ザクセン=マイニンゲン公国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ザクセン=マイニンゲン公国
Herzogtum Sachsen-Meiningen
ザクセン=マイニンゲン公国の国旗 ザクセン=マイニンゲン公国の紋章
国旗 (紋章)
国歌 : Vaterlandsgesang der Sachsen-Meininger
ドイツ帝国内でのザクセン=マイニンゲン公国の位置
首都 マイニンゲン
君主号 Herzog
君主家 ヴェッティン家エルンスト系
面積 2,468 km²
人口 269,000人 (1905年)
人口密度 109 人/km²
成立 ザクセン=ゴータ公領の分割によって成立(1675年)
消滅 ドイツ革命による君主制廃止(1918年)
連邦参議院での投票権数 1
ナンバープレート SM

ザクセン=マイニンゲン公国Herzogtum Sachsen-Meiningen)は、かつてドイツにあった公国。ヴェッティン家エルンスト系によって統治されたザクセン諸公国の一つである。1825年、ザクセン=ゴータ家からヒルトブルクハウゼンザールフェルトを獲得した。1918年に君主制が廃止され、1920年テューリンゲン州に併合された。首都はマイニンゲンで、夏の離宮はアルテンシュタインにあった。

現在のザクセン=マイニンゲン公家家長は、フリードリヒ・コンラート・フォン・ザクセン=マイニンゲン(1952年 - )である。

ザクセン=マイニンゲン公[編集]

ザクセン=マイニンゲン家家長[編集]

版図[編集]

ザクセン=マイニンゲン公国の版図

テューリンゲンの南部に、帯状に領土を広げていた。北部にもいくつかの飛び地を有していた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]