アンハルト=ベルンブルク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンハルト=ベルンブルク侯爵家の紋章
アンハルト=ベルンブルク公爵領(緑色の部分)

アンハルト=ベルンブルク侯国Fürstentum Anhalt-Bernburg)は、神聖ローマ帝国ライン連邦およびドイツ連邦に属した諸侯領の1つ。1252年から1468年まで、また1603年から1863年まで存続した。1863年、統合されたアンハルト公国の一部に組み込まれた。アスカーニエン家の成員が代々の統治者であった。主都はベルンブルクに置かれていた。

アンハルト=ベルンブルク侯領は、1252年のアンハルト侯領の分割相続に際して創設されたが、1468年に侯爵家の男系が絶えると、その所領は本家筋にあたるアンハルト=ツェルプスト侯爵家に回収された。1603年、アンハルト侯家では再び大規模な分割相続が行われ、所領はアンハルト=デッサウ、アンハルト=ベルンブルク、アンハルト=プレッツカウ、アンハルト=ツェルプストに分裂した。

アンハルト=ベルンブルク侯領からは1635年、アンハルト=ハルツゲローデ侯領(Anhalt-Harzgerode)が分立したが、1709年には統合されている。1718年にはアンハルト=ベルンブルク=シャウムブルク=ホイム侯領が分かれたが、アンハルト=ベルンブルク侯爵家はホイム侯爵家に所領を分与したものの、宗主(Landeshoheit)としての地位を保った。ベルンブルク侯領は1806年にライン連邦に加盟し、1812年には公国(Herzogtum)に昇格した。1815年からはドイツ連邦の構成国に名を連ね、1847年には相続人の絶えたアンハルト=ケーテン公国(旧アンハルト=プレッツカウ侯領)の領土を併合した。

1863年にアンハルト=ベルンブルク公爵家が断絶すると、その所領は本家筋のアンハルト=デッサウ公爵家に相続され、同家はデッサウを首都とする統合されたアンハルト公国を創設した。