レオポルド (オールバニ公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オールバニ公レオポルド

レオポルド・ジョージ・ダンカン・アルバートLeopold George Duncan Albert Wettin, 1853年4月7日 - 1884年3月28日)は、イギリス女王ヴィクトリアの四男。オールバニ公。彼女の子孫のうちで最初の血友病患者として知られており、また現在把握されている限りでは、血友病因子を持つヴィクトリア女王の男子孫のうち唯一子孫が存命している。

ヴァルデック=ピルモント侯女ヘレナと結婚し、2児をもうける。長女アリス・メアリー[1]は、レオポルドの甥ジョージ5世の義弟(メアリー王妃の弟)テック公アレグザンダー・ジョージと結婚した。1884年、レオポルドは静養先のカンヌで脳出血で倒れ急死した[2]

レオポルドの死後生まれた長男のオールバニ公カール・エドゥアルトは、レオポルドの兄アルフレッド(アルフレート)の跡を継ぎ、ザクセン=コーブルク=ゴータ公となった。カール・エドゥアルトの娘シビラは現スウェーデン国王カール16世グスタフの母后である。

長女アリスは血友病の遺伝形質ゆえに血友病保因者となり、彼女の息子に遺伝している。一方、男子の場合は父親の血友病X染色体を受け継がないため、長男カール・エドゥアルトとその子孫に血友病は引き継がれていない。

脚注[編集]

  1. ^ 「アリス」の名は『不思議の国のアリス』のモデルであるアリス・プレザンス・リデルにちなんで名付けられたもの。レオポルドはクライスト・チャーチ・カレッジに在学していた1872年-1876年の4年間、アリス・リデルと交際していた。交際終了後、それぞれ別の相手と結婚した後も2人の友情は続き、1883年1月、アリス・リデル(アリス・ハーグリーヴズ夫人)は次男に「レオポルド」と名付け、レオポルドも翌月に生まれた長女を「アリス」と命名している。(舟崎克彦・笠井勝子著『不思議の国の"アリス" ルイス・キャロルとふたりのアリス求龍堂 1991年、トマス・ハインド編 別宮貞徳・片柳佐智子訳『アリスへの不思議な手紙 ルイス・キャロル 珠玉のメルヘン東洋書林 2001年、参照)
  2. ^ 『不思議の国の"アリス" ルイス・キャロルとふたりのアリス』、参照。