国旗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

国旗(こっき)は、国家を象徴するのこと。学校、議会、裁判所や国際的な会議などの公的行事や公的機関で掲揚され、またその国の国民によっても掲揚される。また船舶や軍隊の所属を表すことにも使用される。国家的な弔意を示す場合にはこれを半旗弔旗にする。

世界地図上に国旗を表示した図。(領域は実効支配領域)

歴史[編集]

A flag flies from a flagpole against the sky. The flag is red, divided in four by a white cross, the vertical bar of which is shifted toward the flagpole.
デンマークの国旗は、現在使われているものとしては最古の国旗である。

歴史的には、戦場での所属を表すものとして使われた軍旗に起源を持つ。軍事的な意味から離れて所属する国家を表すために旗を掲揚する習慣は、船舶の所属を示すための商船旗として、17世紀初期に始まった。18世紀終わりごろから、各国のナショナリズム的意識の高まりによって、国民の間でも国旗を掲揚することが望まれるようになった[1]。特にアメリカ合衆国の国旗は1777年に軍艦旗から採用されたものであるが、イギリスからの独立後、独立当時の州の数である13個の星をあしらった星条旗が、アメリカ合衆国の象徴として掲揚されるようになった。フランスのトリコロールは、1790年代にフランス第一共和政の象徴となった。イギリスのユニオンフラッグは、17世紀中に軍艦旗としてデザインされたものであるが、1908年より以前には、公的にはイギリスの国旗としては見なされていなかった[2]

多くのヨーロッパの国では、古い(中世の)軍旗を元にして、19世紀中頃から20世紀初頭までに国旗を制定した。例えば、デンマークの国旗は1854年に採用されたが、伝説では起源は12世紀にまで遡る[3]スイスの国旗は1889年に決定されたが、スイス国旗も中世の軍旗に起源を持つ。 ヨーロッパ外の国家も19世紀後半に国旗を定めた。例えば日本1870年(明治3年)制定の商船規則によって、清は1890年に国旗を規定している。また、19世紀中には、ほとんどの南アメリカの国家も国旗を決定している。(例えば、ペルーは1820年、ボリヴィアは1850年、コロンビア1860年、ブラジル1822年、など。)

陸上における旗[編集]

陸上において用いられる旗には、市民旗(FIAV記号FIAV 100000.svg)、政府旗 (FIAV 010000.svg)、軍用旗 (FIAV 001000.svg) の3つの区別がある。政府旗は政府機関によって公的機関にのみ掲げられる旗であり、市民旗は政府に関係のない一般の市民も使用できる旗である。軍用旗は陸軍空軍などの軍事機関によって使用される旗である。

実際には、多くの国(例えばアメリカ合衆国やイギリス)は、この3つを区別せず同じ意匠の旗を使用している。国旗(英語: national flag)はこの3つを区別せず呼ぶときに使われる (FIAV 111000.svg)。しかし、特にラテンアメリカ諸国などの多くの国では、市民旗と政府旗が厳密に分けられていることもある。多くの場合では、市民旗のデザインは、政府旗から紋章を取り除くなどして単純化したものである(ドイツベネズエラスペインなど)。たとえば、スペインの国旗において政府旗および軍用旗には、イベリア半島にかつて存在した王国の紋章が描かれている[4][5]

しかし、政府旗と軍旗を区別している国は少ない。中国台湾そして日本は、この数少ない例外である。北欧の国家においては、国旗の短辺に三角の切れ込みが入った旗(スワローテイルと呼ばれる)が、戦時の旗や海軍旗として使われている。

海上における旗[編集]

海上において、船籍を表すための旗は船旗、英語でensignと呼ばれる。陸上の国旗と同様に、船旗にも3種類の区別がある。

民間の商船によって掲げられる市民旗(商船旗civil ensignFIAV 000100.svg)、公的機関に所属する非武装の船舶用の政府旗(state ensignsまたはgovernment ensigns; FIAV 000010.svg)、そして軍艦によって掲げられる海軍旗軍艦旗war ensignsnaval ensignsとも。 FIAV 000001.svg)である。

罰則[編集]

国旗は、その国を象徴し尊厳を表すものとして大切に扱われることが多いが、一方では国家を侮辱する目的で国旗を踏みつける、焼くなどの行為に及ぶことがある。諸外国では現地法に基づき犯罪として扱う場合と扱わない場合に分かれる。ただし国章が描かれた国旗の場合は、その国旗は、その国の所有物と見做される場合があるので、日本の様な外国国章損壊罪が存在しなくても、国章付き国旗の所有者は、その侮辱された国として、罰則等が科せられる可能性はある。日本では日章旗については思想・良心表現の自由との兼ね合いで、自己所有のものである限り処罰されないが、外国旗に関しては外国国章損壊罪があり[6]、数少ないながら有罪とした判例も存在する(最高裁第三小法廷決定・昭和40年4月16日)。

国旗と同様の扱いを受けている旗[編集]

この項目では正式な国旗では無いが国旗とほぼ同様の旗を記す。

日本[編集]

  • 旭日旗(現在の自衛艦旗である十六条旭日旗)
    • 旭日旗には「勝利を祈願する」や「僥倖(思いがけない幸運 ・幸運を願い待つ)」・「天晴れ」の意味があり、他にも旭日の意匠は古来からハレの祝辞に使用されていた。この為、現在でもスポーツの試合や正月祝祭日などを祝う時などに使われている。かつては日章旗と共に掲げられる場合もあり、現在でも好んで日章旗と共に掲げている人もいる。(両方を掲げる場合は日章旗を上位 ・旭日旗は下位に掲げる)

ロシア[編集]

  • 勝利の旗
    • 第二次世界大戦の勝利を記念した旗で、ソ連崩壊から5年後の1996年にロシア大統領ボリス・エリツィンが国旗と同じ格を与える布告を出し、祝日にはロシア国旗と共に掲揚される様になっていた。またこの旗は、かつてのロシア陸軍の軍旗でもあった。2012年現在も国旗と同じ格として扱われているかは不明。

台湾(中華民国)[編集]

  • チャイニーズタイペイオリンピック委員会旗
    • チャイニーズタイペイ代表としてでは台湾(中華民国)の国旗である青天白日滿地紅旗の代わりに使用・掲揚されている[7]
  • 台湾旗
    • 台湾を「中華民国」ではなく「台湾」として独立させたい台湾独立派では青天白日滿地紅旗を国旗として認めない人が多く、世界台湾人大会で使用されている台湾旗が国旗の代わりに使用されている。(なお、この旗は日本の台湾支援者の間でも使用されている)

ベトナム[編集]

ミャンマー[編集]

  • ビルマ連邦時代の国旗
    • イギリスから独立した際に国旗と制定された旗。後に軍事政権により変更され、2010年に現在の国旗となった。現在はミャンマーの民主化及び現体制を批判する旗として使用され、ビルマ連邦国民連合政府(ビルマの亡命政府)などが使用している。

その他[編集]

分類[編集]

Flag types gallery.svg

デザイン[編集]

モチーフ[編集]

掲揚方法[編集]

明文化されているわけではないが、国旗を掲揚する際には、国際的なプロトコール(慣習)が成立している[9][10]

一般的な慣習[編集]

  • 国旗が掲揚されるときは、自国、他国の国旗に関わらず、国旗に対して敬意を表す。
    • 起立、脱帽し(帽子は胸に当ててもよい)、直立不動で国旗に注目することが基本である。
    • 日本では起立脱帽し姿勢を正しくして国旗に注目して敬意を示すのが一般的である。
    • 地域によっては、右掌を左胸(心臓の位置)に当てて敬意を表すなどの習慣もある。
  • 国旗の掲揚は日の出から日没までとされているが、会社や学校などでは一日の節目に掲揚・収納するのが一般的である。
  • 破れたり、汚れた国旗は使用してはならない。(古くなった国旗の処分は非公開の場で焼却するのが良いとされる)。
  • 国旗を2枚掲げる場合は建物の内側から見て右側を上位とする。
    • 日本では外国旗に敬意を示し、外国旗を上位に掲揚するのが一般的である。
    • 複数の国旗を掲揚する場合は内側から見て右側の国旗を最初に掲げて、収納する際は内側から見て右側の国旗は最後に収納する。
    • 自国旗優先主義を取り、自国旗を上位に掲揚する国もある。
  • 雨天の場合は屋外に掲揚してはならない。
  • 三脚などで掲げる際は、国旗を地面に触れさせてはならない。
  • 自国の国旗を掲げる事なく外国旗だけを掲げない。
  • 旗竿に掲げる場合は、旗竿の最上部に接して掲揚しなければならない。半旗は除く。

複数の国旗を掲げる際の慣習[編集]

  • 複数の国旗を掲げる際は国旗の大きさは同一にして掲げる。
    • 但し、縦横の比率が異なる等で大きさが合わないならば、縦の長さか面積を合わせる。
    • 旗竿の高さ(長さでは無い)は同一にする。
  • 1本の旗竿に複数の国旗を併掲する事は、下段に掲げられた国は上段の国の属国扱いとする意味を持つので、この掲揚方法は重大なマナー違反であり、タブーとされている。
  • 団体旗などと併掲する場合は団体旗より国旗の方が大きく、なおかつ高い位置に掲げなければならない。(国旗より高い位置に掲揚したり、大きいものであってはならない)
    • 国旗と団体旗の2枚での併掲の場合は国旗を上位とする。
  • 3国以上の国旗を掲げる場合、建物の内側から見て右側から、 国連方式表記のアルファベット順に配列する。
    • 国の数が奇数の時は、自国の国旗を中心にして 外国旗を国連方式表記のアルファベット順に左右交互に配列する方法もある。
    • 国際連合旗については、1947年10月に決定された国際連合旗規定により「他の旗と共に掲揚する場合、他のいかなる旗も国際連合の旗よりも高い位置に掲揚されてはならず。また、旗の大きさも国際連合の旗より大きいものであってはならない。」と定められている。

半旗[編集]

国家的な人物の死去などの際、弔意を表すために国旗を旗竿の最上位より下に掲げる掲揚方法を半旗と言う。半旗を掲げる場合は半旗だとはっきり判るように掲げなければならない。また、半旗を掲げる際は、一旦旗竿の最上部まで上げた後に半旗にする。

収納の際には、一旦最上部まで上げてから収納する。構造上の関係で半旗にできない場合は竿頭を黒布で覆うやり方で弔意を示す弔旗にする方法もある。日本では国旗球を黒布で覆い、日の丸の長辺と同じくらいの黒布を旗の上部に付けて掲げる。

ただし、サウジアラビアの国旗は半旗にすることが法律で禁じられている。

垂直掲揚[編集]

多くの国旗は、垂直に掲揚される場合は、単に旗竿を右へ90度回転させるのみで良い。しかし、いくつかの国では、国旗を垂直に掲揚する際の特別なデザインや手順を定めているものもある。例えば、国旗中の紋章を横に配置し、縦に掲揚された場合でも正しく見られるようにするなど。

ブラジルオランダパキスタンサウジアラビアにも垂直掲揚のための国旗があり、この4か国では通常の国旗での垂直掲揚を禁じている。

他には北朝鮮国旗にも垂直掲揚用の国旗がある。

また、アメリカ合衆国の国旗及びギリシアの国旗が垂直に掲揚される場合には、常にカントンが左上に来るように、右へ90度回転させた後に裏返しにするのが正しい手順である。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]