エドゥアルト (アンハルト公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エドゥアルトEduard, 1861年4月18日 - 1918年9月13日)は、アンハルト公国(在位:1918年)。全名はエドゥアルト・ゲオルク・ヴィルヘルム・マクシミリアンEduard Georg Wilhelm Maximilian)。フリードリヒ1世の三男で、フリードリヒ2世の弟。

1861年4月18日、フリードリヒ1世とその妃であったザクセン=アルテンブルク公子エドゥアルトの娘アントイネッテ(1838年 - 1908年)の間に第四子としてデッサウで生まれた。フリードリヒ2世には子供がいなかったため、1918年4月21日に兄の死去により公位に即いた。しかしエドゥアルトも同年9月13日ベルヒテスガーデンで死去。17歳の次男ヨアヒム・エルンストが公位を嗣ぎ、弟のアリベルト摂政となった。

子女[編集]

エドゥアルトは1895年2月6日アルテンブルクザクセン=アルテンブルク公子モーリッツの娘ルイーゼ(1873年 - 1953年)と結婚し、以下の四男二女をもうけた。しかし1918年に彼女とは離婚している。

先代:
フリードリヒ2世
アンハルト公
1918
次代:
ヨアヒム・エルンスト