アレクサンドラ・フョードロヴナ (ニコライ2世皇后)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アレクサンドラ・フョードロヴナ
Александра Фёдоровна
ヘッセン=ダルムシュタット家
Tsarina20alexandra20189912ld.jpg
アレクサンドラ・フョードロヴナ(1899年)
称号 ロシア皇后
フィンランド大公妃
全名 Victoria Alix Helena Louise Beatrice
ヴィクトリア・アリックス・ヘレナ・ルイーゼ・ベアトリーツェ
出生 1872年6月6日
ドイツの旗 ドイツ帝国
Flagge Großherzogtum Hessen ohne Wappen.svg ヘッセン大公国ダルムシュタット
死去 1918年7月17日(満46歳没)
Flag of Russian SFSR (1918-1937).svg ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国エカテリンブルクイパチェフ館
埋葬 1998年7月17日
ロシアの旗 ロシアサンクトペテルブルク首座使徒ペトル・パウェル大聖堂(ペトロパヴロフスキー大聖堂)
配偶者 ニコライ2世
子女
父親 ルートヴィヒ4世
母親 アリス
テンプレートを表示

アレクサンドラ・フョードロヴナロシア語: Александра Фёдоровна, ラテン文字転写: Alexandra Feodrovna, 1872年6月6日 - 1918年7月17日)は、ロシア皇帝ニコライ2世の皇后。 アレクセイ皇太子オリガ皇女タチアナ皇女マリア皇女アナスタシア皇女の母。ラスプーチンの熱心な信者でパトロンでもあった。1918年7月17日未明に監禁先のエカテリンブルクイパチェフ館において一家ともども殺された。

正教会で聖人(新致命者)。

生涯[編集]

1885年4月に姉のイレーネ(右)と

ヘッセン大公ルートヴィヒ4世とイギリスのヴィクトリア女王の次女アリスの間の四女ヴィクトリア・アリックスVictoria Alix)として生まれる。代父母はプリンス・オブ・ウェールズ(後のエドワード7世)夫妻、ロシア皇太子(後のアレクサンドル3世)夫妻であった。母が35歳で死去した後、6歳から12歳まで祖母ヴィクトリア女王に育てられたため、ドイツ人というより「イギリス人」であった。1884年サンクトペテルブルクで行われた姉エリーザベトとアレクサンドル3世の弟セルゲイ大公の結婚式で、皇太子だったニコライと出会い、付き合い、愛し合うようになった。しかし、二人の関係にロシア正教会が待ったをかけた。当時、皇后は正教徒に限定するという規定があった。アリックスは亡き母と同じくルーテル教会を信仰していた。悩むアリックスにヴィクトリア女王は「二人の結婚は英国王室、ロシア王室の双方の安全保障にもなる。正教とプロテスタントの教義の違いは、実際にはたいした問題ではない。何より二人は似合いのカップルなのだから」と諭し、結婚するよう勧めた。

1894年に結婚、同時に皇后となることから、あれだけ悩んでいた教派の違いも、立場が変わったことから改宗した。1901年までに皇女を4人生む。当時の王族にしては珍しく、自ら子ども達に母乳を与え世話もし、深い愛情を注いだ。

1904年、待望の皇太子アレクセイが生まれるが、血友病に冒され、その祈祷からグリゴリー・ラスプーチンを招いた。アレクセイの血友病は、ヴィクトリア女王の家系に保有されていた遺伝子であり、彼女がもたらしたものと言われる。このことからくる自責の念があったのか、皇位継承者であるにもかかわらず体の不自由な一人息子への不憫さからか、皇后はラスプーチンを神格化するようになったと言われ、一部ではラスプーチンと肉体関係・愛人関係にあったとも噂されるが、革命派のデマであるというのが有力である[要出典]。しかし、いずれにせよ皇后を通じて、ラスプーチンが帝政末期のロシア皇室に相当の影響を与えたことは事実である。

第一次世界大戦が勃発し、ラスプーチンの予言でニコライ2世が戦線に赴くと、彼女が内政を任されるが、何人もの大臣(主に反ラスプーチン派)の首を挿げ替え、混乱を招いた。1916年12月、ラスプーチンが皇族ドミトリー大公らに殺害され、それからわずか3ヵ月後(1917年3月)、ニコライ2世は退位。後にトボリスクに送られる。1918年7月18日未明、夫と子供と共にレーニンからロマノフ一族全員の殺害命令を受けた革命軍により銃殺された。遺体はソ連崩壊後に発掘され、DNA検査の結果、姉の孫エディンバラ公フィリップの提供したものと一致した。

その他[編集]

1908年6月。アレクサンドラ皇后とニコライ2世
1911年。一家の集合写真
後列右からアレクサンドラ皇后、マリア皇女。前列右からタチアナ皇女アレクセイ皇太子アナスタシア皇女ニコライ2世オリガ皇女
1913年。アレクサンドラ皇后とタチアナ皇女
1916年。従軍看護師を務めるアレクサンドラ皇后
1994年。複顔術によって生前の姿に顔面が再建された
  • ヴィクトリア女王はこの孫娘を大変可愛がり、王太子の長男で王位継承権第2位だったクラレンス公アルバート・ヴィクターに嫁がせようとした。王太子妃アレクサンドラはこの縁談を拒否し、1892年にアルバート・ヴィクターも28歳で死去したため2人の結婚は実現しなかった。
  • 慈善家の顔を持ち、皇后でありながら、看護師の資格を取得し第一次世界大戦では娘のオリガタチアナと共に従軍し、多くの負傷兵を手当てをした。
  • 家庭内では良妻賢母、子煩悩であり、脱出前日まで子供達の身を案じ、子供達の体温を日記に記していた。反面、迷信深く非社交的でヒステリックな性格であったため、当時のロシア国民の間の評判は良くなかった。無口で無表情な上に、極端に内気でいつも部屋に閉じこもり、必要最低限しか人前に現れず、他者と関わろうとしないアレクサンドラは、周囲には傲慢で冷酷かつ無関心に映った。また、姑のマリア・フョードロヴナ皇太后とも不仲であったと言われる。アレクサンドラは自分の殻に閉じこもり、皇室に馴染もうと努力した姑を決して見習おうとはしなかった。


登場作品[編集]

映画[編集]

先代:
マリア・フョードロヴナ
ロシア皇后
フィンランド大公妃
1894年 - 1917年
次代:
帝政廃止