エンマ・フォン・ヴァルデック=ピルモント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エンマ・フォン・ヴァルデック=ピルモント (1890年)
王太后エンマと女王ウィルヘルミナ(1897年撮影)

エンマ・フォン・ヴァルデック=ピルモント(Emma von Waldeck-Pyrmont, 1858年8月2日 - 1934年3月20日)は、ヴァルデック侯国の侯家の成員。ヴァルデック侯ゲオルク・ヴィクトルの四女で、オランダ王兼ルクセンブルク大公ウィレム3世の王妃。夫の没後、王太后としてオランダの摂政(在位:1890年 - 1898年)となった。全名はアーデルハイト・エンマ・ヴィルヘルミーネ・テレーゼAdelheid Emma Wilhelmine Therese)。

1858年8月2日、ヴァルデック侯ゲオルク・ヴィクトルとその最初の妃であったナッサウヴィルヘルムの娘ヘレーネの間に第四子として、ヴァルデック侯国の首都であったアロルゼン(現ヘッセン州ヴァルデック=フランケンベルク郡バートアロルゼン)で生まれた。

エンマは2年前に最初の王妃ゾフィーに先立たれていたヴィレム3世に求婚され、1879年1月7日に結婚した。ヴィレム3世は数々の女性と不倫を繰り返して「ニューヨーク・タイムズ」紙に「この世代最大の放蕩者」("the greatest debauchee of the age")と評され、先だって再婚を申し込んだデンマーク王女テューラやエンマの姉であるヴァルデック侯女パウリーネには断られていた。しかし2人に41歳の年齢差があったこの結婚生活は幸せなもので、ヴィレム3世の浮気癖や気まぐれは再婚後には影を潜めた。

1884年にエンマの義理の息子であるオラニエ公アレクサンダーが病死して、王家にウィレム3世以外の男子がいなくなると、エンマの一人娘であるウィルヘルミナがオランダ王位の推定相続人となった。

ウィレム3世は1890年に没し、わずか10歳のウィルヘルミナが女王として即位した(ただしルクセンブルク大公位はナッサウ家の家法により、エンマにとって母方の伯父である元ナッサウ公のアドルフが嗣いだ)。王太后となったエンマはオランダ議会によって摂政に指名され、ウィルヘルミナが成人するまでの8年間に亘り政務を代行した。権威主義的な行動が見られたウィレム3世とは対照的に、エンマは立憲君主制の確立に務めた。

1934年3月20日、エンマは気管支炎のためハーグで死去した。遺体はデルフトに葬られている。

子女[編集]

夫であるウィレム3世との間には一女をもうけた。