ゲオルク5世 (ハノーファー王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハノーファー王ゲオルク5世

ゲオルク5世Georg V. ゲオルク・フリードリヒ・アレクサンダー・カール・エルンスト・アウグスト(Georg Friedrich Alexander Karl Ernst August),1819年3月27日 - 1878年6月12日)は、最後のハノーファー(在位:1851年 - 1866年)。イギリス王ジョージ3世(ハノーファー王ゲオルク3世)の孫であり、イギリス王族としてカンバーランド公の爵位も継承している。英語名はジョージGeorge)。ハノーファー王兼カンバーランド公エルンスト・アウグスト(アーネスト・オーガスタス)メクレンブルク=シュトレーリッツ大公女フリーデリケの長男である。幼少期に病気や事故が重なり、視力を失った。

1866年に起こった普墺戦争で、ハノーファー王国オーストリア側に就いた。ハノーファーはプロイセン軍に占領され、1866年6月29日にハノーファー軍は降伏した。王と家族はオーストリアへ逃れた。プロイセン政府は9月にハノーファーを正式に併合したが、ゲオルク5世は権利を放棄せず、併合も認めなかった。亡命地であるオーストリアのグムンデンからヨーロッパの列強にハノーファー問題への介入を要請したが叶わなかった。なお、1869年にドイツ=ハノーファー党 (Deutsch-Hannoversche Partei) が、この併合に対する抗議のため結成された。

ゲオルク5世は1878年に死去すると、ウィンザー城のチャペルに埋葬された。

ゲオルク5世は1843年に、ザクセン=アルテンブルク公ヨーゼフの長女マリーと結婚した。2人は王太子エルンスト・アウグストの他、2女をもうけた。

子女[編集]

先代:
エルンスト・アウグスト
ハノーファー国王
1851年 - 1866年
次代:
先代:
エルンスト・アウグスト
ハノーファー王家家長
カンバーランド公
1851年 - 1878年
次代:
エルンスト・アウグスト(2世)