ジギスムント・フォン・プロイセン (1864-1866)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジギスムント・フォン・プロイセン(Sigismund von Preußen, 1864年9月15日 - 1866年6月18日)は、プロイセン王国の王族。全名はフランツ・フリードリヒ・ジギスムントFranz Friedrich Sigismund)。フリードリヒ3世の三男。

ジギスムントは1864年9月15日、フリードリヒ3世(当時皇太子)とその妃であったイギリス女王ヴィクトリアの王女ヴィクトリアの間に第四子としてポツダム新宮殿で生まれた。母后ヴィクトリアはジギスムントは兄や姉よりも賢いと感じて将来を期待したが、1866年6月18日に生後21ヶ月にして髄膜炎により新宮殿で死去した。これには当時プロイセンが普墺戦争の最中で、ヴィルヘルム1世が医師をすべて召集していて満足な治療ができなかったこともあり、ヴィクトリアはひどく悲しんだという。

ジギスムントの墓所はポツダムの平和教会(Friedenskirche)にある。