ルイ・フェルディナント・フォン・プロイセン (1907-1994)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルイ・フェルディナント
Louis Ferdinand
ホーエンツォレルン家
Louis ferdinand c1930.jpg
ルイ・フェルディナント(1927年頃)
称号 プロイセン王子
全名
出生 1907年11月9日
ドイツの旗 ドイツ帝国
Flag of Prussia 1892-1918.svg プロイセン王国ポツダム、大理石宮殿
死去 1994年9月25日(満86歳没)
ドイツの旗 ドイツブレーメン州ブレーメン
埋葬 ドイツの旗 ドイツバーデン=ヴュルテンベルク州テュービンゲン行政管区ツォレルンアルプ郡、ホーエンツォレルン城
配偶者 キーラ
子女
父親 ヴィルヘルム
母親 ツェツィーリエ
宗教 キリスト教古プロイセン合同福音主義教会
テンプレートを表示

ルイ・フェルディナント・フォン・プロイセンドイツ語: Louis Ferdinand von Preußen, 1907年11月9日 - 1994年9月25日)は、プロイセン王国の王族。ヴィルヘルム2世の孫の一人。息子のルイ・フェルディナントと区別するため「大ルイ・フェルディナント」あるいは「ルイ・フェルディナント1世」とも呼ばれる。

生涯[編集]

1907年11月9日ドイツ皇太子ヴィルヘルムの次男としてポツダム大理石宮殿英語版で生まれる。母はメクレンブルク=シュヴェリーン大公女ツェツィーリエ。11歳の時の1918年第一次世界大戦敗戦により、ドイツ帝国は崩壊。その後成立したドイツ国大統領パウル・フォン・ヒンデンブルク1934年に死去した際の遺言により、帝政復古の際に擁立される可能性があったが、その遺言状はアドルフ・ヒトラーに握り潰されてしまったため帝位に就くことはできなかった。1951年の父ヴィルヘルム死去に際して、兄のヴィルヘルム貴賤結婚していた上に既に死去していたためにプロイセン王家の家長の座についた。1994年に死去したときは次男のルイ・フェルディナントが事故死していたため、孫のゲオルク・フリードリヒが継いだ。

子女[編集]

夫人のキーラロシア大公キリルの次女)の間に以下の子女たちを儲けた。

ルイ・フェルディナントとキーラ(1938年)
先代:
ヴィルヘルム
プロイセン王家家長
1951年 - 1994年
次代:
ゲオルク・フリードリヒ