カール・エドゥアルト (ザクセン=コーブルク=ゴータ公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
突撃隊制服姿のカール・エドゥアルト

カール・エドゥアルトCarl Eduard, 1884年7月19日 - 1954年3月6日)は第4代にして最後のザクセン=コーブルク=ゴータ公(在位:1900年 - 1918年)。全名は英語チャールズ・エドワード・ジョージ・アルバート・レオポルドCharles Edward George Albert Leopold)、ドイツ語カール・エドゥアルト・ゲオルク・アルベルト・レオポルトCarl Eduard Georg Albert Leopold)。第3代ザクセン=コーブルク=ゴータ公アルフレートの甥。イギリス女王ヴィクトリア王配アルバートの孫であり、イギリス王族としてオールバニ公の称号も継承していたが、後にそれらの身分と称号は剥奪された。

生涯[編集]

誕生から公位継承まで[編集]

チャールズ・エドワード(カール・エドゥアルト)は、イングランドサリークレアモント英語版で生まれた。父はヴィクトリア女王とアルバート公の四男オールバニレオポルド、母はヴァルデックゲオルク・ヴィクトルの娘ヘレーネである。前年の1883年に姉アリス・メアリーが生まれている。レオポルドは長男が生まれる前の1884年3月28日カンヌで急死しており、チャールズ・エドワードは誕生と同時にオールバニ公位を継承した。

16歳になって間もない1900年7月30日、伯父のザクセン=コーブルク=ゴータアルフレートエディンバラ公アルフレッド)が死去した。アルフレートの一人息子アルフレッドは前年に自殺しており、コノートアーサー(アルフレートの弟、レオポルドの兄)とその息子アーサー(チャールズの従兄で学友だった)が辞退したため、チャールズ・エドワードが祖母ヴィクトリア女王の命令で公位を継承した(実は、イートン校で先輩であったアーサーが、チャールズ・エドワードが公位を辞退すれば学校でいじめるぞと脅していたため、しぶしぶ継承した)。

即位後5年間、公国はアルフレートの娘婿であるホーエンローエ=ランゲンブルク侯世子エルンストの摂政のもとに治められた。

最後のザクセン=コーブルク=ゴータ公[編集]

ザクセン=コーブルク=ゴータ公カール・エドゥアルト

チャールズ・エドワードがザクセン=コーブルク=ゴータ公カール・エドゥアルトとして親政を開始したのは、21歳の誕生日を迎えた1905年7月19日からである。同年10月11日にはグリュックスブルク公フリードリヒ・フェルディナントデンマーククリスチャン9世の甥)の娘ヴィクトリア・アーデルハイト公女と結婚した。夫妻の間には5人の子供が生まれたが、長女シビラ1932年スウェーデン王家に嫁ぎ、現国王カール16世グスタフの母后となった。

第一次世界大戦中、ドイツ皇帝ヴィルヘルム2世の従弟でもあったカール・エドゥアルトはドイツ人としてドイツを支持し、ドイツ陸軍の将軍として任務に就いていた。大きな指揮権を持つことはなかったが、イギリス王族がイギリスに敵対する立場に立ったということは看過できないことであった。そのためもう一人の従兄であるイギリス王ジョージ5世は、1915年ガーター勲章を、1917年にオールバニ公の爵位を剥奪した。なお、1917年にはイギリス王家の家名もドイツ風のサクス=コバーグ=ゴータ(ザクセン=コーブルク=ゴータ)家からウィンザー家へと改めている。さらに終戦後の1919年にはカール・エドゥアルトとその子孫からイギリス王族としての身分(Prince of the United Kingdomの称号とHRHの敬称)も剥奪された。一方、ドイツ革命によって1918年11月18日にはザクセン=コーブルク=ゴータ公も廃位された。公国はヴァイマル共和政のもとでバイエルン州テューリンゲン州に編入されて消滅した。

廃位後[編集]

一般市民となって後のカール・エドゥアルトは、ドイツ革命によるドイツの君主制廃止、ロシア皇帝ニコライ2世と皇后アレクサンドラ(カール・エドゥアルトの従姉であった)夫妻一家がボリシェヴィキにより銃殺されたことなどが影響し、左翼やボリシェヴィキに恐怖と憎悪をいだき、さまざまな右翼系の武装組織や政治運動に関わった後、ナチ党に入党して突撃隊(SA)の一員となった。また、1933年から1945年までドイツ赤十字社総裁、1937年から1945年までは国会議員を務めている。

駐独イギリス大使と歓談するカール・エドゥアルト(左)

1936年、従兄ジョージ5世の葬儀に、カール・エドゥアルトはSAの制服で参列した。これは、イギリス王族としてイギリスの軍服を着用することが許されていなかったためでもある。この時、カール・エドゥアルトには新王エドワード8世と会談して独英関係の改善と条約締結の可能性を探る任務が与えられていたが、結局そうした会談は行なわれなかった。

1940年4月に皇紀二千六百年のドイツ側慶奉使節として来日している。当初は2月に訪日する予定であったが、対英米関係の悪化を恐れる時の米内内閣の要請により、訪日日程が遅れた経緯がある。

イギリスのチャンネル4が2007年12月6日に放送したテレビ番組“Hitler's Favourite Royal ”において、カール・エドゥアルトは実はドイツ赤十字社総裁として、ナチス政権が10万人におよぶ身体精神障害者、障害児を「恩寵の死」(Gnadentod)の名の下に殺害したことや、「水晶の夜」事件、またユダヤ人大虐殺、ユダヤ人問題の最終的解決などのことをすべて知っていたはずである、といった内容の報道がなされた。

第二次世界大戦終結後、アメリカ軍はカール・エドゥアルトをナチ党の同調者として逮捕した。関節リウマチに苦しむ弟カール・エドゥアルトの逮捕投獄を知り、姉アリスは夫アスローン伯と2人でドイツへ赴き、アメリカ軍に弟の釈放を懇願したが、認められなかった。1946年、カール・エドゥアルトは非ナチ化裁判で重い罰金刑を受けた。ザクセンやコーブルクに所有していた財産の多くはソ連軍に没収され、イギリス王族の一員としてイギリス国民に人気のあった姉アリスとは対照的に、晩年は貧窮の中で隠遁生活を送った。

子女[編集]

ちなみにカール・エドゥアルトの子孫は現在251番から312番目のイギリス王位継承権を有する。

関連項目[編集]

先代:
レオポルド
オールバニ公
1884年 - 1917年
次代:
(剥奪)
先代:
アルフレート
ザクセン=コーブルク=ゴータ公
1900年1918年
次代:
ドイツ革命により廃位)