エドワード7世 (イギリス王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エドワード7世
Edward VII
イギリス国王インド皇帝
Eduard VII.jpg
エドワード7世(1902年)
在位 1901年1月22日 - 1910年5月6日
戴冠 1902年8月9日、於ウェストミンスター寺院
全名 Albert Edward
アルバート・エドワード
出生 1841年11月9日
イングランドの旗 イングランドロンドンバッキンガム宮殿
死去 1910年5月6日(満68歳没)
イングランドの旗 イングランドロンドンバッキンガム宮殿
埋葬 1910年5月20日
イングランドの旗 イングランドウィンザーウィンザー城セント・ジョージ礼拝堂
配偶者 アレクサンドラ・オブ・デンマーク
子女
王家 サクス=コバーグ・アンド・ゴータ家
王朝 サクス=コバーグ・アンド・ゴータ朝
父親 アルバート・オブ・サクス=コバーグ・アンド・ゴータ
母親 ヴィクトリア
宗教 キリスト教イングランド国教会
サイン EdwardVII Signature.svg
テンプレートを表示

エドワード7世英語: Edward VII、アルバート・エドワード、英語: Albert Edward1841年11月9日 - 1910年5月6日)は、グレートブリテン及びアイルランド連合王国イギリス)ならびに海外自治領(the British Dominions beyond the Sea)の国王インド皇帝(在位:1901年1月22日 - 1910年5月6日)。

チャールズ王太子に次いでイギリス王室で2番目に長く王太子の位置にあった。王妃はデンマーク国王クリスチャン9世の娘アレクサンドラ

生涯[編集]

王太子時代のアルバート・エドワード(1860年)

バッキンガム宮殿ヴィクトリア女王アルバート王配の長男(第2子)として生まれ、1842年1月25日にアルバート・エドワードとしてウィンザー城聖ジョージ礼拝堂で洗礼を受けた。彼は生涯、バーティーというあだ名で知られていた。

生まれながらの王太子であり、幼少時は虐待とも言えるほどに厳しいしつけをうけた。その反動からか、長じては母ヴィクトリアから「愚かな息子」と言われる程の問題児になる。このため、アルバート・エドワードは自分の子供達には自分が親にされたのと同じような厳しいしつけをしようとはしなかった。一方、世界各地を旅行して回り、大衆と接触して国民の間に大きな支持を得る。父アルバートの死後、母ヴィクトリアがひきこもりがちになると、代わりに公務をこなすようになった。

1901年、母の崩御を受けて60歳で即位。国王となっても世界各地を訪問し、優れた外交センスで英仏協商英露協商を成功させ「ピースメーカー」と謳われた。

1910年に崩御、68歳だった。

イギリスの歴史的時代区分では1901~10年のことを「エドワード朝時代」(Edwardian period/era)と呼ぶ。10年にも満たない短い「時代」だったが、イギリス人が「古き佳き時代」として憧憬するこの時代はどこまでも明るく陽気で、暗く堅苦しい雰囲気に包まれがちだった「ヴィクトリア朝時代」からの明確な脱却がさまざまな分野に見て取ることができる。イギリスではこの「エドワード朝時代」が国王の名を冠した最後の時代名称となった。

人物[編集]

人間関係[編集]

エドワード7世と王妃アレクサンドラ

派手好きで奔放な性格であり、女優のネリー・クリフデンやサラ・ベルナールなど、数多くの女性達と浮名を流した。特に長年の愛人にして最愛の女性であるアリス・ケッペルは、片時も側から離したがらないほど深く寵愛し、彼女の子供たちの何人かの実の父親はエドワードである可能性が濃厚であると言われている。

また、オーストリア=ハンガリー帝国エリーザベト皇后ルドルフ皇太子と親しかった。パウリーネ・フォン・メッテルニヒが出演したパリでの舞台にも観客として来たことがあった。1855年にパリ万博を両親と訪問した折にはフランスを大いに気に入り、フランス皇帝ナポレオン3世に向かって「フランスはすばらしい国ですね。いっそ私はあなたの子供になりたいです。」とまで述べた。事実彼は即位までを長くパリの娼館で過ごし、女好きだったナポレオン3世と同じように振る舞って、ヴィクトリア女王やアルバート公を大いに悩ませた。 一方、王妃アレクサンドラとの関係は、仲睦まじかった両親とは全く対照的に終始冷やかで険悪であり、かつ互いに好意も愛情も一切抱き合うことのない関係であった。

アレクサンドラに対する愛情が消えた一因として、性格や価値観の不一致と共に、彼女の瘰癧(るいれき。頸部リンパ節結核)手術による醜い首の傷跡を見たことが挙げられるといわれる。初夜に初めてアレクサンドラの首の手術跡を見たアルバート・エドワードは、その余りのおぞましさに悲鳴をあげ、以後彼は妃に対して愛情や好意を抱くことは全く無くなり、コンプレックスを更に深くしたアレクサンドラは、以前に増して首を隠すようになった。

また、寵姫アリス・ケッペルを自らの寝室に自由に出入りさせ、アレクサンドラの目前で愛情を交わし合うなどといった、アレクサンドラに対する陰険な嫌がらせや苛めもしばしば行った。

一方アレクサンドラも子供たちに「父親のようになってはいけません」と常に言い聞かせたり、夫の愛人たち一人一人に蔑称をつけて呼んだりした。エドワードがアリス・ケッペルと連れ立って宮殿の庭を散策しているのを目撃した際、夫とアリスが共に肥満体であったことから、2人を「豚のつがいが庭を散歩している」と皮肉り、エドワードの臨終の際、夫自身が最期を看取らせるために手元に呼び寄せていたアリスを夫の寝室から追い出し、その後も生涯を通して彼女を憎み続けた。

競馬[編集]

元来イギリス王室は競馬と深いかかわりを持っており、アルバート・エドワードも23歳のときにジョッキークラブに所属している。1863年にはサンドリンガムに別荘を購入し、牧場厩舎を整えた。平地競走初勝利は45歳と遅かったが、その後はエプソムダービーを3度も勝つなど競馬史に大きな足跡を残した。プリンスオブウェールズステークスG1)、キングエドワードVII世ステークス(G2)はエドワード7世を記念した競走である。

エプソムダービーロイヤルアスコット開催はほぼ毎年臨席し、結局体調を崩したため延期になったが戴冠式もダービーに合わせて執り行う予定だった。

主な所有馬は以下の通りである。

煙草[編集]

嫌煙家の母ヴィクトリア女王が崩御すると、即位時の晩餐会で「Gentlemen, you may smoke!」(諸君、吸おうではないか!)と宣言した。

子女[編集]

王太子時代のアルバート・エドワードと家族(1891年)

アレクサンドラ王妃との間に3男3女を儲けた。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

エドワード7世 (イギリス王)

1841年11月9日 - 1910年5月6日

爵位
先代:
ヴィクトリア
イギリスの旗 連合王国国王
第5代:1901年 - 1910年
次代:
ジョージ5世
先代:
ヴィクトリア
イギリス領インド帝国の旗 英領インド帝国皇帝
第2代:1901年 - 1910年
カナダの旗 カナダ国王
第2代:1901年 - 1910年
オーストラリアの旗 オーストラリア国王
第2代:1901年 - 1910年
(創設) ニュージーランドの旗 ニュージーランド国王
初代:1901年 - 1910年