ザクセン=コーブルク=ゴータ公国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ザクセン=コーブルクおよびゴータ公国
Herzogtum Sachsen-Coburg und Gotha
ザクセン=コーブルク=ゴータ公国の国旗 ザクセン=コーブルク=ゴータ公国の紋章
国旗 (紋章)
国歌 : 不明
ドイツ帝国内でのザクセン=コーブルク=ゴータ公国の位置
首都 コーブルク(ザクセン=コーブルク)
ゴータ(ザクセン=ゴータ)
君主号 Herzog
君主家 ヴェッティン家エルンスト系
ザクセン=コーブルク=ゴータ家
面積 562 km²(ザクセン=コーブルク)
1415 km²(ザクセン=ゴータ)
人口 74,818人(ザクセン=コーブルク)
182,359人(ザクセン=ゴータ)
人口密度 133 人/km² (ザクセン=コーブルク)
129人/km²(ザクセン=ゴータ)
成立 ザクセン=コーブルク=ザールフェルト公のザクセン=ゴータ継承(1826年)
消滅 ドイツ革命による君主制廃止(1918年)
1920年にザクセン=コーブルクはバイエルン州へ、ザクセン=ゴータはテューリンゲン州へ編入
連邦参議院での投票権数 1
ナンバープレート CG

ザクセン=コーブルクおよびゴータ公国Herzogtum Sachsen-Coburg und Gotha)は、1826年から1918年までドイツ中部に存在した公国ザクセン=コーブルク公国ザクセン=ゴータ公国同君連合であった。首都はそれぞれコーブルクゴータに置かれた。ベルギー初代国王レオポルド1世イギリス女王ヴィクトリア王配アルバートの出身国である。

歴史[編集]

1825年ザクセン=ゴータ=アルテンブルクフリードリヒ4世の死去によってザクセン=ゴータ=アルテンブルク公家が断絶すると、ヴェッティン家エルンスト系ザクセン諸公国の間で領土の再分配が行なわれた。ザクセン=コーブルク=ザールフェルトエルンスト1世ザールフェルトザクセン=マイニンゲン公国へ譲るかわりにゴータを継承し、これによってザクセン=コーブルク=ゴータ公国が成立した。エルンスト1世の治世にドイツ関税同盟北ドイツ連邦へ加盟し、次代のエルンスト2世のときドイツ帝国の構成国となった。

ザクセン=コーブルクとザクセン=ゴータは名目上は2つの公国であったが、連邦参議院で割り当てられた投票権は両公国合わせて1票であった。そのため正式に合併しようという提案が2度にわたってなされたが、結局これは実現しなかった。

エルンスト2世の時代に、公国は世界で唯一アメリカ連合国国家承認している。

1918年ドイツ革命が発生すると、カール・エドゥアルト公は退位宣言書に署名し、公国は消滅した。1919年に行なわれた住民投票の結果、翌1920年にザクセン=コーブルクはバイエルン州へ、ザクセン=ゴータはテューリンゲン州へそれぞれ編入された。

君主一覧[編集]

第3代と第4代のザクセン=コーブルク=ゴータ公はそれぞれイギリス女王ヴィクトリアと王配アルバートの子・孫にあたり、イギリス王族でもあった。

  1. エルンスト1世1826年 - 1844年
  2. エルンスト2世1844年 - 1893年
  3. アルフレート1893年 - 1900年
  4. カール・エドゥアルト1900年 - 1918年

関連項目[編集]