ザクセン王国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ザクセン王国
Königreich Sachsen
ザクセン王国の国旗 ザクセン王国の紋章
国旗 (紋章)
国歌 :
ドイツ帝国内でのザクセン王国の位置
首都 ドレスデン
君主号 König
君主家 ヴェッティン家アルブレヒト系
面積 14.993 km²
人口 4,806,661 人(1910年)
人口密度 320
成立 ザクセン選帝侯の王位獲得(1806年)
消滅 ドイツ革命による君主制廃止(1918年)
以後ザクセン州
連邦参議院での投票権数 4
ナンバープレート I, II, III, IV, V

ザクセン王国: Königreich Sachsen)は、1806年から1918年までドイツに存在した王国。前身はザクセン選帝侯領1918年ヴァイマル共和国の樹立によって消滅した。首都はドレスデンであった。最終的な領域は現在のザクセン州の領域とほぼ同じである。

歴史[編集]

アウステルリッツの戦いオーストリアが敗北したことで、神聖ローマ帝国1806年ナポレオン1世によって解体された。ザクセンも独立した王国とされ、時のザクセン選帝侯フリードリヒ・アウグスト3世はザクセン国王フリードリヒ・アウグスト1世となった。この時独立した王国群は、フランスとライン同盟を構成した。ライン同盟の寿命は短く、1813年にナポレオンがロシアで敗北すると解体した。またフリードリヒ・アウグストはワルシャワ公国の公も兼ねたが、この国家も同様に解体した。1815年ウィーン会議の結果、ザクセン王国はドイツ連邦に加入したが、北半分の領土をプロイセン王国に割譲させられることになった(割譲された領土はプロイセンのザクセン州となった)。現在のザクセン州はこの時に残った領土に相当する。

1848年革命の際には、ライプツィヒを中心として自由化運動が広まった。こうした中で成立したブラウン内閣は、言論・出版の自由を保障し、封建的諸特権の廃止を実現させた。また、ザクセン王国内における制限選挙を廃止、21歳以上の男性に普通選挙権を認めた。同年末の議会選挙ではスラヴ系少数民族であるソルブ人協会の代表も3人選出された。しかしこうした改革の潮流は、オーストリアやプロイセンでも反動化が進む中で鎮圧されていった。

1866年普墺戦争では中立をとろうとしたが、結局オーストリア側についた。そのため、プロイセン軍による占領を受けて降伏を余儀なくされた。ザクセン王国はハノーファー王国ヘッセン選帝侯国ナッサウ公国フランクフルト・アム・マインなどのようにプロイセンに併合されることはなかったが、形式上の自立のみを残してプロイセンに従属し、北ドイツ連邦に加入した。さらに1871年普仏戦争で北ドイツ連邦はドイツ帝国となり、ザクセン王ヨハンは、ドイツ皇帝ヴィルヘルム1世に忠誠を誓った。第一次世界大戦中の1918年11月3日キール軍港の反乱をきっかけにドイツ革命が勃発し、ドイツ皇帝ヴィルヘルム2世は退位を余儀なくされた。ドイツ帝国は崩壊してヴァイマル共和政が成立し、最後のザクセン王フリードリヒ・アウグスト3世もまた、1918年11月13日に退位に追い込まれた。

君主一覧[編集]

1900年のザクセン王国の版図

7代続いたが、父から息子への王位継承は2度だけであり、先王の弟あるいは弟の息子が王位を継いだケースの方が多かった。

関連項目[編集]

参考文献[編集]