ハインリヒ1世 (アンハルト伯)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コデックスマネッセ写本に記されたハインリヒ1世

ハインリヒ1世Heinrich I, 1170年頃 - 1252年)は、アンハルト伯(在位:1212年 - 1218年)、後にアンハルト侯(在位:1218年 - 1252年)。父はザクセン公ベルンハルト3世、母はデンマーク王クヌーズ3世の娘ブリジット。ザクセン公アルブレヒト1世の兄。

父が1212年に亡くなり、兄弟で領土を分割相続、アルブレヒト1世はザクセンを、ハインリヒ1世はアンハルトを相続した。1218年には侯爵に昇格した。

従者の1人にアイケ・フォン・レプゴーという人物がいたが、彼は後に慣習法を纏めてザクセンシュピーゲルという法書を書き著した。この法書は後に中世ドイツに法典と同様に扱われるようになる。また、ハインリヒ1世は詩人(ミンネゼンガー)であり、マネッセ写本では5つの歌が載せられている。但し、爵位は誤って公爵と記されている。

1252年に死去。遺領は3人の息子に分割され、ハインリヒ2世はアシャースレーベンを、ベルンハルト1世はベルンブルクを、ジークフリート1世はツェルプストをそれぞれ継承した。以後も所領の分割相続が続いたが、19世紀にジークフリート1世の子孫であるアンハルト=デッサウ公レオポルト4世がアンハルト所領を統一、アンハルト公国を創設した。

子女[編集]

1211年テューリンゲン方伯ヘルマン1世の娘イルムガルトと結婚、11人の子を儲けた。

  1. ハインリヒ2世(1215年 - 1266年) - アンハルト=アシャースレーベン侯
  2. ユッタ(? - 1277年) - メクレンブルク=ヴェーレ侯ニコラウス1世と結婚
  3. ゾフィー(? - 1272年) - メラーノ公兼ブルゴーニュ伯オットー1世と結婚
  4. ベルンハルト1世(1218年 - 1287年) - アンハルト=ベルンブルク侯
  5. アルブレヒト(? - 1245年) - フランシスコ会修道士
  6. ヘルマン(? - 1289年) - ハルバーシュタット律修司祭
  7. マグヌス(? - 1264年) - マクデブルク律修司祭
  8. オットー(? - 1246年) - マグデブルク律修司祭
  9. ジークフリート1世(1230年 - 1298年) - アンハルト=ツェルプスト侯
  10. ヘートヴィヒ(? - 1259年) - レグニツァ公ボレスワフ2世と結婚
  11. ゲルトルート(? - 1275年) - ゲルンローデ女子修道院長
先代:
ベルンハルト
アンハルト伯
1212年 - 1218年
次代:
侯爵に昇格
先代:
アンハルト伯から昇格
アンハルト侯
1218年 - 1252年
次代:
ハインリヒ2世
(アシャースレーベン)
ベルンハルト1世
(ベルンブルク)
ジークフリート1世(ツェルプスト)