ザクセン=コーブルク=ゴータ家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ザクセン=コーブルク=ゴータ家は、ドイツヴェッティン家エルネスティン家)の分家で、ドイツ中部にあったザクセン=コーブルクおよびザクセン=ゴータの2つの領邦からなるザクセン=コーブルク=ゴータ公国の君主の家系である。一族からは現在のベルギーの王家、イギリスヴィクトリア女王の夫アルバート(サクス=コバーグ=ゴータ朝の起源)、ポルトガル女王マリア2世の夫フェルナンド2世、およびブルガリアの君主も出た。

Duchy of Saxe Coburg Gotha.png

家名を各国語で表記すると次の通りである。

  • ドイツ語:Sachsen-Coburg und Gotha
  • 英語:Saxe-Coburg and Gotha (Saxe-Coburg-Gotha)
  • フランス語:Saxe-Cobourg et Gotha
  • オランダ語:Saksen-Coburg en Gotha
  • ブルガリア語:Сакскобургготски
  • ポルトガル語:Saxe-Coburgo-Gotha

ザクセン=コーブルク=ゴータ公国[編集]

ザクセン=コーブルク、ザクセン=ゴータの両公国はともにドイツ連邦に加盟し、ヴェッティン家エルネスティン系が統治するザクセン諸公国の一つであった。最後のザクセン=ゴータ=アルテンブルク公フリードリヒ4世が1825年、男子の後継者なしに死去すると、ヴェッティン家の同族たちはその所領を分配した。ザクセン=コーブルク=ザールフェルト公エルンストはゴータを獲得し、称号をザクセン=コーブルク=ゴータ公と改めた。こうして1826年、ザクセン=コーブルク=ゴータ公国は他の領邦に隔てられた2つの公国の同君連合として始まった。

1867年、ドイツ連邦が解体して新たに成立した北ドイツ連邦にザクセン=コーブルク=ゴータ公国も加盟し、1871年にドイツ帝国が成立すると構成国の一つとなった。

1918年11月18日、ドイツ革命によって最後のザクセン=コーブルク=ゴータ公カール・エドゥアルトは追放され、2つの旧公国は別個の州となった。その後ヴァイマル共和政のもとで1920年、ザクセン=コーブルクはバイエルン州の一部になり、ザクセン=ゴータは他の小領邦とともに統合されてテューリンゲン州となり、ともに姿を消した。

ザクセン=コーブルク=ゴータ家[編集]

エルンスト1世には2人の息子がいた。1844年にエルンスト1世が死去すると、長男エルンスト2世が公位を継承した。次男アルベルト(アルバート)は1840年にイギリス女王ヴィクトリアと結婚していた(女王の母ヴィクトリアはエルンスト1世の妹であった)。エルンスト2世は1893年に子を得ずに死去したため、公位の継承権は弟アルバートの長男であるイギリス皇太子アルバート・エドワード(後のエドワード7世)に渡ったが、エドワードは弟(アルバートの次男)エディンバラ公アルフレッド(アルフレート)に公位を譲った。アルフレートは1900年に死去したが、唯一の男子ケント伯アルフレッドは前年に自殺していた。コノート公アーサー(アルバートの三男)とその息子が辞退したため、オールバニ公カール・エドゥアルト(アルバートの四男レオポルドの唯一の男子)が公位を継承した。カール・エドゥアルトは第一次大戦中にドイツ陸軍の将軍として任務に就いていたため、1919年にイギリス王族としての爵位と身分を剥奪された。一方、イギリス王家はエドワード7世の子孫によって現在まで続いている。

エルンスト1世にはまた、フェルディナント、レオポルトの2人の弟がいた。レオポルトは1831年に初代ベルギー国王に即位し(レオポルド1世)、現在のベルギー王家の祖となった。フェルディナントハンガリーの名門貴族(マグナート)コハーリ家出身のマリア・アントニアと結婚して同家の後継者となったが、その長男は1836年にポルトガル女王マリア2世と結婚し(フェルナンド2世)、1910年に革命で王制が廃止されるまで、2人の子孫がポルトガル王家として続いた。フェルディナントの次男アウグストの末息子は、1887年にバッテンベルク家アレクサンダルに代わってブルガリア公となり、1908年からはブルガリア国王ツァール)を称した(フェルディナンド1世)。ブルガリア王家はフェルディナンド1世の子と孫によって継承され、王制が廃止される1946年まで続いた。

エルンスト1世とその子孫の家系[編集]

ザクセン=コーブルク=ゴータ公[編集]

  1. エルンスト1世 1826年 - 1844年
  2. エルンスト2世 1844年 - 1893年
  3. アルフレート 1893年 - 1900年 (兼エディンバラ公
  4. カール・エドゥアルト 1900年 - 1918年 (兼オールバニ公
1918年以降のザクセン=コーブルク=ゴータ公家当主[編集]
  1. カール・エドゥアルト 1918年 - 1954年
  2. フリードリヒ・ヨシアス 1954年 - 1998年
  3. アンドレアス 1998年 -
スウェーデン王家とのつながり[編集]

元ザクセン=コーブルク=ゴータ公カール・エドゥアルトの長女ジビラは、1932年にスウェーデン国王グスタフ6世アドルフ(当時は王太子)とコノート公アーサーの長女マーガレット(カール・エドゥアルトの従姉に当たる)の長男であるグスタフ・アドルフと結婚した。2人の長男(末子)カール16世グスタフは1973年、祖父グスタフ6世アドルフの後を継いでスウェーデン国王に即位した。ザクセン=コーブルク=ゴータ公家からの血筋はこうしてベルナドッテ家にも受け継がれている。

イギリス王家(サクス=コバーグ=ゴータ家)[編集]

  1. アルバート (ヴィクトリア女王王配(プリンス・コンソート) 1840年 - 1861年
  2. エドワード7世 1901年 - 1910年
  3. ジョージ5世 1910年 - 1917年
ウィンザー家[編集]
  1. ジョージ5世 1917年 - 1936年
  2. エドワード8世 1936年
  3. ジョージ6世 1936年 - 1952年
  4. エリザベス2世 1952年 -

エルンスト1世の弟たちの家系[編集]

ベルギー王家[編集]

サクス=コブール=ゴータ家[編集]
  1. レオポルド1世 1831年 - 1865年
  2. レオポルド2世 1865年 - 1909年
  3. アルベール1世 1909年 - 1920年
ベルジック家、ベルヒエ家、ベルギエン家[編集]

ベルギー王家は第一次世界大戦後の1920年に、サクス=コブール=ゴータを家名として用いないことを決めた。新しい家名は、多言語国家であるベルギーの事情によってベルジック(フランス語)、ベルヒエ(オランダ語)、ベルギエン(ドイツ語)と3様に表記される。

  1. アルベール1世 1920年 - 1934年
  2. レオポルド3世 1934年 - 1951年
  3. ボードゥアン1世 1951年 - 1993年
  4. アルベール2世 1993年 -2013年
  5. フィリップ 2013年 -

ブルガリア王家(サクスコブルクゴツキ家)[編集]

  1. フェルディナンド1世 1887年 - 1908年(ブルガリア公)、1908年 - 1918年(ブルガリア王) 
  2. ボリス3世 1918年 - 1943年
  3. シメオン2世 1943年 - 1946年→同共和国首相(2001年 - 2005年シメオン・サクスコブルクゴツキ

ポルトガル王家(ブラガンサ=コブルゴ家[編集]

  1. フェルナンド2世 1836年 - 1885年 (マリア2世王配・共治国王、ペドロ5世摂政)
  2. ペドロ5世 1853年 - 1861年
  3. ルイス1世 1861年 - 1889年
  4. カルルシュ1世 1889年 - 1908年
  5. マヌエル2世 1908年 - 1910年

系図[編集]

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フランツ
ザクセン=コーブルク=ザールフェルト公
 
アウグスト
ザクセン=ゴータ=アルテンブルク公
 
フリードリヒ4世
ザクセン=ゴータ=アルテンブルク公
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アレクサンダー・フォン・ヴュルテンベルク
 
アントイネッテ
 
 
エルンスト1世
ザクセン=コーブルク=ゴータ公
 
ルイーゼ
 
エドワード
ケント公爵
 
ヴィクトリア
ケント公爵夫人
 
 
 
フェルディナント
 
 
 
 
 
レオポルド1世
ベルギー王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アントイネッテ
 
 
 
 
エルンスト2世
ザクセン=コーブルク=ゴータ公
 
 
 
アルバート
イギリス王配
 
ヴィクトリア
イギリス女王
 
マリア2世
ポルトガル女王
 
フェルナンド2世
ポルトガル王配
 
アウグスト
 
レオポルド2世
ベルギー王
 
フィリップ
フランドル伯爵
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エドワード7世
イギリス王
 
アルフレート
ザクセン=コーブルク=ゴータ公
 
アーサー
コノート公爵
 
レオポルド
オールバニ公爵
 
ペドロ5世
ポルトガル王
 
ルイス1世
ポルトガル王
 
フェルディナンド1世
ブルガリア王
 
 
 
 
 
アルベール1世
ベルギー王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アルバート・ヴィクター
クラレンス公
 
ジョージ5世
イギリス王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カール・エドゥアルト
ザクセン=コーブルク=ゴータ公
 
 
 
 
 
カルルシュ1世
ポルトガル王
 
ボリス3世
ブルガリア王
 
キリル
ブルガリア摂政
 
レオポルド3世
ベルギー王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エドワード8世
イギリス王
 
ジョージ6世
イギリス王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ルイス・フィリペ
ブラガンサ公爵
 
マヌエル2世
ポルトガル王
 
シメオン2世
ブルガリア王
 
 
 
 
 
ボードゥアン1世
ベルギー王
 
アルベール2世
ベルギー王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エリザベス2世
イギリス女王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フィリップ
ベルギー王

関連人物[編集]