エルンスト1世 (ザクセン=コーブルク=ゴータ公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エルンスト1世

エルンスト1世Ernst I., 1784年1月2日 - 1844年1月29日)は、ザクセン=コーブルク=ザールフェルト公(在位:1806年1826年)、後に初代ザクセン=コーブルク=ゴータ公(在位:1826年1844年)。全名はエルンスト・アントン・カール・ルートヴィヒErnst Anton Karl Ludwig)。

エルンストはザクセン=コーブルク=ザールフェルト公フランツ・フリードリヒロイス・エーベルスドルフ伯ハインリヒ24世の娘アウグステの間に長男(第4子)として生まれた。弟に初代ベルギー国王レオポルド1世、妹にイギリス女王ヴィクトリアの母ヴィクトリアがいる。1806年、父の死去によりエルンストはザクセン=コーブルク=ザールフェルト公を継承した。

1817年ザクセン=ゴータ=アルテンブルク公アウグストの娘ルイーゼゴータで結婚した。ルイーゼとの間にはエルンスト2世、姪のヴィクトリア女王王配となるアルベルト(英語名アルバート)の2人の男子が生まれたが、エルンストの女好きが原因で夫婦仲は良くなかった。

ザクセン=ゴータ=アルテンブルク公アウグストには男子がなかったので、1822年にアウグストの弟フリードリヒ4世が公位を継承したが、フリードリヒにも子がなかった。1825年にフリードリヒ4世が死去し、ザクセン=ゴータ=アルテンブルク公家が断絶すると、同族であるヴェッティン家ザクセン諸侯が所領を分配することとなった。エルンストはゴータを獲得し、1826年に称号をザクセン=コーブルク=ゴータ公と改めた。こうして2つの公国の同君連合としてザクセン=コーブルク=ゴータ公国が成立した。なお、同年にエルンストはルイーゼと離婚している。

1832年、エルンストは姉アントイネッテとヴュルテンベルク公子アレクサンダーの娘で、自身の姪に当たるマリーコーブルクで結婚した。2人の間に子は生まれなかった。

関連項目[編集]

先代:
フランツ
ザクセン=コーブルク=ザールフェルト公
1806年 - 1826年
次代:
先代:
ザクセン=コーブルク=ゴータ公
1826年 - 1844年
次代:
エルンスト2世