ウィルヘルミナ (オランダ女王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウィルヘルミナ
Wilhelmina
オランダ女王
Queen Wilhelmina of the Netherlands.jpg
在位 1890年 - 1948年
出生 1880年8月31日
オランダの旗 オランダデン・ハーグ
死去 1962年11月28日(満82歳没)
オランダの旗 オランダ
配偶者 メクレンブルク公ハインリヒ
子女 ユリアナ
王家 オラニエ=ナッサウ家
父親 ウィレム3世
母親 エンマ
テンプレートを表示
少女時代のウィルヘルミナ女王

ウィルヘルミナWilhelmina, 全名:Wilhelmina Helena Pauline Maria van Oranje-Nassau, 1880年8月31日 - 1962年11月28日、在位:1890年 - 1948年)は、オランダ女王。オランダ国王ウィレム3世と後妻である王妃エンマの長女で、1948年に娘のユリアナに譲位するまで58年にわたり在位した。

生涯[編集]

1890年、父ウィレム3世が死去した。ウィレム3世には前妻の間に3人の王子がいたがいずれも早世しており、まだ10歳だったウィルヘルミナ王女に王位が継承され、女王として即位した。摂政は母エンマ王太后が務めた。1898年、女王の成人で王太后は摂政を退き、女王の親政が開始された。以後、2013年までオランダは女王の即位が続くことになる。1901年、女王ウィルヘルミナはメクレンブルク公ハインリヒと結婚した。1909年、女王唯一の子であるユリアナを出産した。死産と流産を繰り返したため、育ったのはユリアナ一人である。

20世紀初頭、国内では反革命党・自由党・社会党の対立があった。辛くも中立を守った第一次世界大戦後には、ナチ的な国民社会党と共産党・自由党の対立が激化した。

1940年ナチス・ドイツ軍がオランダを侵略し、女王はじめ王族や政府はイギリス亡命した。その地で亡命政府を樹立し、女王はラジオを通じて国民に語りかけた。1945年、ドイツは敗北し、女王一家は本国帰還を果たして、再び国を立て直した。

17世紀以来の植民地だったインドネシアが独立した1948年、戴冠50年を期してユリアナに王位を譲り、1962年にその生涯の幕を閉じた。

関連項目[編集]

先代:
ウィレム3世
オランダ女王
第4代:1890年 - 1948年
次代:
ユリアナ