アンハルト公国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンハルト公国
Herzogtum Anhalt
アンハルト公国の国旗 アンハルト公国の紋章
国旗 (紋章)
国歌 : Anhalt-Lied
ドイツ帝国内でのアンハルト公国の位置
首都 デッサウ
君主号 Herzog
君主家 アスカーニエン家(デッサウ系)
面積 2299 km²
人口 351,045人 (1925年)
人口密度 153
成立 アンハルト=デッサウ公のアンハルト=ベルンブルクアンハルト=ケーテン継承(1863年)
消滅 ドイツ革命による君主制廃止(1918年、アンハルト州へ)
ザクセン県との合併(1945年、ザクセン県へ)
連邦参議院での投票権数 1
ナンバープレート A

アンハルト公国Herzogtum Anhalt)は、ドイツ中部にかつて存在した公国1863年に成立し、北ドイツ連邦への加盟(1866年)を経て1871年ドイツ帝国の構成国となり、1918年ドイツ革命まで存続した。首都はデッサウに置かれた。

君主一覧[編集]

版図[編集]

アンハルト公国の版図。東部は北東から西にかけてツェルブスト、デッサウ、ケーテン、ベルンブルクの4県に分かれていた

アンハルト公国の版図は、互いに隣接するツェルプスト、デッサウ、ケーテンベルンブルクの東部4州と、西部のバーレンシュタット州、そしていくつかの飛び地から成っていた。