ウィンザー城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウィンザー城
航空写真

ウィンザー城 (Windsor Castle) は、イングランドの都市ウィンザーにある城。ロンドンから日帰りで十分行ける距離(バッキンガム宮殿から車で1時間ほど)にあり、毎年多くの観光客が訪れている。イギリス王室の所有で、女王エリザベス2世が週末に過ごす場所でもある。およそ45,000平方メートルの床面積を持ち、現存する城で人が住むものとしては最大のものである。

ロイヤルアスコットレースミーティング開催時には、エリザベス女王自ら、ウィンザー城から馬車に乗って臨席し、レース表彰式では女王自ら優勝馬関係者に優勝トロフィーを贈呈する。

女王陛下が週末を過ごすためにここを訪れているときには王室旗が、平日などのいないときにはイギリス国旗がはためいている。

歴史[編集]

ウィンザー城はウィリアム1世によって建てられた。この城はモット・アンド・ベーリー形式の木造の城であり、現在のウィンザー城の中央部、円形の塔の部分に建てられたものであった。

当時の城の詳細はわかっていないが、本来は純粋に軍事的な用途の城であり、ロンドン防衛の一部を担っていた。

ヘンリー2世は木製の防壁を石造りにし、また初めて石造りのキープ(城の心臓部となる、中央の塔)を建設した。ヘンリー3世によって建設された西部の防壁はその一部が現在にも残っており、現存するこの城の最古のものである。

1350年より、城はエドワード3世によって一部を残して取り壊され、新しいものに再建された。またその後も建物が追加、改修されていった。

なおロイヤル・コレクションで、王室図書館にレオナルド・ダ・ヴィンチ手稿が蔵されている事でも著名である。

ガーターセレモニー[編集]

セント・ジョージ・チャペルに掲げられたガーター勲爵士バナー
ガーターセレモニーで徒歩行進するライフガーズ。

1948年以来、毎年6月には城内のセント・ジョージ・チャペルにおいてガーター勲章の叙任式「ガーターセレモニー(Garter Ceremony)」が行われ、ライフガードの行進など各種のイベントが開かれる。

交通[編集]

ウィンザー祝祭国際弦楽コンクール[編集]

ギャラリー[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯51度29分2秒 西経0度36分15.7秒