ジェームズ・シンプソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
James Young Simpson
シンプソンの実験を描いた挿絵

ジェームズ・ヤング・シンプソン(Sir James Young Simpson、1811年6月7日 - 1870年5月6日)はスコットランドの産科医である。クロロホルムによる麻酔の医学への応用を初めて行った。

生涯[編集]

ウェストロシアンのバスゲートに生まれた。実家はパン屋であったが幼い頃から才能が認められて、14歳でエディンバラ大学に入学し、19歳で医師の資格を取り、1932年に大学を卒業した。エディンバラ大学の産科の教授に任じられ、ヴィクトリア女王の侍医に任じられた。エディンバラ大学の医科、産科の教授として産科鉗子の改善や敗血症の防止に貢献したが、最も有名業績はクロロホルムを用いた麻酔を医学に応用したことである。

外科手術などへの全身麻酔技術としては、18世紀末にハンフリー・デービーが笑気ガス(亜酸化窒素)に麻酔作用のあることを示し、1804年に日本の華岡青洲チョウセンアサガオなどの生薬による麻酔を使った外科手術に成功している。アメリカ合衆国でクロウフォード・ロングウィリアム・T・G・モートンがエーテルによる麻酔法を開発し、1846年に公開実験に成功したが、エーテルは気管支をいためるなどの作用があり、シンプソンは別の麻酔薬を探索した。1847年にシンプソンと2人の協力者はクロロホルム麻酔作用について自ら実験を行い確認し、さらにシンプソンの姪を使って効果を確認した[1] 。患者の苦痛を減らすために何件かの出産に麻酔を使ったが、出産時に麻酔を使用することは、多くの聖職者などから非難された。ジョン・スノーによってビクトリア女王が麻酔を使って出産したことにより、こうした非難は解消された。ただしクロロホルムは毒性を有することなどにより現在は麻酔として使用されなくなっている。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ H. Laing Gordon, Sir James Young Simpson and Chloroform. http://www.gutenberg.org/ebooks/34128 http://books.google.com/books?id=pYer05UwKBYC