連合王国貴族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

連合王国貴族 (-れんごうおうこくきぞく、Peerage of the United Kingdom)は、1801年に連合法によりグレートブリテン及びアイルランド連合王国が成立してから授爵された貴族の総称。新たな爵位はアイルランド貴族として創設され続けたが、1898年のカーゾン男爵の新設以後はいずれも創設されていない。

連合王国貴族は、公爵侯爵伯爵子爵男爵で構成される[1]

王族でない公爵創設は1900年が最後であり、侯爵の創設は1926年が最後であった。1964年にハロルド・ウィルソン労働党政権が成立後はほとんど授爵が絶えており、1984年にハロルド・マクミランがストックトン伯爵となってから創設がない。

1999年貴族院法が成立後、連合王国貴族の全員が貴族院での議席を失った。しかしこれ以後、世襲貴族が議席を失った代わりに、一代貴族のみが議席を保持している。初期に創設された全ての連合王国貴族、そして貴族院院内総務を務めたことのある連合王国貴族で現存する貴族たちが、その存命中に限り貴族院に議席を持てるよう選択できるよう求めている。

脚注[編集]

  1. ^ The Dukes of the Peerage of the United Kingdom (web)”. ukdukes.co.uk. 2008年5月11日閲覧。