レオポルド1世 (ベルギー王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レオポルド1世
Léopold Ier
ベルギー国王
LeopoldIBelgie.jpg
レオポルド1世
在位 1831年7月21日1865年12月10日
全名 Léopold Georges Christian Frederic
レオポルド・ジョルジュ・クリスチャン・フレデリック
Leopold Georg Christian Friedrich
レオポルト・ゲオルク・クリスティアン・フリードリヒ
出生 1790年12月16日
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
ザクセン=コーブルク=ザールフェルトコーブルクエーレンブルク城
死去 1865年12月10日(満74歳没)
ベルギーの旗 ベルギーブリュッセルラーケン
埋葬 ベルギーの旗 ベルギーブリュッセルラーケンノートルダム・ド・ラーケン教会
配偶者 シャルロッテ・アウグスタ・フォン・ヴァレス
  ルイーズ=マリー・ドルレアン
子女
王家 サクス=コブール・エ・ゴータ家
父親 フランツ・フォン・ザクセン=コーブルク=ザールフェルト
母親 アウグステ・ロイス・ツー・エーベルスドルフ
宗教 キリスト教ルーテル教会
テンプレートを表示

レオポルド1世フランス語: Léopold Ier1790年12月16日 - 1865年12月10日)は、初代ベルギー国王

生涯[編集]

1790年12月16日、コーブルクのエーレンブルク城でザクセン=コーブルク=ザールフェルト公フランツ・フリードリヒの三男として生まれた。母はアウグステ・ロイス・ツー・エーベルスドルフ

1795年、5歳の時にロシアの近衛軍イズマイロフスキー連隊の大佐となり、それから7年後には少将になった。この時、祖国ザクセン=コーブルク公国はフランス軍の占領下にあった。1806年パリへ行った。ナポレオン1世と会った時、自分の副官になるつもりはないかと持ちかけられたが、レオポルトはこの申し出を断った。その後、レオポルトは兄たちに続きナポレオン戦争に加わることになった。

1815年に陸軍元帥になった。この年ロシア皇帝アレクサンドル1世の親友として、皇帝と共にロンドンを訪れた。この時摂政王太子ジョージ(後のジョージ4世)の一人娘シャーロット王女に見初められ、5月2日に2人は結婚した。しかしシャーロットは1817年12月5日に息子を死産した後、間もなく死去してしまった。レオポルトはその後もイギリスに留まり、国から毎年5万ポンドの年金を給付されてしばらくは数々の趣味に没頭していた。

1830年にはオスマン帝国から独立したギリシャから国王就任要請の打診をされたが、これを断った。しかし1831年6月26日には、前年にオランダから独立したベルギーから再び国王就任要請があり、今度は承諾することにした。7月21日ブリュッセルの王宮で初代ベルギー国王に即位した。

1832年8月9日フランス国王ルイ=フィリップ1世の娘ルイーズ=マリーと結婚した。

1865年12月10日にブリュッセルで死去した。

人物[編集]

姪のイギリス王女ヴィクトリアと甥のアルブレヒト公子の良き相談相手であり、2人からとても信頼され、慕われていた叔父であった。レオポルド1世は、後にこの2人を結びつける役割を果たした。2人を結婚させようと考えたのは、国王になったとはいえベルギーはあまりにも小さく、他の国々へもさらなる勢力拡大を図るため、ザクセン=コーブルク=ゴータ家イギリス王室を結びつけようとしたためといわれている。

家族[編集]

即位前にシャルロッテ妃との間に1男を儲けたが死産し、シャルロッテ妃も間もなく死去した。

即位後にルイーズ=マリー王妃との間に以下の3男1女を儲けた。

この他に愛人アルカディー・クラレットとの間にも、ジョルジュ=フレデリック・フォン・エピングホーヴェン男爵とアルテュール・フォン・エピングホーヴェン男爵を儲けた。