フィリップ・ド・ベルジック (フランドル伯)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フィリップ・ド・ベルジック
Philippe de Belgique
サクス=コブール・エ・ゴータ家
De Graaf van Vlaanderen.jpg
フランドル伯フィリップ(リエヴァン・デヴィン画)
称号 フランドル伯
全名
出生 1837年3月24日
ベルギーの旗 ベルギーラーケン、ラーケン宮殿
死去 1905年11月17日(満68歳没)
ベルギーの旗 ベルギーラーケン、ラーケン宮殿
埋葬 ベルギーの旗 ベルギーラーケンノートルダム・ド・ラーケン教会
配偶者 マリー・ド・オーエンゾレン=シグマリンゲン
子女
父親 レオポルド1世
母親 ルイーズ=マリー・ドルレアン
テンプレートを表示

フィリップ・ド・ベルジックフランス語: Philippe de Belgique, 1837年3月24日 - 1905年11月17日)は、ベルギーの王子。フランドル伯

生涯[編集]

ベルギー国王レオポルド1世と、王妃ルイーズ=マリーの三男としてラーケン宮殿英語版で生まれた。1840年12月14日、父王よりフランドル伯とされた。

1867年、ホーエンツォレルン=ジクマリンゲン家出身のマリー・ルイーズと結婚。2男3女をもうけた。

兄王レオポルド2世が長男のブラバント公レオポルドを失うと、フィリップが代わって王位継承順位第一位の立場となった。以降も兄王に嫡出の男子は出来なかったため、王位継承順位第一位の地位を保持し続けたが、1905年に兄王に先だってラーケン薨去した。王位継承権第一位はフィリップの次男アルベールとなり(長男ボードゥアンはすでに薨去)、のちアルベール1世として即位した。