君侯同盟を結成して対抗した。さらに、フランスやロシアとの関係改善に努めて、再び七年戦争の孤立に陥らないよう細心の注意をもって臨んだ。

晩年[編集]

平和を手に入れた後のフリードリヒ2世は再びサンスーシに戻り、忙中に小閑を楽しむ穏やかな生活にかえった。王の余生は、忙しい政務の中で時間を作っては文通やフルート演奏・著述を楽しむ日々で、このころ『七年戦争史』(もとは『我が時代の歴史』とも)を著している。しかし、晩年のフリードリヒ2世は次第に孤独で人間嫌いになり、人を遠ざけるようになっていった。姉のヴィルヘルミーネ王女やダルジャンス侯爵など親しい人々は既に世を去り、愛犬のポツダム・グレイハウンドたちだけが心の慰めだった。もともと優れない健康もさらに悪化し、心臓の発作や水腫、呼吸困難に悩まされ、一日の大部分を肘掛け椅子で過ごした。「もう牧草地に放り出してもらうより他あるまい」と自嘲しつつ、最後の願いとして愛犬たちのそばに埋めてほしいと頼んだという。

フリードリヒ2世は1786年8月17日、サンスーシ宮殿で老衰により崩御した。遺体は遺言に相違して、ポツダム衛戌教会に葬られた。その後、第二次世界大戦中に遺体は各地を転々とさせられるなどの運命をたどったが、ドイツ再統一後の1991年、サンスーシ宮殿の庭先の芝生に墓が移され、現在は生前の希望通り犬たちと共に眠っている。

音楽のある宮廷[編集]

フリードリヒ大王騎馬像(ウンター・デン・リンデン

フリードリヒ2世の宮廷には当時の第一級の音楽家が集い、フルート奏者で作曲家のクヴァンツ1732年から大王に仕えたヴァイオリンの名手で作曲家グラウン、同じくヴァイオリンの名手で作曲家フランツ・ベンダらがいた。また、大バッハの次男C・P・E・バッハが1740年から1767年までチェンバロ奏者として仕え、父の大バッハをフリードリヒ2世に紹介している。

ドイツ・フルートと呼ばれる横型フルートは表現力に富むため、フリードリヒ2世が好んだという。また、フリードリヒ2世は作曲もよくし、その作品として『フルートのための通奏低音付きソナタ』『フルート協奏曲』などが伝わっている。フリードリヒ2世の作曲数は膨大で、フルート・ソナタだけをとっても実に121曲に及ぶ。比較的演奏機会のある曲に『フルート・ソナタ第111番ニ長調』がある。(ミカラ・ペトリによってリコーダー演奏によるCDフィリップスより発売されていた。

1735年(23歳)から1756年(44歳)にかけて、自分の楽しみのためのフルート曲を作曲している。

1747年(35歳)、62歳の大バッハがポツダムを訪問した際、フリードリヒ2世がバッハの即興演奏のために与えたといわれるテーマを基に、バッハの『音楽の捧げもの』が誕生したと伝えられる。

七年戦争中にプロイセン陸軍が行軍中や戦闘中に演奏していた『ホーエンフリートベルク行進曲』はフリードリヒが作曲したと言われているが、それに歌詞が付けられたのは後年のことである。

余話[編集]

サンスーシ宮殿のフリードリヒ2世の墓。ジャガイモがそなえられている。
  • フリードリヒは、寒冷でやせた土地でも生育するジャガイモの栽培を奨励し、それまで休耕地となっていた土地にジャガイモや飼料作物クローバーなど)の栽培を奨め、自ら普及のために領内を巡回してはキャンペーンを行った。ジャガイモをその外見から民衆が嫌っていることを知るや毎日ジャガイモを食べて率先模範を示し、民衆の興味を引き付けるためにジャガイモ畑をわざわざ軍隊に警備させたといった逸話が伝えられている。ジャガイモ栽培は食糧事情の改善に大きな役割を果たしたと言われ、ことドイツ料理によく使われる食材の一つにまでなった。
  • 粗食を旨とした父王と異なり、フリードリヒは美食を好んだ。昼食は八皿、うち四皿はフランス、二皿はイタリア、残りは王の好む、香辛料の利かせた、トウモロコシの粥とかベーコン料理であった。また、新鮮な果実も好んだ。夕食は来客のある以外は採らなかったが、その時は三十皿もあった。このような食事に金をかけたために宮廷の食事予算は、現在の貨幣価値で年間一億円を優に超えるほどであった。
  • 彼の治世下に於いて嗜好飲料としてコーヒーが広まり、それによってコーヒーの輸入による貿易赤字の増大や国内のビール産業への打撃を生んだことから、1777年にコーヒー・ビール条例を出してコーヒーに高率の関税を課した。これを切っ掛けとして、それまでコーヒーに親しんでいた庶民が代わりに代用コーヒーを飲用することになった。ビール産業の奨励を図った王は、朝はコーヒーで目覚めるより、ビールで目覚めるほうがよい、と発言している。
  • フリードリヒは、士官の膝枕で仮眠をとったり負傷した兵卒の傷の手当てに自らのハンカチを差し出すなど階級の上下を問わず将兵との交流を好み、絶大な人気を得ていた。その晩年には、ベルリン市民から親しみを込めて「老フリッツ」との愛称で呼ばれていた。しかしその一方で女性を蔑視する発言をたびたび公の場でしており、フランスのポンパドゥール夫人やロシアのエリザヴェータが七年戦争においてマリア・テレジアに味方したのは、彼女たちがフリードリヒを個人的に嫌っていたからだと言われている。
  • オーストリアの将軍プリンツ・オイゲンはマリア・テレジアの結婚相手にフリードリヒを推挙したことがあるが、実現しなかった。マリア・テレジアの長男である皇帝ヨーゼフ2世はフリードリヒ2世を崇拝しており、母后は大変このことを悲しんでいたとされる。しかし、ヨーゼフ2世はバイエルン継承戦争ではフリードリヒと敵対し、マリア・テレジアは息子とフリードリヒとの間で和議に苦心することになった。またロシア皇帝ピョートル3世からも尊敬され、人生最大の危機と言われる七年戦争でロシアと講和することに成功した。
  • コリンの戦いにおいて、劣勢の自軍を鼓舞するため、第3連隊の旗を手に「犬どもが、ずっと生きていたいのか? Hunde, wollt ihr ewig leben?」という言葉を放ったとされている。クーネルスドルフやトルガウの会戦でも同様の行動を取ったとされるが、そのたびに流弾で軽傷を負っている。

脚注[編集]

  1. ^ その一方、ハプスブルク家カール6世が調停に乗り出して、フリードリヒ・ヴィルヘルム1世父子の確執の修復をして、フリードリヒは廃嫡を免れた(菊池、p191-192)。

日本語訳された著書[編集]

  • 『我が時代の歴史』(国防研究会訳・石原莞爾監修、中央公論社、1942年)
    「戦争叢書」の一冊として刊行(『七年戦争史』も同じ)。
    『石原莞爾全集』第6巻として1976年復刊(出版元は石原莞爾全集刊行会)
  • 七年戦争史』(日満財政経済研究会訳・石原莞爾監修、中央公論社、不明)
    『石原莞爾全集』第5巻として1977年復刊(出版元は石原莞爾全集刊行会)
  • 『君主経国策批判』(長瀬鳳輔訳、興亡史論刊行会、1919年
    反マキャヴェリ論』の日本語訳。同訳がマキャヴェリの『君主論』と併録された平凡社版もある(1931年)。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

先代:
フリードリヒ・ヴィルヘルム1世
(兵隊王)
プロイセンの王
(1772年からプロイセン国王
ブランデンブルク選帝侯
1740年 - 1786年
次代:
フリードリヒ・ヴィルヘルム2世