フリードリヒ2世 (アンハルト公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンハルト公フリードリヒ2世

フリードリヒ2世Friedrich II., 1856年8月19日 - 1918年4月21日)は、アンハルト公国(在位:1904年 - 1918年)。全名はレオポルト・フリードリヒ・エドゥアルト・カール・アレクサンダーLeopold Friedrich Eduard Karl Alexander)。フリードリヒ1世の次男。

1856年8月19日、フリードリヒ1世とその妃であったザクセン=アルテンブルク公子エドゥアルトの娘アントイネッテ(1838年 - 1908年)の間に第二子としてデッサウで生まれ、兄のレオポルト1886年に歿したため世子となった。1889年7月2日カールスルーエバーデン大公子ヴィルヘルムの娘マリー(1865年 - 1939年)と結婚したが、二人の間に子供は生まれなかった。

フリードリヒ2世は1904年に父の死去を受けて公位に即いた。彼はザクセン=マイニンゲンゲオルク2世と同様に演劇オペラの後援者として知られ、デッサウは芸術の都として栄えた。

1918年4月21日にフリードリヒ2世は死去し、弟のエドゥアルトが公位を嗣いだが彼も同年9月13日に死去。エドゥアルトの次男ヨアヒム・エルンストが17歳で公位に即き、フリードリヒ2世とエドゥアルトの弟アリベルトが摂政となった。しかしその3ヵ月後にドイツ革命が発生し、13世紀から続いたアスカーニエン家によるアンハルトの統治は終止符を打たれた。

先代:
フリードリヒ1世
アンハルト公
1904 - 1918
次代:
エドゥアルト